柏餅と葉っぱの日持ち+保存方法!冷凍保存・冷蔵・常温の消費期限・賞味期限

Author

柏餅(かしわ餅)の消費期限と賞味期限切れ⇒常温・冷蔵庫、冷凍保存の目安を解説!

柏餅・柏の葉っぱの日持ち期間+保存方法!冷凍保存・冷蔵・常温で何日もつ?

  • 余った柏餅の長期保存は冷凍保存!

  • 柏餅の保存方法と日持ち期間を解説!

ゴールデンウィークの子供の日など、柏餅は昔から定番のおやつです。普段、柏餅はそんな買いませんし、大量購入して残ってしまった時に、柏餅はどのように保管したら良いのでしょうか。柏餅の保管、いつまで持つの?という悩みを解決!ここでは、柏餅の常温、冷蔵庫、冷凍保温について、しっかり説明しますね

買った柏餅の保管方法:常温・冷蔵庫保管、冷凍保存の日持ち期間

  • 柏餅の保存は、常温・冷凍の2種類!

購入した柏餅は、パック容器にはいっている事が多いです

柏の葉っぱに殺菌作用があるので、比較的、このままでも日持ちします。材料は「上新粉」と「白玉粉」を使っています。白玉粉とは、でんぷんが入っていないですが、上新粉は餅粉の1種。でんぷんを含む食べ物は、実は冷蔵庫の保管があまり得意ではありません

冷蔵庫の保管がダメではりませんが、基本的に柏餅は「すぐに食べる予定→常温」「長期保管→冷凍」のこの2つが適した保管方法です

  • お店の柏餅は賞味期限、消費期限を守る!

  • お店の手作り:当日中

  • 工場で作った柏餅:3日

賞味期限とは期限を過ぎても、食べられる可能性がある期間ですよね。しかし、5日以内に腐ってしまう可能性のある食品は基本的に『消費期限』が設定されていて、消費期限切れは食べることはNGです

柏餅は、お店の手作りのモノは「消費期限:当日中」、メーカーが工場で作った商品は「消費期限:3日以内」のモノが多く、作り方によって日持ち期間が変わってきます。ココはパッケージに記載がある消費期限を参考にしてくださいね

柏餅の常温保管:日持ちする賞味期限の目安は?常温の保管温度は?

  • 手作りの柏餅の常温保管の目安は?

手作りの柏餅:常温・冷蔵庫保管、冷凍保存の日持ち期間と保存方法は?

  • 10度~15度:1日程度(当日中)

  • 10度前後:2~3日

  • 推奨の保管温度

  • 4度以上、10度前後まで

  • 場所:高温多湿を避ける

  • 日のあたらない涼しい場所

柏餅を買うとパッケージに「高温多湿・直射日光を避ける」と「涼しい場所で保管」と書いてある事が多いと思います

商品の場合は、賞味期限の間は、常温で問題なし。手作りや和菓子屋さんのモノは「基本:当日中、条件によって2~3日が目安」です。10度~15度の保管場所の時は当日中、10度前後なら3日以内です

しかし、この条件って結局、どういう温度の場所なのか、いまいちハッキリしないですよね

常温という言葉自体、正確な定義がなく目安が分かりにくいかと思います

柏餅は餅粉の1種から出来ていますので、0~4度の温度は水分が抜けパサパサになる特徴があり、冷蔵庫の保管は実は適していません。

  • 常温の保管方法:ラップで乾燥防止!

食品用ラップ:常温保管の長持ちのコツ

柏餅で食通毒の原因になる菌は10度以下で繁殖を抑えられる事が多く、12度から繁殖する菌もいます。この考えからすると「常温でも10度以下」が望ましく「菌の付着をさけるために、ラップやパッケージのまま保管」するのがベストですね

1つの基準・目安として、常温なら『10度前後の直射日光があたらない場所で保管』と考えて良いと思います

柏餅を冷蔵庫に保管する場合:日持ちする賞味期限の目安は?

和菓子の冷蔵庫保管の注意点

  • 柏餅の冷蔵保管

  • 基本NG(3~5日以内)

  • お米餅が材料の柏餅は、固くなりやすい!

  • 夏など、常温が心配なときのみ

柏餅は、でんぷんを含む和菓子です。でんぷんは「0~4度の温度でパサパサ、カチカチ」になってしまいますから、冷蔵庫の保管は不向きです

上新粉と白玉粉(←でんぷんは取り除かれている)ものから作り、他の「もち米から作るお菓子」よりは、多少、冷蔵でも大丈夫ですが、3~5日程度。この期間なら、食べられるというだけで「食感」と「味の劣化」があるので、基本、おすすめはしません

しかし、夏の暑い日など25度以上の部屋の中は、菌の繁殖しやすい温度帯になりますから、常温保管が基本と言えども長く日持ちしません。夏は一時的に、その日のうちに食べるつもりで「一時的な冷蔵保管」ならOK、この方法も場合によって検討に入れてくださいね

柏餅を冷凍保管する場合:日持ちする賞味期限の目安は?解凍方法・温めなおしとは?

冷凍保存の方法 

  • 柏餅の冷凍保存

  • 2週間~1か月

  • 冷凍焼け対策なら、2週間以内が推奨!

柏餅は、すぐ食べる予定なら常温。暑い日なので心配なら、冷蔵庫(一時的に)。長期保存なら、冷凍保存です

ご飯やおこわを冷凍ストックが可能なのと同じ原理で、柏餅は冷凍保存できます。保存期間の目安は『1か月以内』ですが、冷凍焼けをして味・食感が急激に悪くなることがあるので「2週間以内」が、おすすめの冷凍期間です

  • 柏餅の葉っぱは冷凍できる?

柏餅の冷凍保存の方法:柏の葉は取り外す

柏餅を冷凍する時に、柏の葉っぱは取り外します。

売っている冷凍した柏餅は、葉っぱがついている状態のモノがあります。食べられない訳ではありませんが、解凍する時に「レンジを使う方」は、この葉っぱが邪魔になります。冷凍は中身のお餅だけにしてくと、解凍方法の幅が広がります

  • 柏の葉は食べられるの?

  • ⇒通常:食べない

柏の葉は食べられるのか

柏餅を巻いている「柏の葉っぱ」は塩漬けされていて、食べてしまう方いるのではないでしょうか

コレって食べられるの?という疑問ですが「一般的には、食べない」のが正しいとの事。理由は「特に食用としているわけではない」のが一番の理由で、香りづけ、殺菌効果で保存期間を延ばすといった「お皿+防腐効果」を目的として、巻かれているからです

ちなみに、この柏の葉(塩漬け)は「冷蔵・冷凍できますが、冷蔵1週間、冷凍1か月程度」と日持ちしますが、取っておいて来年使うほどの保管期間はありませんし、食べる必要もないです。余った柏餅を冷凍する時は、この葉っぱは捨てるのが良いです

ジップロック

  • 柏餅の冷凍保存の方法は?

  • →個別にラップする

  • →保存袋(ジップロック保管)

柏餅の冷凍保存は「①小分けしてラップをする」+「②保存袋に入れ冷凍する」のこの2つ。二重保存することで冷凍出来ます

和菓子は常温保管が基本とはいえ、日持ち期間が短いので、すぐに食べなのなら冷凍保存で長期保管するのが、おすすめです。冷凍することで「2週間~1か月」の時間がありますので、その間に食べればOK。腐ってしまう心配もなくなりますよね

  • 柏餅の解凍方法は?

  • 冷蔵庫へ保管場所の変更

  • 6時間程度で解凍

  • 常温2~3時間の自然解凍

  • 電子レンジ:600W2分

冷凍からの解凍方法は3つ。常温の自然解凍なら「2~3時間」、冷蔵庫の中で解凍するなら「6時間程度」、電子レンジで解凍が可です。

さて、柏餅の保存方法と日持ちの目安を紹介しました。保存期間は基本、パッケージに記載ある期日内が推奨ですが、手作りしたり記載のないお店の柏餅もありますから、参考にしてくださいね

スポンサーリンク