金目鯛・切り身の煮付けと下味冷凍!黄金比率の人気レシピ!冷凍保存の日持ち!

Author

金目鯛:人気の下味冷凍レシピ、煮つけの漬け込み時間

  • 金目鯛の煮付け、簡単の下味冷凍レシピ!

  • 煮付けを黄金比のタレで漬け込み冷凍する方法!

魚の切り身で煮つけを作る下味冷凍って便利ですよね。金目鯛は大きさがあるので大家族でもなければ、切り身を使うのが食べきれる量でいいかと思います

煮付けはタレを上手に合わせる事ができたら比較的、作るのは簡単。切り身なので味も均一になりやすいと、メリットも大きいです。今回は、失敗しない味の「黄金比のタレの金目鯛の煮付けレシピ」を、下味冷凍用に作成しましたので、冷凍して食べたい時に煮付けが出来るので、是非、試してみてくださいね

金目鯛の煮付けの黄金比のタレで漬け込む下味冷凍のレシピ!~作り置きは冷凍保存が、おすすめ!~

  • 金目鯛の煮付けの下味冷凍レシピ

  • 漬け込み時間:5分

金目鯛:人気の下味冷凍レシピ、煮つけの漬け込み時間

  • 材料:金目鯛:2~3切れ

  • 【黄金比率のタレ:レシピ】

  • 大さじ2:醤油、みりん

  • 大さじ1:酒、砂糖

  • その他:生姜10g、水100cc

金目鯛の煮付けの下味冷凍は漬け込み時間は、5分としていますが、タレと合わせたらそのまま冷凍してもOKです。

漬け込み時間が短いのでは?と思う方もいると思いますが、下味冷凍は冷蔵庫で自然解凍するのに、半日程度の時間がかかります。この時間にちょうどいいぐらいに、味が染み込みますので、この点の不安は心配しなくてOKです

食べる時の解凍方法は、冷蔵庫で自然解凍が推奨、作る時は「+水 150ml」を加え、フライパンに落と蓋をし10~15分間、煮たら完成です

煮付けの場合:砂糖大さじ1を加える

  • 金目鯛の煮付けに味が染み込ませる方法は?

  • ⇒ 砂糖を焼き時に加える

今回のタレのレシピは「砂糖:大さじ1」と、若干、少な目にしています

理由は下味冷凍の場合、合わせ調味料のタレに砂糖を多く入れてしまうと「解凍→調理」する時に焦げやすくなります。砂糖は焼き時、冷凍から解凍後に「+砂糖:大さじ1」を加えると、お好みに合う味になるかと思います

  • 金目鯛の臭みを取る方法は?

金目鯛の臭み取りは、購入後に鮮度を保ちながら冷凍+下処理の2つの方法をしましょう

1匹丸ごとの場合は、魚の臭みを抑えるには「鮮度が大事」、その次に「あら、エラ、内臓を取り除く」、3つ目に「ドリップをふき取る」のが基本的なやり方です。

切り身で購入した時は、「キッチンペーパーでドリップを取る」と、この作業をひと手間いれましょう。それだけでずいぶんと臭みが変わってきます

煮付けた魚の冷凍保存からの解凍方法:冷蔵庫

  • 金目鯛の煮付けの解凍方法①:冷蔵庫で自然解凍

  • 解凍時間:冷蔵庫で6~8時間

  • ⇒ キッチンペーパーで表面を軽くふきとる

金目鯛の煮付けを下味冷凍して解凍する方法です。

常温でも解凍も可。しかし、働く女子はいつも家にいるわけではありませんので、出勤前の朝、冷蔵庫に移すのがベストな方法です。冷蔵庫の温度は、おおよそ3~5度ですので「ゆっくり自然解凍」され、6~8時間程度で解凍が完了します

煮付けた魚の冷凍保存からの解凍方法:電子レンジ

  • 金目鯛の煮付けの解凍方法②:電子レンジの解凍モード

  • ⇒ ペーパータオルで表面を軽くふきとる

冷蔵庫で自然解凍しても、カチンコチンだったときは様子をみながら、電子レンジの解凍モードを活用します

電子レンジを使うとドリップが出やすいので、先に表面を軽くペーパータオルやキッチンペーパーでふき取っておくのも臭みを防止するポイントになります

金目鯛の煮付けの下味冷凍:冷凍保存の期間は?~賞味期限・消費期限、冷凍で日持ちする日数は?~

 煮付けた魚の冷凍保存からの解凍方法:冷凍庫

  • 金目鯛の煮付けの冷凍保存:2週間~1か月の日持ち

  • 保存方法:ジップロック(保存袋)

  • ポイント:空気をよく抜き、密封する

金目鯛の煮付けの下味冷凍の保存期間は「2週間~4週間」と1か月の日持ちです

冷凍庫で最大1か月保存できますので、それまでに食べきるように心がけましょう。保存袋は「よく空気を抜く」のがポイントで、空気が多くはいっていると霜や冷凍焼けの原因になてしまいます

さて、金目鯛の煮付けの黄金比率のタレのレシピを使った下味冷凍を紹介しました。煮つけが出来ると、料理上手!なんてよく言われますので、ぜひぜひ、作り置きの下味冷凍に挑戦してみてくださいね

スポンサーリンク