【マグロの角煮の日持ち/作り置きの冷蔵庫、冷凍の賞味期限の目安】常温保管の日持ちは?冷蔵庫、冷凍保存の日持ち・賞味期限「日持ちする冬と賞味期限の短い夏場、春&秋のマグロの角煮の日持ち日数」

Author

マグロの角煮の作り置き、日持ちは冷蔵庫、冷凍保存で何日持つの?刺身用のマグロで作った時は、常温保管の「マグロの角煮」の日持ち目安は半日程度が限界。冷蔵庫でマグロの角煮を保管する場合は、春:3~4日。夏場:3日。秋:3~4日。冬場で5日程度、冷凍保存で2週間程度の賞味期限です。マグロの角煮の賞味期限や腐ってるのか知りたい!作り置きしたマグロの角煮、余ってしまったマグロの角煮の冷蔵庫、冷凍期間を解説しています

マグロの角煮の常温&冷蔵庫の日持ち期間の目安を春夏秋冬の季節ごとに解説!!

マグロの角煮の常温&冷蔵庫の日持ち期間の目安

  • マグロの角煮を作り置きした時、余ってしまった時

  • マグロの角煮は冷蔵庫や冷凍で何日程度、大丈夫?

お刺身用やブロックのマグロで角煮を作ったとき、何日ぐらい日持ちするのでしょうか。生の刺身は足が速く、スーパーや魚屋さんで購入しても、保冷しながら帰宅しないと数時間でちょっと生臭くなることも。それぐらい生の場合は、保管に気を付けるものですが、角煮などの煮物の場合は、どうでしょうか。マグロの角煮の作り置きの日持ち期間を解説しています

冷蔵庫に保管、冷凍保存する場合の「マグロの角煮」~日持ちの目安は?~

  • 角煮の冷蔵庫保管「春:3~4日」

  • 角煮の冷蔵庫保管「夏:3日」

  • 角煮の冷蔵庫保管「秋:3~4日」

  • 角煮の冷蔵庫保管「冬:5日」

マグロの角煮の日持ち期間です。煮物といえども、常温での保管はNG、冷蔵庫の保管するのが正しいです。冷蔵庫保管の場合春なら3~4日。夏場で3日。秋は3~4日。冬場で5日程度の日持ちと賞味期限です。パックに入れて、冷蔵庫に保管する場合ですが、3~5日と覚えておきましょう。ただし、マグロの角煮はあまり長い期間がたつと、パサつきます。5日以内に食べるといっても、味は落ちますので、できれば3日以内に食べるようにしましょう

  • 角煮の冷蔵庫保存「2週間程度」

マグロの角煮は、お刺身のブロックが安く購入できたときに作り置きするものポイント。冷凍なら2週間程度、日持ちしますのでお得な時に、たくさん作るのもありです

  • 生のマグロを冷凍する場合「ブロック型のマグロは、3日程度」

お刺身用ブロック、マグロ

お刺身のブロックの注意点です。マグロの角煮を作らず、「とりあえず、ブロックのまま冷凍保管」する場合です。お刺身ブロックは、素人が冷凍する場合、あまりおすすめしません。専門的な冷凍機材が家にある訳もないので、推奨は3日程度。プロの方でも、お刺身ブロックは冷凍でも3日以内に使いますので、生の冷凍保管よりも、「マグロの角煮」を作ってからの冷凍保管の方が良いです

常温保管の「マグロの角煮」~放置してしまった時の日持ちの目安は?~

  • 常温保管「春:半日程度」

  • 常温保管「夏:3時間程度」

  • 常温保管「秋:半日程度」

  • 常温保管「冬:半日程度」

マグロの角煮は常温保管にむいていません。1人暮らしで作り置きしていた時など、食べた時に冷蔵庫にしまい忘れてしまっては大変。部屋の温度にもよりますが、常温で放置してしまったら半日程度でダメ。夏なら3時間ぐらいで食べないようにしましょう

スポンサーリンク


▼関連するライフハック