なす南蛮漬けの日持ち!作り置きの常温・冷蔵庫・冷凍の賞味期限

Author
  • なす南蛮の日持ちは、何日?

なすの南蛮漬けを作り置きした時、いつまでも日持ちする?人気の作り置きメニューですから、よく作りますよね。

ここでは、作った「なす南蛮」が常温、冷蔵庫、冷凍保存でいつまで食べれるのか困っている人向けに、手作りのナス南蛮の目安から日持ちする大量保管方法のコツまで!温度・湿度が違う「春・夏・秋・冬」の季節別の日持ちも徹底解説!常温で放置してしまった場合の「なす南蛮」の臭い・見た目・味から危険度と見分け方、よくある食中毒の事例までも紹介しています 

なすの南蛮漬けの日持ち&賞味期限~常温、冷蔵庫、冷凍期間の目安を徹底解説!~

  • ナスの日持ち:野菜室・冷暗所で、3~4日

なすの日持ち:野菜室、冷暗所

まずは、ナス南蛮のメイン具材の賞味期限から。ナスは「野菜室・冷暗所で、3~4日」ほど日持ちします。

ナスを保管するには、8~12度以内の温度が適温です。夏野菜は、寒さに弱いです。そのため、冷蔵庫でも温度が8度以下となると、低温障害を起こします、そうなると、種や中身が黒くなって食べられなくなってしまいます

保管コツとしては、ナスは「1個ごとに、ラップで包み」、野菜室で保管。その場合は1週間ほど日持ちします。ナスは、ラップに包まないと、水分が抜け「シワシワ」になってしますから、乾燥をさせない工夫が必要です

なすの南蛮漬けを常温保管する場合~放置してしまった時の日持ちの目安、作ってからの賞味期限は?~

 なす南蛮の日持ち:冷蔵庫・冷凍保管の賞味期限~

  • 常温保管:日持ち目安:当日中

  • 作ってから「3、4時間ぐらい」まで

ナス南蛮は、切ったナスをフライパンで焼いて。醤油、砂糖、調理酢で味付けするだけ、とっても簡単でデキますよね。作ってから常温で、そのまま放置はよくないですが、旦那・彼氏が帰宅するまでの時間の3、4時間ぐらい前であれば、作っても大丈夫。ちゃんとラップをした状態なら、コレぐらいの日持ちはします。目安は当日中ですが、ラップをして3、4時間ぐらいと考えましょう

  • 常温保管の長持ちのコツ:最低でも「ラップ」をする

食品用ラップ:常温保管の長持ちのコツ

常温保管の長持ちのコツは「ラップ」をすること。サランラップ等で空気に触れないようにしてあって、この日持ちです。

コツは「菌の繁殖を防ぐために、最低でも空気に触れさせないこと」ですが、常温であえて保管する人はいないかと。どちらかといえば、放置してしまって「コレ、食べて大丈夫か状態」に困惑しているかと思います。腐ってしまった場合や食べると危ないときの状態を最後に解説してますので、そちらを参考に(一番、下です※腐った写真は載せてません。ご安心を※)

なすの南蛮漬けを冷蔵庫に保管する場合~日持ちの目安、賞味期限は?~

<なす南蛮の日持ち>作り置きの常温・冷蔵庫・冷凍の賞味期限~日持ちする「なすの南蛮漬け」保管方法のコツ~

  • 冷蔵保管:日持ち目安:3~4日

なす南蛮を冷蔵庫で保管する場合です。目安は「3~4日」です。しかし、冷蔵庫の中とはいえ、あまり長く保管すると「せっかくのナスが、びたびた、しなしな」になってしまいます。推奨としては「2日」までが、作った時と差ほど変わらない味です

ナスの南蛮漬けは、味付けの「砂糖、醤油、調理酢」に浸っている事が多いと思います。腐ってしまった時、ナスから汁が出てくるのですが、ナスからでた水分なのか、見分けが難しいです。ですので、あまり長い時間の作り置きよりも、早めの消化が大切。特に夏は、2日以内に食べきることを目標にしましょう

  • 冷蔵保管「春:3~4日」

  • 冷蔵保管「夏:3日」

  • 冷蔵保管「秋:3~4日」

  • 冷蔵保管「冬:4日」

季節によって大きくは変化しませんが、家庭の冷蔵庫は業務用ほど性能はよくありません。冷蔵庫といえどもドアの開け閉めの頻度が高い方は、もう少し短めを目安に。家庭用の冷蔵庫はドアを開けっぱなしにしていたなど、一度、温度が上がると覚ますまでに時間もかかりますので、夏場は早めに食べる事を心がけましょう

  • 冷蔵保管の長持ちのコツ:タッパー、フリーザーバック

タッパー

ナス南蛮の冷蔵保管のコツはタッパーやフリーザーバックに「1食分ごとに保管すること」です。タッパーよりフリーザーバッグの方がより空気に触れないので、そちらの方が安心感は強いです

3~4日の日持ちですので、タッパーにいれたまま。食べるときには、タッパーからお皿に移しましょう。タッパーそのままを食卓に並べるなど、その方法を繰り返すと「空気」にもふれ、「冷蔵庫との温度差」も生まれますので、日持ちする期間が短くなってしまいます

なすの南蛮漬けを冷凍保管する場合~日持ちの目安、賞味期限は?~

  • 冷凍保存:2週間

なす南蛮を冷凍保管すると、2週間も日持ちします。3~4日以内に食べきる予定がなく、たくさん作ったときは冷凍の方がいいです。1カ月ほど大丈夫な事例もありますが、冷凍も2週間を過ぎると、解凍したときに「水分が多く出る」こともあるので、手作りの作り置きの場合は、2週間までが推奨です

※市販のお惣菜の場合は、防腐効果のある酢を使うなど若干長く日持ちするモノもあります

  • 冷凍保管の長持ちのコツ:フリーザーバックで1食ごとに

フリーザーバック

冷凍保存するときは「よく空気を抜いて、フリーザーバック」で!空気をちゃんと抜かずに冷凍すると、霜ができたりして解凍するときも大変です。自然解凍後は、どれぐらい大丈夫?と疑問があると思いますが、「常温で自然解凍は、氷が解けてからナス南蛮の常温保管の日持ち」とほぼ一緒。冷蔵庫の場合も冷蔵保管の日持ち期間を参考に

自然解凍の時間の目安は、食材によって溶ける速度がちょっとは違いますが。だいたい「20度の温度で、2時間半で解凍する」ので、夏場以外は3時間内に自然解凍されると思っていいです。それなので、冷凍庫から何時ごろ出したか、思い出して逆算して日持ちの安全性を確認しましょう

腐った「なす南蛮」の特徴と見分け方~味・臭い・見た目、よくある食中毒~

  • 腐った時の見分け方:水分が発生!しかし、気づきにくい

  • 腐った味・臭い・見た目:生ごみ、強い酢の臭い

  • よくある食中毒 :下痢、嘔吐、吐き気

腐ってしまった時の「なす南蛮」は、見た目で判断が難しいです。腐ったナスから水分がでても、ナス南蛮の汁と区別がつきにくいからです。口に入れちゃって「ナスから変な味がした」となる前に、臭いを、まず確認を!

この他にも、異臭(チーズや納豆っぽい臭い)を放つもの。見た感じ:白っぽいカビ(黒、茶色の場合も有)、表面にぬめりがある。変色した水分が垂れている、ネバネバした糸を引くなど、こういった症状が確認されたら、アウトですので、絶対に食べないように。

いかがでしたか。ナス南蛮は、夏の作り置きにぴったり。お弁当には使いにくいですが、夕食のちょっとした付け合わせになるし、忙しい働く女子も時短にも最適。料理も満足といいことばっかりなんですが、日持ち期間を守ることが大切ですよね。放置しちゃったときは、まず食べず、見た目や臭いから判断。ちょっとでも違和感を感じたら、ヤメるのが正解です

スポンサーリンク