<肉じゃが>作り置きの常温・冷蔵・冷凍の日持ち&賞味期限、何日持つの?

Author

5日持たない!肉じゃがの日持ち期間!手作り・作り置き「肉じゃが」の日持ちは常温、冷蔵庫、冷凍保存でいつまで?大量に肉じゃがを作り置きで冷蔵庫・冷凍に保管する方法まで?余った・残った「肉じゃが」の常温・冷蔵保管、冷凍保存を解説しています

「肉じゃが」の常温&冷蔵庫の日持ち目安と賞味期限を徹底解説!~鍋ごとNG!肉じゃがは、密封保管~

肉じゃが:作り置きの常温・冷蔵・冷凍の日持ち&賞味期限

  • 鍋ごと保管はNG!肉じゃがの日持ち

  • 肉じゃがは冷蔵庫や冷凍で何日程度、大丈夫?

和食の中では男性にも人気の「肉じゃが」、たくさん食べてほしいし作り置きもできたら嬉しいですよね。肉じゃがは「煮ものなので大丈夫!というのが間違い」です。肉じゃがは確かに、煮物のように作りますが、食材は腐りやすい「じゃがいも」とよく加熱しないとダメな「豚肉」がメインですよね。そういった事情からも、実は「肉じゃが」の日持ちには注意が必要なのです

ここでは、肉じゃがの賞味期限、日持ちを常温保管、冷蔵庫保管、冷凍保管と保管方法の違いによっての賞味期限と、季節別の『肉じゃがの日持ち目安』を徹底解説しています

「肉じゃが」を常温保管する場合~放置してしまった時の日持ちの目安、賞味期限は?~

  • 常温保管の日持ち「肉じゃがは、当日(暑い日は、半日もたない)」

肉じゃがの常温保管と日持ち「肉じゃがは、当日(暑い日は、半日もたない)」

肉じゃがの常温保管は、基本NGです。常温のままの「肉じゃが」は、当日まで。暑い日や夏は、半日も日持ちしません。煮物なのになぜ?と思いがちですが、腐りやすい食材の「じゃがいも」があります。カレーの冷凍保管でも、「じゃがいも」はしないように注意している方も多いはず。同じ理屈で、じゃがいもを使った料理は、あまり日持ちしません

肉じゃがの場合は、常温ではなく、冷蔵庫に冷蔵保管が一番あっています

「肉じゃが」を冷蔵庫に保管、冷凍保存する場合~日持ちの目安、賞味期限は?~

  • 冷蔵保管「春・秋:1~3日」

  • 冷蔵保管「夏:2日以内」

  • 冷蔵保管「冬:3日以内」

肉じゃがを冷蔵庫で保管する場合です。肉じゃがの目安は冷蔵庫でも「1~3日程度」です。冷蔵庫で保管する場合でも、春・秋なら、1~3日。夏場で2日以内。冬で、3日程度が目安です。

  • 鍋ごとNG!肉じゃが密封保管

肉じゃがの冷蔵保管と日持ち「1~3日。推奨:なるはや、翌日」

普通の季節なら、「3日内に食べればOK?」と思いがちですが、劣化も早いので「なるべく早く」冷蔵でも「翌日には食べきる」のが推奨です。また、肉じゃがは腐りやすいので、鍋ごと保管はNG(ついつい、やってしまいがちですが)。ちゃんと密封した容器で保管しましょう

容器にうつすときは、「熱いうちではなく、冷ましてから」がベストです。作り置きしたい方も多い「肉じゃが」ですが、この点はどうしても味の劣化や日持ちのポイントになりますので、作ってからすぐではなく、温度が冷めたのを確認してから保管しましょう

  • 肉じゃがの冷凍保存「14日、ただし、おいしく冷凍は難しい」

肉じゃがの冷凍保管と日持ち「14日、ただし、おいしく冷凍は難しい」

肉じゃがを作り置きしたい!その気持ちはわかりますが、冷凍の場合、「じゃがいも」がネックになります。じゃがいもの冷凍は、保管に不向きですので、肉じゃがを冷凍してもおいしくありません。冷凍なら14日、約2週間ほど「肉じゃが」を保管できるといっても、家庭で作った「肉じゃが」は、じゃがいもを取り除かなければならないなど、課題が多くあります

肉じゃがに、じゃがいもがなかったら、それはもはや肉jじゃがではないですしね。肉じゃがは常温と冷凍には向いていないです。冷蔵庫でできれば翌日までに食べることを心がけましょう。2日目、3日目も「肉じゃが」となると、飽きてしまいます。そういう時は、他のおかずや付け合わせにバリエーションがあると旦那や子供も、納得してくれると思います。こちらで、肉じゃがの献立や、肉じゃがに合う料理を紹介していますので、参考にしてもらえると嬉しいです

肉じゃがの付き合わせ、肉じゃがに合う料理

参考:肉じゃがの付け合わせ、おかず&献立

参考:肉じゃがの副菜・箸休めになる小鉢料理

スポンサーリンク


▼関連するライフハック