かぼちゃパウンドケーキの日持ち・賞味期限!常温・冷蔵庫、冷凍保存の方法

Author
  • 手作り「かぼちゃパウンドケーキ」の保存法とは?

  • パウンドケーキの常温・冷蔵庫、冷凍保存の日持ち目安を徹底解説!

かぼちゃを使ったパウンドケーキは、秋のプレゼントやハロウィンの日に人気ですよね

一般的なパウンドケーキと作り方は、同じのレシピが多いので日持ちを気になさらない人も多いですが、最近では「バターを使わないレシピ」や「生クリームを生地に使う」など。かぼちゃのパウンドケーキの作り方の事情が変わってきています

そうなると、手作りの賞味期限の話が、少し変わってきますので、かぼちゃを使ったパウンドケーキの基本的な保管法から日持ちする賞味期限を!パウンドケーキを作ってから「しっとりするまでの時間」からプレゼントで贈るまでの保管日数、保管場所、ラッピング包装の例までしっかり解説しますね

  • パウンドケーキの手作りは、常温・冷蔵・冷凍の3種類!

かぼちゃパウンドケーキの日持ち・賞味期限!常温・冷蔵庫、冷凍保存の方法

かぼちゃを使ったパウンドケーキの保存法は『常温』『冷蔵』『冷凍』の3種類、どの方法でも保管が出来ます。

パウンドケーキは作ってから、しばらく常温に置くと「しっとりして、美味しくなる特徴」がありますので、この辺りまで含めてレシピのポイントを説明します。

手作りの時は、作ってからプレゼントするまでの期間に注意して保管する必要がありますから。長持ちする秘訣、コツを軽く頭に入れて、渡すときに「いつまでに、食べてね」という感じで、日持ちと保管場所まで教えてあげるといいと思います

かぼちゃのパウンドケーキを常温保管:日持ちする賞味期限の目安は?常温の保管温度は?

  • かぼちゃのパウンドケーキの場合

かぼちゃのパウンドケーキの常温保管:日持ちする期間、製造からの賞味期限の日数

  • 常温保管:1週間日以内の日持ち

  • しっとりする時間:作ってから、3日目~

  • 推奨の保管温度:20度以下

パウンドケーキは、常温でも保存できるので「日持ちするお菓子」として、手作りには最適です

常温でパウンドケーキは「1週間の日持ち期間」があります。パウンドケーキは常温で、寝かせると美味しくなる!そういう特徴ありますよね

おおよそですが「手作りしてから、3日目から」が、しっとり食感になります。プレゼントするなら「3日前に作って、3~4日以内に食べてね」という感じです

  • 保存場所:高温多湿を避ける、日のあたらない涼しい場所

よくお店のパウンドケーキは「高温多湿を避け、直射日光を避けてください」「涼しい場所で保管してください」と書いてありますよね

この常温の保管場所って、何度なの?湿度は?と疑問に思うかもしれませんが、ここは明確に定義はされていないです。一般的に『高温多湿とは、温度28度以上、湿度60度以上の事』と考えられますので、パウンドケーキは『20度以下』なら日本の普通の気温なら、梅雨や雨の日以外は、湿度も60度を超える日は少ないですよね

1つの基準・目安として、常温なら『20度以下、直射日光があたらない場所で保管』と考えて良いと思います

  • 常温の保管方法:ジップロック、ラップで乾燥防止!

  • 保管のコツ:あら熱が冷めてから、保存袋へ

手作りしたては、温かいですよね。温かいまま、ラップやジップロックに入れると中で水分が蒸してしまい、腐りやすくなります。出来立ての『熱が冷めてから、保存袋』に入れ『乾燥を防止』するのが保管のポイントです

生クリームの日持ち:常温:NG、冷蔵:1~2日、冷凍:3ヵ月

  • 常温の注意点:生クリーム入りは?

  • 保管温度:15度以下

  • 常温:当日~翌日まで、冷蔵:3日以内の日持ち

かぼちゃを使ったパウンドケーキを手作りする時は、生クリームはあまりトッピングしませんよね

生の果物を使った時がパウンドケーキの保管の注意するべき事ですが、カボチャパウンドの場合は「ケーキ生地に、生クリームやチーズクリーム」を使った時です。これらの材料を生地に練り込んで作るレシピは「常温:当日から翌日まで、冷蔵3日以内」が推奨と、パウンドケーキが「しっとりする!常温の寝かし技もご法度」です

クリーム入りの「かぼちゃパウンド」は濃厚な味になって美味しいのですが、保管がちょっと心配とプレゼントや贈り物には、手作りの時はむいていない時あります。生クリーム入りは、出来るだけ早めに。その日のうちに食べる前提の「おやつ」として食べるのが、いいと思います

バターの常温放置、冷蔵庫保管、冷凍保存の日持ち・賞味期限

  • バター無しの場合は?

  • 常温:当日~翌日まで、冷蔵:3日以内の日持ち

パウンドケーキは、常温でも日持ちするお菓子と言われますよね。しかし、それは使っている材料に「バター」があり、バターは表面をコーディングするといった効果があります。そのため、バター無し、油脂がないレシピで作った時は、通常のパウンドケーキより手作りは日持ちしにくいです

できれば、このタイプも当日中に食べる予定!の時に作るのがあっていると思います

かぼちゃのパウンドケーキを冷蔵庫に保管する場合:日持ちする賞味期限の目安は?

冷蔵庫の保管方法

  • かぼちゃのパウンドケーキの冷蔵保管:3~5日の日持ち

  • 常温戻し:30分~1時間程度

  • 冷蔵保管の問題点:バターが固まる

かぼちゃのパウンドケーキを冷蔵庫で保管する目安は「冷蔵庫:3~5日」と、日持ちはするのですが「実は、冷蔵は不向き」です

材料に使うバターが固まり、パウンドケーキの食感が失われて『食べた時に、パサつく』ようになります。冷蔵よりも常温の方がむいている「珍しいタイプのケーキ」と、思っていいかと思います

  • パウンドケーキの冷蔵保管は、夏の期間!

  • 例外:バター無し、生クリーム入りは冷蔵保管

材料のバターの関係で、パウンドケーキは冷蔵すると「逆に食べられなくなる、味が美味しくなくなる」と、普通の保存法と真逆の事態が発生します。しかし、夏の期間は話は別。20度以下が常温で保存可能な温度ですから、夏はパウンドケーキは冷蔵庫で保管するしかありませんよね

かぼちゃパウンドケーキの冷蔵保管の例外ですが、生地に「生クリーム」を使う時やバター無しの場合は、冷蔵保管の方があっています。この場合は、季節に関係なく、冷蔵保管です

かぼちゃのパウンドケーキを冷凍保管する場合:日持ちする賞味期限の目安は?解凍方法・温めなおしとは?

冷凍保存の方法 

  • かぼちゃのパウンドケーキの冷凍保存:1か月

  • 冷凍焼け対策なら、2週間以内が推奨!

  • ハロウィン用なら10月20日前後に作るならOK

せっかく美味しく作るのなら、パウンドケーキの作り置きも!とストックを考えてしまいますよね

パウンドケーキも冷凍保存が出来ます。賞味期限の目安は『1か月』ですが、冷凍焼けをして味・食感が急激に悪くなることがあるので「2週間以内」が、おすすめの冷凍期間です。ハロウィンの日なら、10月31日がイベント日ですので「10月20日頃に、作り置きを冷凍」と、この方法もありですね

  • パウンドケーキの解凍方法は?

  • 常温戻し:5~6時間

  • 冷蔵庫へ保管場所の変更:12時間程度

冷凍からの解凍方法です。食べたい日の前日に、冷蔵庫に保管場所を変更します。

冷凍からいきなり常温で自然解凍より、ゆっくり解凍できる冷蔵庫が最初は、おすすめ。12時間ぐらいで、しっとり感も戻ってきます。この状態でも食べられます。常温で戻す場合は、大きさにもよりますが「5~6時間程度」で自然解凍できます

  • 冷凍パウンドケーキを、すぐに食べたい時は?

  • 電子レンジ、オーブン:霧吹きをしてから!

冷凍した時は、ゆっくり解凍するのが良い。ここは、理解した!けど、食べたい時に食べたいのがお菓子ですよね!

電子レンジ、オーブンを使うと水分が、一気に飛んでしまい。パサパサになってしまいますから、『温める前に、霧吹きで水分を』与えると、ふっくら感がします

加減が難しいので、何度かチャレンジしてみて、自分なりのコツを掴むしかありません。ここだけは、失敗を繰り返し経験をいかしまよう。

かぼちゃのパウンドケーキのラッピング方法、包装のコツ~日持ちするお手軽アイテムは、脱酸素剤(ウェルパック)~

  • ラッピング包装の例:個別包装!

ハロウィンお菓子とラッピング包装の例

このお菓子は、ハロウィンの日に作ると子供が喜びますよね。カボチャというだけでハロウィンなら、ぴったりですがラッピングの袋がハロウィン仕様なら、なおよしです!

パウンドケーキのラッピング方法です。まるごと1本!のようなプレゼントの仕方ではなく「カット後のパウンドケーキを個別ラッピング」が、ベスト。1個1個、ラッピングした方が「ハロウィンのように、お菓子を配るイベント」にあっていますよね

さて、常温・冷蔵庫、冷凍の保管方法から日持ちする賞味期限までを紹介しました。手作りだから、いつまでに食べてね!と言っても、男性はちゃんと保管しないかもしれないので心配になる!という方は、お菓子用の乾燥剤やウェルパックも、ちょっと検討してみてくださいね

  • パウンドケーキの使う脱酸素剤(ウェルパック)

  • カットしたパウンドケーキ1個なら?

  • 小さいサイズ1個、もしくは、2個

パウンドケーキに乾燥剤(アベニール)や脱酸素剤(ウェルパック)入れてラッピングする。この方法も手作りにありです

どちらも併用していいのですが、パウンドケーキは水分やバターの油が多いので、脱酸素剤(ウェルパック)の方が使いやすい印象があります。

お店や市販の商品なら、ラッピング包装の中に「お菓子用の乾燥剤、シリカゲル、鮮度保持剤」が入っているモノもあり、手作りより日持ちするようになっています。手作りだから、賞味期限が心配だという方は、乾燥剤も検討してみてくださいね

スポンサーリンク