ミニ・プチトマトのマリネの日持ち!冷蔵庫・冷凍保管の賞味期限切れは?

Author
  • 冷蔵庫でいつまで保管できる?

  • プチトマトのマリネの日持ち、簡単レシピ付き!

プチトマトやミニトマトを使ってマリネを作り置きすると、献立の副菜が助かりますよね

では、長く保管するには常温・冷蔵庫・冷凍保存でのどれが適しているのでしょうか。ここでは、はちみつ、オリーブ漬けで日持ちするトマトマリネ作り方と簡単レシピのコツ、放置・腐った「ミニ・プチトマト」の見分け方・味・ニオイ、食中毒事例を徹底解説しています

マリネの材料!野菜:プチトマト、ミニトマトの日持ち&賞味期限~野菜室、冷凍でどれぐらい?~

プチトマト、ミニトマトの日持ち&賞味期限

  • 常温:春・秋:3~4日(25度以下)

  • 常温:夏:1~2日、冬:7日

  • 冷蔵庫・野菜室:7~10日

まずは、マリネに使うミニ・プチトマトの日持ち・賞味期限から。

プチトマトは、25度以下の環境で「日陰、日のあたらない場所」「風通しが良い」、この条件が整えば、常温でも保管できます。しかし、暑い日は、プチトマトがしわしわになってダメになることも。夏は常温よりも「冷蔵」の方が良いので、基本的には冷蔵庫・野菜室で保管しましょう

冬なら常温でも7日と日持ちが長いですが、冷蔵なら7~10日ですので野菜室が一番、効率がいいです

プチトマトの長期保管:冷凍:1ヵ月

  • プチトマトの長期保管:冷凍:1ヵ月

  • (保管方法:タッパー、フリーザバック)

プチトマトは、1週間以内で食べる量を購入する。この方法が、賢いやりかたです。しかし、家庭菜園で沢山実った。買いすぎてあまってしまった時は、冷凍も有りです

プチトマトは、冷凍すると1か月保管できます。シャーベット状になってシャリシャリした感じに解凍されますが「トマトソース」や「煮込み料理」に向いています。プチトマトそのものを味わうというより、潰して煮込む料理の食材として冷凍保管するのが適してます

トマトマリネの簡単レシピ~作り置きの日持ちするコツは?~

ミニ・プチトマトの作り置きマリネ!冷蔵庫の日持ち、賞味期限

  • トマトマリネの簡単レシピ!

  •  合わせる調味料:酢:大さじ2、オリーブ油:大さじ2

  • (塩:小さじ1、はちみつ:大さじ1)

日持ちするトマトマリネの作り方レシピです。この方法で作り置きをしましょう!

ステップ1:プチトマトのヘタをとる、ヘタに切り込みを入れる(※)

ステップ2:お湯を沸騰、その後、耐熱容器にプチトマトを30秒入れる

ステップ3:プチトマトの皮をむく(※)

ステップ4:調味料と合わせて、冷蔵庫に保管する

作り方は、この4ステップです。作る時の一番のポイントは「ヘタを取った時に、切り込みを入れる」ことです。ヘタの部分に切り込みを入れてお行くと、お湯を使ってトマトの皮をはがすのが簡単になります

はちみつを入れるとまろやかに。日持ちもしやすくなりますね。作ってからは1番、寝かした方が味がしっかりして美味しくなりますよ

玉ねぎとプチトマトのマリネ

  • 玉ねぎを入れた場合:冷蔵4~5日

トマトマリネの日持ちの注意点です。トマトのみで作り置きする時よりも、玉ねぎを加えた場合の方が日持ちしません。玉ねぎは、冷蔵4~5日が推奨の野菜ですので、5日以内に食べきる必要があります

ここだけ、マリネを作り置き、保管する時に気を付けてくださいね

ミニ・プチトマトのマリネを常温保管~放置した時の日持ち、作ってからの賞味期限の目安は?~

  • 常温保管:日持ち目安:基本NG

  • 作ってから「3~4時間」まで!!

調理済みのトマトマリネは常温で放置はNGです。

作ってから、冷蔵庫に入れ忘れたけどどれぐらいなら、大丈夫?という話ですが、酢やオリーブオイルで表面がある程度、コーディングされているといっても3~4時間までですので、作ったら冷蔵庫で保管しましょう。丸ごとの場合なら多少の心配は薄れますが、ミニトマトの皮を取っている場合は常温保管はやめましょう

夏野菜で育つトマトは、日光に強いです。しかし「トマトはみずみずしさ」と「鮮度」が大事。食材そのものは多少常温でも日持ちしますが、美味しく食べるという点ではやはり、常温よりも冷蔵保管が推奨です

ミニ・プチトマトのマリネを冷蔵庫~日持ちの目安、賞味期限は?保管方法にコツはあるの?~

  • 冷蔵保管:日持ち目安:5~7日

  • 1週間に食べる量で、作り置きする!

プチトマトシンプルな具材で作ったトマトマリネは冷蔵庫で5~7日も日持ちします。日曜日の休日に作っても、翌週の平日中に食べればOK。玉ねぎが入っている場合は、5日以内です!ここだけ、使う食材の関係で注意が必要です

のちほど、説明しますがトマトのマリネは冷凍も可です。しかし、普通のトマトよりプチトマトの方が冷凍に向いていますが、シャーベット風になったりと、別の食べ物になってしまいます。味の好みが合わない人も多いので、プチトマトの長期保管を考えるなら、「マリネではなく、プチトマトそのものの冷凍」の方が良いかと思います

  • 冷蔵保管の長持ちのコツ:タッパー

タッパー

プチトマトのマリネは冷蔵保管でタッパーなら「1週間で食べる量」に保管することです。

フリーザーバックの保管も可能ですが、マリネなら使える献立の幅も広いので、タッパーに入れ、食べる時に小皿に盛り付けるのがベスト。タッパーのまま、食卓に並べるのはNG。何度も冷蔵したり、常温で空気に触れると賞味期限は短くなり、味の劣化もはやくなちゃいます

トマトマリネを冷凍保管~日持ちの目安、賞味期限は?冷凍保存のコツは?~

  • 冷凍保存:2週間(推奨1週間:冷凍より冷蔵庫)

プチトマトのマリネは、冷凍保存可能です。冷凍なら2週間の日持ち、推奨は1週間です。

冷凍すると日持ち期間が延びますが、自然解凍ですので「シャーベット」のようになってしまう事も。マリネとして保管するなら「冷凍より、冷蔵保管」です

冷凍保存できますが、長期保管の作り置きのためなら、普通のトマトより、ミニトマト(プチトマト)の「まるごと」タイプの方が、まだあっています。トマトはカットしない方が冷凍に向いてますので、切る必要のないミニトマトで。長期の冷凍で作り置きなら、ミニトマトで作る、もしくは、マリネ自体は、ぱぱっとデキますので、時短料理で作る方が良いです

  • 冷凍保管のコツ:ブリーザーバック、冷蔵庫で自然解凍

フリーザーバック

プチトマトのマリネを冷凍保管するときは、フリーザーバックで1食ずつ保管です。小分けしないと、残ってしまった時にまた冷凍することになってしまいます。何度も冷凍、解凍を繰り返すと「味の劣化」もはげしく、日持ちする期間も短くなってしまいます。

ですので、食べる量ごとに冷凍が正しい保管方法です

腐った「ミニ・プチトマトのマリネ」の特徴と見分け方~味・臭い・見た目、よくある食中毒~

  • 腐った時の見分け方:実がぶにょぶにょ、異臭と汁

  • 腐った味・臭い・見た目:強い酸味、苦み

  • よくある食中毒 :下痢、嘔吐

この他にも、異臭(チーズや納豆っぽい臭い)を放つ、生ごみの臭いがするもの。見た感じ:白っぽいカビ(黒、茶色の場合も有)、表面にぬめりがある。変色した水分が垂れている、ネバネバした糸を引くなど、こういった症状が確認されたら、アウトですので、絶対に食べないように。

具材のプチトマトとマリネの簡単レシピ、日持ちする賞味期限を解説しました。

トマトは常温で少しは日持ちするといっても、やはり調理してしまうと心配にはなるもの。腐った食品は「酸っぱいにおい」がする事が多いですが、トマトは酸味の塊です。大丈夫か、腐っているかの判断が難しいこともありますので、違和感(いつもより酸っぱい気がする、においが変だ等)を感じたら、食べないのが正解です

スポンサーリンク