顔が赤い猿は二ホンザルの特徴!お尻が赤色の理由は血管の色+発情期・繁殖期!

Author

顔が赤い猿は二ホンザルの特徴!お尻が赤色の理由は血管の色+発情期!

  • 猿の顔、お尻の色はヘモグロビンの色!

  • 真っ赤な血の色が顔とお尻が赤い理由!

猿の顔は、恋の季節=発情期になると赤くなるって話を聞いた事がありませんか?

実は猿の顔とお尻が赤くなるのは、日本猿(ニホンザル)の特徴で、他の猿たちは赤くないのもいます。ということは、どういうこと?猿の顔は赤いモノ!というのは、全部が全部、常識的なお話ではないです^^

今回は、子供と動物園。彼女とデートに言った時に話の小ネタになるような「猿の話」を紹介。なんで猿の顔とケツが赤いのか。説明できるように、猿のおもしろ情報を教えちゃいますね

  • 猿の顔が赤い理由は?

  • 猿の顔は皮膚が薄い→血管の色

では、まず、猿の顔とお尻がなぜ赤いのか。ココを説明しますね

サルの顔とお尻は「皮膚が薄く、血管の色=顔が赤く見える」という仕組みです。

血管は血が流れていますので、血の色が赤いのは「ヘモグロビン」、主に鉄分の成分である「ヘモ=赤色素」をもっているから赤いのです。子供には「猿の顔が赤いのは、血管、血の色だよ」と教えてあげたらOK。

大人向けに、正確に使えるなら「皮膚が薄く、ヘモグロビンの赤色」が顔を赤くしている理由だと思ってOKです

  • 顔が赤い猿が見たい時は?

  • 繁殖期はもっと赤くなる!

  • 猿の繁殖期:11月から3月

猿の顔とお尻の豆知識です。顔の赤い猿を見たければ「11月~3月の時期」に動物園に行くのが◎

猿の顔が特に赤くなるのは「繁殖期・発情期の11月~3月の時期」で、ボス猿以外のオス、メスの顔が真っ赤になります。恋の季節に顔を真っ赤にするというのは、本当の話だったんですね!

猿の子供の顔は赤くない!顔が赤い猿は大人の6歳以上

  • 顔とお尻が赤いのは大人の猿だけ!

  • =猿の子供の顔は赤くない!

  • 猿の寿命:20~25年

  • 顔が赤い猿:6歳以上

猿は顔が赤い生き物だ。ココのちょっと深い豆知識です

子供の猿の顔は、赤くありません。サルの寿命は20~25年と言われますが、子供の頃の猿の顔は「薄い桃色」であって赤じゃないです

サルは「子供期:4歳まで」と「若者期:オス5~9歳、メス5~6歳」と分類され、サルは大人になるにつれて「血管の数が増える、血管が太くなる」と顔が赤くなる条件は、成長とともに整ってきます

およそですが「顔の赤い猿=大人、繁殖できる6歳以上の猿」だけが、顔とお尻が赤いのです!

  • 番外編:マントヒヒの顔もお尻も赤い!

マントヒヒの顔が赤い理由

日本猿以外に、顔が赤い動物っていないの?子供が喜びそうな追加情報です

マントヒヒとは、腰まで伸びるタテガミをもつ!猿とよく似た、オナガザル科ヒヒ属の動物です。マントヒヒも日本猿と同じ理由で顔とお尻が赤いです!

子供に他にも赤い顔の動物いるよ!と教えるなら、マントヒヒがいいかと思います^^

スポンサーリンク