【卵丼/おかず、献立&副菜の付け合わせ】緑の野菜を使った定番・人気・簡単レシピ!卵丼に合う料理&おかず、おすすめの副菜「もう1品の夕飯&お昼ご飯」

Author

緑の野菜を付け合わせに!卵丼の人気おかずの献立、鶏肉なしの卵丼にもう一品!簡単・定番の副菜の付け合わせと夕飯&お昼飯の料理。卵丼に合う付け合わせ、おすすめ献立レシピです。みんなの意見・口コミ評判から男性(旦那や彼氏)、子供が好きな卵丼の喜ぶ献立は、具沢山の味噌汁と色味のある献立が人気!卵丼献立におすすめ!卵丼の他のおかず、付け合わせから献立を紹介しています

定番・人気・簡単!卵丼に合うおかず、献立&副菜の付け合わせ

緑の野菜を付け合わせに!卵丼の人気おかずの献立、鶏肉なしの卵丼にもう一品

  • 鶏肉なしの卵丼は、緑のある野菜を!

  • 卵丼にもう一品!色味を良くして豪華に見せる献立

親子丼なら、鶏肉があって少しは夕食らしいメニューですが、鶏肉の入っていない卵丼は、物寂しいですよね。でも、お肉が食べられない彼氏や旦那がいると、親子丼は卵丼になってしまいます。タマネギと卵では、夕飯としては量も見栄えも満足するする料理ではありませんよね。ここでは、質素な感じがする卵丼をカラフルな食材やおかずを使って、豪華にする!卵丼に合うおかず、付け合わせの献立を野菜をメインとした副菜、その他、付け合わせたいもう一品のおかずを紹介しています

卵丼に合うおかず~基本の献立&付け合わせ~

  • 「定番の具沢山の味噌汁」

ナスの味噌汁

卵丼が夕食の場合、汁物は必須。丼ものには、味噌汁があるのがベストです。しかし、卵丼は食材の品数も少なくなりがち、節約メニューや質素な献立には良いですが、卵丼だけだとお腹が減ってしまいます。後で、おなかすいた!とならないようにするには、味噌汁の具を多めに。具だくさんの味噌汁にすると良いです。腹持ちがよくなる野菜として、大根と人参をうまく取り入れるのが、おすすめ。夏場なら「ナス」、秋や冬なら「さといも」など食べ応えある野菜も取り入れましょう

  • お肉の味噌汁編「肉が食べたい方は、豚汁でカバーする」

豚汁

お肉が嫌いな彼氏や旦那、子供がいない場合は、ただ具沢山にするよりも豚汁のように、お肉がある方が喜ばれます。卵丼で鶏肉を入れ、親子丼にしたら?と思う方もいると思いますが、豚汁の場合、たくさん作ると翌日のお味噌汁にも活用できます。もしくは、前日の献立に豚汁として、残りを卵丼の日の汁物にすると、献立を考える時間も短縮、使い回しできる汁物としても大変活躍します

卵丼に合うおかず、副菜~栄養バランスの良い付け合わせの定番&人気の献立~

  • 卵丼献立のポイント「サラダなど。緑色の野菜を取り入れると、見栄えが良くなる」

サラダ

ただでさえ、食材の品数が少ない卵丼です。味噌汁を入れても、献立の色味が黄色と茶色といった単色になりやすいです。美味しそうに見える夕食、卵丼献立のポイントは「緑色の野菜」や「その他の色がある付け合わせ」をうまく取り入れることにあります。この点を意識して献立を立てると、夕食が豪華に。立派に見えるようになります

  • 緑色を取り入れる「ほうれん草の胡麻和え」

ほうれん草の胡麻和え

  • 緑色を取り入れる「小松菜のお浸し」

小松菜のおひたし

  • アレンジ編「小松菜の煮びたしに、豆腐を取り入れる」

小松菜の煮びたし

  • 「卵丼に緑を取り入れるなら、三つ葉やグリーンピース」

卵丼に緑を取り入れるなら、三つ葉やグリーンピース

卵丼献立には、緑色の野菜を取り入れるのがポイントの1つです。卵丼そのものに緑の野菜を使うなら、三つ葉やグリーンピースをトッピングするのもありです。むしろ、この方法が定番の卵丼の作り方かと思いますが、グリーンピースは子供が苦手。三つ葉は、量が少なく、栄養バランスを考えると、この2つの食材でカバーするのは難しいです。ちょっとした見栄えや、ひと手間として使うのは良いですが、基本的には緑色のある付け合わせを用意しましょう

スポンサーリンク


▼関連するライフハック