トマトクリームの日持ち・保存方法!残った日の常温・冷蔵保管、冷凍

Author
  • トマトクリームの日持ちは何日?

  • トマトクリームは冷蔵保管、冷凍保管できるの??

クリーム煮やスープに使えるトマトクリームですが、手作りした場合はどのように保管したらいいでしょうか。牛乳入っているので作り置きは心配だなという方のために、トマトスープに関する日持ち、賞味期限を、常温、冷蔵、冷凍で詳しく解説しますね

トマトクリームの常温保管~常温保管は基本NG、余ったスープを鍋ごと保管する場合の注意点は?~

トマトクリームの日持ち・保存方法!残った日の常温・冷蔵保管、冷凍

  • 常温保管:1~2日(定期的な加熱が必要)

  • 常温保管の温度:8~10度

  • 夏は半日かからず、腐ってしまう事も!

  • 菌が繁殖する温度は、20~50度(43度以上で最も繁殖)

トマトクリームを使ったスープやクリーム煮の場合です

トマトは常温でも8~10度なら保管が出来る野菜。この温度であれば、常温可という事ですが、野菜室に近い温度ですので、基本的にはNGと考えた方が良いです

また、煮込んだスープは、食材からうま味がたっぷりありますから、菌が繁殖しやすい環境です。特に菌(ウェルシュ菌など)は、20~50度前後(43度以上が一番、増える)で繁殖すると言われています。日本の気温からして、冬以外は常温保管は難しいですし、今や冬でも家の中は暖房で温かいと、常温での保管はむいていないでしょう

作ったスープが余って残ってしまった時は、まずは冷蔵庫へ。数日食べる予定がないなら、冷凍しましょう

鍋ごと保管でやるべき事

  • 鍋ごと保管でやるべき事、注意点は?

  • 定期的な加熱、再沸騰させること

  • 75度以上、1分間以上の加熱を!

定期的な加熱をすることで、スープは日持ちするようになります。

基準としては「75度以上の温度で、1分」でほとんどの菌(腸炎ビブリオやO157など)は死滅するからです。しかし、食中毒よくある原因の「ウェルシュ菌」は完全には死滅しません。増殖するウェルシュ菌は加熱処理で死滅するとされますが、芽胞を作った状態ですと100度の温度に6時間耐久するとされます

さっき加熱処理したから大丈夫と思っても、増殖する菌は死滅しても、芽胞はいますので。また、復活すると思ってください。そういう意味では、鍋ごと保管はめんどうな事も以上に多いので、あまりおすすめできません

トマトクリームの冷蔵庫保管~作り置きで冷蔵ストック!冷蔵庫の日持ち、賞味期限は?~

  • 冷蔵の日持ち:3~4日

  • 冷蔵保管の方法:タッパー、保存容器

スープが余ってしまった時など。まずは鍋からタッパーにうつしましょう

タッパーは空気を密封できるので、鍋よりは安心。タッパー冷蔵保管で3~4日の日持ちです。

保管する時は「消毒したタッパー、保存容器」に保管します。消毒方法は、きれいに洗い乾かしたタッパーに「キッチン用アルコール除菌」をふりかけます。まず、タッパーの内側から磨き、フタの裏までしっかりふいてきれいにしましょう

  • 注意:水分の多い野菜が入っている時は、具材を取り除く

スープの冷蔵保管の注意点です。ポタージュ系のスープの場合は、日持ち期間だけ注意すればいいのですが、トマトスープに具材がたっぷり入っていることありますよね。冷蔵の場合は、具材はなるべく、少なく。できれば食べてしまって、スープのみの冷蔵が一番いいです

次回食べる時用にスープを冷蔵して、具材は新たに追加する。こういう食べ方があっています

  • 食べる時は、必ずレンチン。再加熱を!

冷蔵保管したスープを食べる時の注意点です。スープってなぜか、冷たいままでも飲めるっていう人いますよね

作り置きや余ったスープを飲むときに、再加熱しなかったり、電子レンジを使わない食べ方が一番ダメです。冷蔵の場合、タッパーで空気になるべく触れないように保管しているとはいえ、冷蔵庫の中でも傷んでいきます。加熱はそれだけで、殺菌効果がありますので必ず食べる前は、温めるように。

傷んでしまってもう食べれないときは、加熱した時に変なにおいがするなど。調理中に気が付くこともあります。そういった事も含め、加熱することが重要です!ミスや事故を防止する、そういう意味でも加熱はしましょう

トマトクリームの冷凍保管~作り置きは冷凍できる?余ったスープの冷凍保存~

  • スープの冷凍:密封可能な保存袋(ジップロック等)

スープの冷凍保存:ジップロックを使う

  • 冷凍したスープの日持ち:2~3週間

冷凍したスープの日持ち:2~3週間

  • 賞味期限を忘れないように「ジップロックに日付を書く」

スープを冷凍する時はジップ付きの「密封可能な保存袋(ジップロックなど)」で保管します。作ってから熱いうちではなく「冷めてから」、できれば急速冷凍後に冷凍保存が一番望ましいです。この方法で、スープは2~3週間、冷凍で保管可能です

  • 解凍方法:1食分ごとに半解凍→鍋へ

  • 解凍方法:もしくは、流水解凍

解凍方法は、袋のまま冷凍庫から、冷蔵庫へうつします。半分、冷蔵庫の中で自然解凍させて、袋から簡単に取り出せるぐらいになったら、そのまま鍋にかけます。この半解凍の方法は、溶けるまで少し時間がかかりますので、もっと早くスープを解凍したい時は、流水解凍をしましょう

トマトが腐るとどうなる?傷んだ食材の特徴と見分け方~味・臭い・見た目、よくある食中毒~

カットしたトマトの日持ち・賞味期限:冷蔵・野菜室7日

  • トマト(赤)の日持ち:常温1~2日(適温8~10度)

  • 冷蔵庫・野菜室:7~10日、冷凍:2か月

トマトが腐るとどうなる?という話の前に、まずはスープに使うトマトの日持ち・賞味期限から説明しますね

トマトは野菜室・冷蔵庫でなくても保管できます。あトマトは適温8~10度、であれば常温でも数日は大丈夫です。これがスープにしても「涼しい場所なら、トマトスープが常温でも保管できるとされる理由」です。しかし、スープの場合は常温保管で説明した通り、鍋を定期的に加熱する必要があります。この点は、変わりませんから、常温でも大丈夫と過信してはいけません

冷蔵庫や野菜室なら、7~10日と1週間は日持ちしますので、休日に1週間分の買い出しをしてもOKな野菜。1週間以上、長期保管したいならジプロックに入れ冷凍です。2カ月ほど日持ちしますが、カットした場合は別です

  • 腐った時の見分け方:実がぶにょぶにょ、異臭と汁

  • 腐った味・臭い・見た目:強い酸味、苦み

  • よくある食中毒 :下痢、嘔吐

トマトは常温で少しは日持ちするといっても、やはり調理してしまうと心配にはなるもの。腐った食品は「酸っぱいにおい」がする事が多いですが、トマトは酸味の塊です。大丈夫か、腐っているかの判断が難しいこともありますので、違和感(いつもより酸っぱい気がする、においが変だ等)を感じたら、食べないのが正解です

この他にも、異臭(チーズや納豆っぽい臭い)を放つ、生ごみの臭いがするもの。見た感じ:白っぽいカビ(黒、茶色の場合も有)、表面にぬめりがある。変色した水分が垂れている、ネバネバした糸を引くなど、こういった症状が確認されたら、アウトですので、絶対に食べないようにしましょう

スポンサーリンク


▼関連するライフハック