【エビチリの作り置き/常温・冷蔵・冷凍の日持ち&賞味期限】何日持つの?エビチリの賞味期限の目安「作り置きの目安は、3~4日がエビチリの賞味期限」

Author

常温で半日!エビチリの作り置き、日持ちは、冷蔵庫、冷凍保存で何日持つの?大量にエビのチリソースを作り置きで冷蔵庫に保管する目安は3~4日、春・秋:3~4日。夏場:3日以内。冬場で4日ほどが日持ち期間です。冷凍保存の場合は14~21日程度の賞味期限です。余ってしまった「エビチリ」の冷蔵保管、冷凍保存を解説しています

「エビチリ」の常温&冷蔵庫の日持ち期間の目安と賞味期限を徹底解説!

エビチリの作り置き、常温・冷蔵・冷凍の日持ち&賞味期限

  • むきエビは長持ちしない!?

  • エビチリは冷蔵庫や冷凍で何日程度、大丈夫?

家にと帰ってすぐパパっと作れるのが、エビチリの魅力。メインのおかずにもなるし、できれば作り置きしたいメニューですよね。でも、エビは比較的長持ちしない食材ですので、作り置きする場合も注意したいところです

ここでは、エビチリの賞味期限、日持ちを常温保管、冷蔵庫保管、冷凍保管と保管方法の違いによっての賞味期限と、季節別の『エビチリの日持ち目安』を徹底解説しています

  • むきエビの日持ち:冷蔵3日、冷凍1カ月

むきエビの日持ち:冷蔵3日、冷凍1カ月

エビチリの日持ちの前に、メイン具材である「むきエビ」の日持ちについてです。むきエビは、保存袋にいれてよく空気を抜く!その状態で、冷蔵庫なら3日程度(3日置いてしまった場合は、当日中に食べましょう)、冷凍で1カ月程度です。時短料理として、活躍するエビチリの具はなるべく、準備しておきたいですね

むきエビの保存は、空気をちゃんと抜かないと「解凍したときに、エビがパサつく事」があります。ですので、保存袋の取り扱いはしっかり行いましょう

「エビチリ」を常温保管する場合~放置してしまった時の日持ちの目安、賞味期限は?~

  • 常温保管の日持ち「常温のエビチリは、半日(4,5時間)程度」

常温のエビチリは、半日(4,5時間)程度が日持ち期間

エビチリは、常温保管NGです。常温の場合、お皿の上からラップをしても、半日程度。約4,5時間ぐらいしか日持ちしません。夕方作って、その日のうちに食べるのであれば、しばらく常温でおいていても問題ないですが、明日も食べよう!という時は、冷蔵庫で保管するのが一番いいです

お弁当にエビチリを入れる場合は、保冷剤などで涼しい環境を!その場合、エビチリは当日中に食べましょう。お昼に食べるなら、エビチリ弁当もOK。でも、16時ぐらいになったら、念のため、食べないでおくのも1つの安全策ですね

「エビチリ」を冷蔵庫に保管、冷凍保存する場合~日持ちの目安、賞味期限は?~

冷蔵のエビチリは、3~4日が日持ち期間

  • 冷蔵保管「春・秋:3~4日」

  • 冷蔵保管「夏:3日以内」

  • 冷蔵保管「冬:4日以内」

エビチリを冷蔵庫で保管する場合です。作り置きのエビチリは「冷蔵庫で、3~4日程度」です。夏場は、3日以内が推奨ですが、エビチリは酸化がはやい食べ物ですので、味の面を考えると、夏でも翌日までの方が、おいしいです

作り置きするとしても、比較的涼しい春や秋、冬の作り置きメニューとして冷蔵庫で保管!という方法が良いかと思います

  • エビチリの冷凍保存「14~21日(2、3週間)」

冷凍のエビチリは、14~21日(2、3週間)が日持ち期間

エビチリの冷凍保管は、14日~21日と2,3週間日持ちします。次回食べるときの分も、今日作ろう!という時は、冷凍がベスト。明日も食べるよ!お弁当にエビチリを入れよう!そういう時は、冷凍よりも冷蔵保管が、おすすめです

翌日の2日目に余ったエビチリを食べる方もいますよね。昨日と同じメニューでは、飽きてしまいがち。そういう方は、献立を工夫してみてはどうでしょうか。昨日と違うメニューであれば、2日目のエビチリも悪くないものです。こちらで、エビチリに合う献立を紹介していますので、参考にしてもらえるとうれしいです

人気・定番・簡単!エビチリに合う料理&おかずレシピ、付け合わせ

参考:エビチリに合う付け合わせ&献立

スポンサーリンク


▼関連するライフハック