【止まると死ぬ魚、死んじゃう魚】サメは、止まったら死ぬ魚~止まると死んでしまう魚達特集「サメ・マグロ・カツオ」

Author

止まると死ぬ魚、死んじゃう魚の一覧、リストです。サメやマグロ、カツオといった回遊魚は、泳ぐのをやめ、止まると死ぬ魚です。なぜ、止まったら死ぬ魚であるのか。止まったら死ぬ理由を解説しています。回遊魚は、エラを自分で動かせないので、泳ぎながら海水から酸素を補給してるのです。止まると死ぬ魚達、昼間はわかるけど、夜はどうしているの?時速100から150キロで泳ぐマグロは、泳ぎ続けなければ死んでしまうお魚なのです

サメは止まると死ぬ魚、死んじゃう魚の代表例

止まると死ぬ魚のサメ

  • サメは、止まると死んでしまう回遊魚

  • 広大な海を泳ぐ回遊魚は、自分の意志でエラを動かせない

  • エラを動かす=呼吸をするという特性を持っている

回遊魚の特性の1つとして、泳ぎながら呼吸をするというもの。つまり、エラを動かすことで息をします。その為に、泳いでいないと息ができず・・・呼吸困難で死に至る=止まると死ぬというもの。サメは止まると死ぬと言われる理由は、その特性からきているのです。サメの中でも一部のサメは、止まっても大丈夫ですが、外洋性サメは止まると死ぬ魚です。エラを自分で動かす事ができないので、泳ぐ事で海水を口から入れ、エラで酸素を補給し、呼吸をするのです

止まると死ぬ魚、死んじゃう魚達は、夜は泳ぎながら眠る魚

 昼は泳いでいるけど、夜はどうすんの?寝ないの、サメって?

  • サメは・・・泳ぎながら、寝ます

  • 右脳と左脳を交互に順番に寝かせ、睡眠します

  • 外敵に注意する為、片方の目は開いています

人間には考えずらい特性です。サメは脳が2つあるようなもの、寝る脳と働く脳を切り替えるという仕組みです。サメは寝るというより、片方の脳だけ寝かせる。右脳は起きてるけど、左脳は寝ているという方がイメージしやすいです。広大な海を泳ぎまわる回遊魚なので、外敵も多い。その為、片方の目を開けて寝ます

止まると死ぬ魚、死んじゃう魚の一覧、リスト

  • 止まると死ぬ魚①「ホオジロザメ」 

止まると死ぬ魚のホオジロザメ」

体長4mを超えるホオジロザメ。最大で11mもの大きさにもなると言われる大型のホオジロザメも・・・止まったら死んじゃう魚。体が大きく、強いホオジロザメも呼吸ができなければ、死んでしまうのです

  • 止まると死ぬ魚②「メジロザメ」 

止まると死ぬ魚のメジロザメ

サメと言うと人を食うイメージですが、メジロザメは人を食べないと言われています。最近、日本近海でも目撃情報も多く注意が必要なメジロザメ。メジロザメも、止まると死ぬ魚です

  • 止まると死ぬ魚①「イタチザメ」  

止まると死ぬ魚のイタチザメ

ノコギリのような歯を持つ凶悪なイタチザメ。サメの中でも、かなりの強さを誇るイタチザメも・・・泳ぎ続けなければ死んでしまう!止まったら死んでしま魚です

  • 止まると死ぬ魚④「マグロ」  

止まると死ぬ魚のマグロ

時速100キロ!150キロの高速で泳ぐ、力強いパワーを持つマグロ。そんなスピードキングも、息ができなかれば・・・死にます。マグロも止まると死んでしまう魚です

  • 止まると死ぬ魚⑤「カツオ」  

 止まると死ぬ魚のカツオ

エラが動かないので酸素を取り入れるために泳ぐカツオ。海水を鰓孔に入れ呼吸をするが・・・止まると即窒息死する。強靭なカツオも止まるとしんじゃう魚です

  • 止まると死ぬ魚⑥「カジキ」

止まると死ぬ魚のカジキ

日本に夏から秋にかけて回遊してやってくるカジキ。遠い場所からはるばる泳いでくるカジキも、もちろん・・・止まったら死にます。止まらず進め!止まったらしんじゃう魚なのです

  • 止まると死ぬ魚⑦「ブリ」 

 止まると死ぬ魚のブリ

刺身で食べると美味しいブリ。脂ののったブリはおいしい!しかし、そんなブリも止まったら死ぬ魚です

しかし、回遊魚のすべてが止まったら死ぬわけではない

サメやマグロ、カジキやブリのような回遊魚は止まったら死んでしまう魚です。しかし、少し止まったぐらいでは即死しません。呼吸困難からの窒息死ですので、海の流れもあり、止まる事が珍しいかもしれませんね。回遊魚の中には、外洋性以外であれば問題ない場合もあります。このあたりについては、また内容でご紹介します

スポンサーリンク


▼関連するライフハック