ジンギスカンの下味冷凍レシピ!タレ味+ラム肉の漬け込み時間+保存方法!

Author

ジンギスカン(タレ味)の下味冷凍レシピ・日持ち!ラム肉の漬け込み時間+作り置きの冷凍保存メニュー!

  • BBQや夜ご飯に話題の下味冷凍レシピ!

  • ジンギスカンの下味冷凍!作り置きで焼肉用に!

ジンギスカンは羊の肉、ちょっと臭みがあるイメージがありませんか?羊の肉はマトンとラム肉があり、ラムは子羊ですからお肉自体が柔らかく、臭みも少ないです!どちらの場合でも、私は羊の肉は「漬け込むほど、旨くなる」と自負しています。

今回は、ラム肉を使ったジンギスカンのレシピを、下味冷凍用に作成しました。漬け込み時間の目安から、タレのレシピを大公開!時短料理+焼肉の日用に作ってくれると嬉しいです

ラム肉のジンギスカン!漬け込みタレの下味冷凍レシピ!

  • ジンギスカンの下味冷凍レシピ

  • 漬け込み時間:冷蔵庫で1時間から1晩

塩レモンのジンギスカン:下味冷凍用のレシピと漬け込み時間

  • 材料:ラム肉の薄切り:300~400g(2、3人分)

  • 【漬け込みダレのレシピ】

  • 大さじ5:醤油

  • 大さじ3:酒

  • 大さじ1:はちみつ、みりん(本みりん)

  • 小さじ1:ゴマ油

  • 小さじ1:レモン汁(レモンを絞っても可)

  • その他:ニンニク、ショウガを各1欠片

ジンギスカンの下味冷凍のタレは、この分量のレシピで作ります。作り方は簡単、ココで紹介する漬け込み用タレの分量で「ラム肉の薄切りをジップロック」にいれ、なじむように揉むだけ。全体的にタレがいきわたったら、ジプロックをタッパーに入れ冷蔵庫で一晩寝かせます

ラム肉の漬け込み時間:ジンギスカンのタレと漬け込みレシピ

  • 漬け込み時間は1時間~食べられる!

ジンギスカンは基本的に、1番寝かすのが基本です、しかし、今日食べたいという日もあるはず。すぐに食べたいと思っても「漬け込み時間は、最低1時間」は冷蔵庫で置くのがおすすめ。羊のお肉は豚や鶏と比べて臭みがあります。この臭みがあるとないとでは、味が全然!変わってきます。また、タレに「はちみつ」を入れていますが、ラム肉はもとから柔らかいですが、より柔らかくする方がもっと美味しいです!

これで漬け込みは完成です。後は翌日、ジップロックだけを冷凍するといった流れです。

ステンレス製の金属トレイ

  • 短時間の冷凍は、急速冷凍!

  • 金属製のバットでうま味を凝縮

ジンギスカンに使うラム肉は、アルミなど金属製のバットに密封した下味冷凍用のジップロックを乗せて急速冷凍すると、短時間で冷凍できます。すぐに凍らせることで、うま味を逃がさず凝縮できるとメリットが大きいのです!

煮付けた魚の冷凍保存からの解凍方法:冷蔵庫

  • ジンギスカンの解凍方法①:冷蔵庫で自然解凍

  • 解凍時間:冷蔵庫で12~18時間

  • ⇒ 前日の夜から冷蔵庫へ

下味冷凍したジンギスカンの解凍方法は、前日に冷蔵庫へうつし自然解凍がおすすめ。漬け込み時間が短い下味冷凍ですので、解凍中にも味をしこませる工夫になります

冷凍ジンギスカンは常温でも解凍もダメではありませんが、家にいるとき目の届く範囲の日にしましょう。基本は冷蔵庫で自然解凍、朝起きたら、冷蔵庫に移すのがベストな方法です。冷蔵庫の温度は、おおよそ3~5度ですので「カチコチに凍った状態が、ゆっくり自然解凍」されます

お肉の下味冷凍を解凍する方法

  • ジンギスカンの解凍方法②:電子レンジの解凍モード

  • ⇒ もしくは、流水解凍も可

  • ⇒ 流水解凍は30~40分です!

電子レンジの解凍モード。1点よくないのが、電子レンジ解凍はジンギスカンのラム肉の解凍にムラができてしまうこと。時間に余裕があれば、流水解凍の方が上手に、解凍できます!

ラム肉のジンギスカン!漬け込みタレ味の下味冷凍:冷凍保存の期間は?~賞味期限・消費期限、冷凍で日持ちする日数は?~

 ラム肉・ジンギスカンの塩レモンを冷凍保存するやり方

  • ジンギスカンの冷凍保存:2週間~1か月

  • 保存方法:ジップロック(保存袋)

  • ポイント:空気をよく抜き、密封する

ジンギスカンは、下味冷凍の保存期間は「2週間~4週間」と、この方法で冷凍1か月の日持ちします。保存袋は「よく空気を抜く」のがポイントで、空気が多くはいっていると霜や冷凍焼けの原因になるのでしっかり密封しましょう

さて、ジンギスカンのレシピを使った下味冷凍を紹介しました。下味冷凍とは調味料で味付けし冷凍して保存して、好きな時にと。ご家庭で手軽に出来る冷凍食品のようなもの、作り置きにぴったりですので、是非、ストックして簡単に夕飯を作りましょう!

スポンサーリンク