蚊の平均寿命!家の中や車で成虫は冬越しする?ヤブ蚊+アカイエカとチカイエカ

Author

蚊の寿命(アカイエカ、ヒトスジシマカ(ヤブカ)、チカイエカ)の種類で解説!

  • 蚊の平均的な寿命をを徹底解説!

  • 家の中に侵入した蚊の成虫を放置していいの?

蚊とは、世界に3000種類ほど存在し日本では約100種類と多くいますが、私たちの生活に密着する「蚊は3種類」、主にアカイエカ、ヒトスジシマカ(ヤブカ)、チカイエカを知っいたら、ほとんど駆除・対処方法は明確です! 

今回は、蚊が家に入ってきたとき、そのうちいなくなるのは?と、思っている方向けに「蚊にどのくらいの寿命」があるのかを詳しく飼いせうしますね

家の中の蚊の平均寿命

  • 蚊の生態系!

  • 特徴→血を吸う蚊は、全てメス

  • 出没時期→5月~9月頃

  • 気温:22~30度

  • →オスの蚊の寿命は10日前後

まずは、蚊の基本的な生態系の情報です!

蚊は、メスが「水」に卵を産み付け「卵→ボウフラ(幼虫)→蛹→成虫」と約2週間で、大人の蚊になります

蚊が発生する時期は「5月~9月」の間で、もっとも活発的に大量発生するのは「7~8月の気温22~30度」の時です。要するに夏に多い虫ですが、私たちの血を吸う蚊は「全てメスの蚊」であり、オスの蚊の寿命は10日前後しかありません

また、蚊のほとんどは寒さと暑さに弱く、22~30度を好みます。

夏の暑い時期、たとえば、車の中に侵入した可なら、40度以上の温度に耐えれず、翌日には死滅します

しかし、蚊が暮すに快適な温度は22~30度であり、家に侵入してきた蚊の多くは「メスの蚊=家の中で卵を産む可能性」がある!というのが生活に密着したお話です

蚊の平均寿命!家の中や車で成虫は冬越しする?ヤブ蚊+アカイエカとチカイエカ

  • メスの蚊の平均寿命はどのくらい?

  • ヒトスジシマカ(ヤブカ)の寿命

  • 成虫の平均寿命:30日~40日

  • 特徴→本体は死滅、卵は冬越しする

  • 特徴→昼に家の中に侵入する

家の中に侵入する蚊は、多くはメス蚊であるなら、メスは家の中でどのくらい生きるのか、また、冬越しするのかという事が気になるポイントかと思います

ヒトスジシマカとは、一般的に『ヤブ蚊』と呼ばれる種類、東北より南にある日本なら生息し「昼に活動する蚊」です。

ヒトスジシマカのメスは、成虫になってからの「メスの蚊:平均寿命30日~40日」と、冬越しするほど平均的に生きていないとされ、1か月程度で天命を全うします

ヒトスジシマカは「血を吸う=栄養を得る→40~60個の卵」を産みます。成虫自体は死んでしまっても「卵は冬越しする→翌年、現れる」という事態になる為、家の中で寿命を待つよりも駆除・対処するのが正しい方法です

  • メスの蚊の平均寿命はどのくらい?

  • アカイエカの寿命:6ヵ月

  • 成虫の平均寿命:30日~40日

  • 特徴→成虫が冬越しする

  • 特徴→夜に家の中に侵入する

アカイエカとは、日本全国のどこにでもいる蚊で、ヤブ蚊よりも「1周り大きいサイズ」の蚊で、夜に主に活動します

アカイエカのメスの成虫も「平均寿命:30日~40日」と、ヤブ蚊と同じ程度ですが、アカイエカの場合は「家の暗い場所」、たとえば、クローゼットの中などで「冬越しする」のが特徴で、最大で半年程度、寿命があるとされます

アカイエカとヤブ蚊(ヒトスジシマカ)の違いは行動時間が「昼と夜」で別れていますので、昼に家で見かけた蚊が「ヒトスジシマカ(ヤブ蚊)」で、夜に侵入してくるのが「アカイエカ」です

  • メスの蚊の平均寿命はどのくらい?

  • チカイエカの寿命:2か月

  • 成虫の平均寿命:30日~40日

  • 特徴→繁殖力が高い

  • 特徴→冬でもどんどん生まれてくる

チカイエカとは、一般家庭よりも「都心部のお店」や「オフィスビル」に多い蚊です

チカイエカは寒さに強く、冬でも活動し研究結果によると『2か月ほど生き延びた』という事例もあり、冬越しはしないけど「高い繁殖力で年中、活動する」と考えられています

チカイエカは1匹の蚊が2度、産卵するといわれ「1度目は動物の血を必要としない」が、秋からの2度目の産卵には「動物の血を必要とする」と特徴があり、冬でもどんどん生まれてくる高い繁殖力をもっています

さて、蚊の寿命について日本によく生息する!見かける3種類のアカイエカ、ヒトスジシマカ(ヤブカ)、チカイエカで説明しました。ビルタイプ+都心部で無ければ、通常、家の中に入てくる蚊は「アカイエカ」もしくは、「ヒトスジシマカ」ですので、この2つの蚊に注意するといいかと思います

スポンサーリンク