カンガルーの誕生日は適当!赤ちゃんが袋から顔を出した日+動物園が決めている

Author

カンガルーの誕生日はどうやって決まるの?赤ちゃんの体重や大きさは?

カンガルーの誕生日

  • 子供のカンガルーは袋の中で育つ

  • 出産日=誕生日という考え方が通用しないのが有袋類の生き物

誕生日は、いつですか?と聞かれたら、人間なら簡単。出産日が誕生日になりますよね。しかし、動物の場合、どうでしょうか。飼っているペットが、子猫を生んだ。

この場合は、誕生日が明確ですが、保護センターや里親募集でもらってきた子猫の場合は、誕生日があいまいです

では、動物園のカンガルーの場合は、どうなのでしょうか。カンガルーの誕生日は猫よりももっと、適当に決まっています

カンガルーのような有袋類の生き物は、生まれてから数か月間、母親のおなかにある袋の中で育ちます。動物園では「3歳になるカンガルー」というように年齢が紹介されいる事が多いですが、カンガルーの誕生日を正確に把握するのは難しいのでは?と疑問に思う事も。ここでは、カンガルーの誕生日の決め方について詳しく解説しますね

カンガルーの誕生日~母親の袋から頭や顔を出した日が誕生日である理由~

  •  カンガルーの誕生日「昔:出産日=誕生日」

動物園の方針によって、カンガルーの誕生日は異なります。

たとえば、出産日を誕生日とする考え方の場合、母親のおなかの袋から、赤ちゃんカンガルーが顔を出した日から逆算して、8カ月をさかのぼった日を誕生日とするケースです。この誕生日の決め方って結構、ざっくりしすぎですよね

昔は、この方法が主流だったのですが、今では、この計算方法で誕生日と決めていない動物園が多いです

  • 理由と考え方:カンガルーは未熟な状態で生まれる

  • カンガルーの赤ちゃんの体重:1g

  • カンガルーの赤ちゃんの大きさ:2cm

驚く

カンガルーは未熟な状態で生まれ、母親の袋の中で発育するという考え方になってきています。未熟な状態というと不満足な状態と考えがちですが、そこまで悪い意味合いではなく、単純に、外へ出て生活がまだできない状態に近いという意味合いです。

カンガルーの赤ちゃんの生まれたては「体重1g、大きさ2cm」とめっちゃくちゃ小さいです。そしてお腹の中で育ち、母親の袋を昇って「顔をちょっこり出す日」がやってきます。この日を誕生日とするのは、考え方はコレです

人間でいうところの赤ちゃんが、母親のおなかの中にいる状態と同じである=袋はお腹の中という考え方です。カンガルーが袋の中にいる間は、まだ、出産していないのと同じと考えられるので、カンガルーの誕生日は「母親の袋、ポケットから顔を出した日」としているのです

  • カンガルーの誕生日「現在:母親の袋から頭や顔を出した日」

カンガルーの場合、袋の中から顔を出した日が誕生日です。 現在のほとんどの動物は、この考え方で誕生日を設定している事が多いです。どこの時点を起点に、誕生と定義するかの問題ですが、確かにこの方法の方がわかりやすく、管理もしやすいですね

有袋類は、袋の中で発育するという複雑な事情から誕生日を把握できない問題に発展するのであれば、出産の定義を「頭を出した日=出産日」とすれば、動物の誕生日を決めやすいのではないでしょうか。卵から生まれる生き物にも、お腹から生まれる生き物にもどちらにも対応できる誕生日の決め方になるでしょう

スポンサーリンク