【冷めた唐揚げの温め直し方】揚げたてが美味しい唐揚げに復元!~フライパン、魚焼きグリル、電子レンジ、オーブントースターを使った温め直し方法~

Author

調理道具別!冷めてしまった唐揚げの温め直し方、揚げたて唐揚げに戻す方法です。唐揚げ温めなおす方法は、フライパン、魚焼きグリル、電子レンジ、オーブントースターの主に4つの方法があります。各調理道具別に解説しています。買ってきた唐揚げ、昨日の唐揚げなどを温めて食べたい方は、この方法を試してみてください

冷めた唐揚げを温めなおす方法~調理道具別に紹介~

唐揚げ

  • 唐揚げは揚げたてが一番おいしい!

  • 冷めてた唐揚げを温め直す方法を調理具別に解説

ジュワジュワ、アツアツ。唐揚げは揚げたてが一番おいしいですよね。しかし、唐揚げはスーパーやお肉屋さんで買ってくることも。また、唐揚げを揚げすぎてしまって、翌日に食べることもあります。そんなとき、唐揚げをどのように温め直していますか。揚げたてとまでは言わなくても、温かい唐揚げが食べたいもの。ここでは、冷めてしまった唐揚げを温め直す方法を、 フライパン、魚焼きグリル、電子レンジ、オーブントースターの4つで紹介しています

フライパンで冷めた唐揚げを温めなおす方法~フライパンを使った唐揚げの温め直し~

フライパン

  • 手順①「キッチンペーパーで油分を軽くふき取る」

  • 手順②「温めたフライパンに、アルミホイルを置く」

  • 手順③「アルミホイルの上で4,5分ほどでホッカホカになる」

フライパンを使った温め直しでは、まずキッチンペーパーで油分をふき取り、その後、アルミホイルの上で焼いて温める方法になります。油分をふき取ると、べちゃべちゃとした唐揚げになってしまうのを防止します。また、アルミホイルは少し、くしゃくしゃと丸めてから引き延ばしたものを使うと、温めやすいです。何度度か、表面を裏返したりする必要がありますが、4,5分程度でホッカホカになります

魚焼きグリルで冷めた唐揚げを温めなおす方法~フライパンよりも、コンガリ!グリルを使った唐揚げの温め直し~

グリル

  • 手順①「キッチンペーパーで油分を軽くふき取る」

  • 手順②「アルミホイルを丸め、もう一度、引き延ばす」

  • 手順③「アルミホイルをグリルに敷き、片面2,3分程度でひっくり返す」

魚焼きグリルを使った唐揚げの温め直し方法です。基本的な手順は、フライパンと一緒。キッチンペーパーで油をふき取ってから、温め直しをします。グリルの場合も、アルミホイルは一度、くしゃくしゃに丸めるのもポイントの1つです。あとは、片面2,3分ほどでグリルし、両面をちゃんと温め直しをしましょう。フライパンよりも、コンガリとした唐揚げになるのが特徴です

電子レンジで冷めた唐揚げを温めなおす方法~時間のない日の簡単な唐揚げの温め直し~

電子レンジ

  • 手順①「キッチンペーパーをお皿に敷く」

  • 手順②「唐揚げを、3、4個など適度な量で温める」

  • 手順③「1分程度で、ほかほかになる」

唐揚げを温め直しする一番簡単な方法です。手軽な分、やはり味の面は揚げたてを再現するのが難しい方法ですが、それでも冷めているよりは全然ましです。忙しい日などはこの方法でも問題ありませんが、電子レンジを使うなら、オーブンの方がふっくらとして、揚げなおしてもおいしいです。電子レンジの場合、急激に水分をとばしてしまう事が問題なので、クッキングシートなどで軽くふき取ってからの方がおいしく仕上がります

オーブンで冷めた唐揚げを温めなおす方法~オーブンを使った唐揚げの温め直し~

オーブン

  • 手順①「電子レンジで少し温める、常温に戻す」

  • 手順②「アルミホイルを敷き、お皿のような形にする」

  • 手順③「3,4分オーブンで焼く」

オーブンを使った場合の温め直し方法です。オーブンレンジ、オーブン機能などを活用する方法です。機器によって、使い方があるのでアルミホイルの使用は要確認が必要です。この点が、めんどうな事ですが、料理初心者ですと、発火するのでは?と心配になることも。オーブンレンジやオーブン機能は、きちんと確認してから使いましょう

スポンサーリンク


▼関連するライフハック