麻婆豆腐の日持ち・保存方法は?作り置き常温・冷蔵庫・冷凍の賞味期限

Author
  • 大量に麻婆豆腐を作り置きしたい!

  • 麻婆豆腐を作り置きや日持ち期間はどれぐらい?

麻婆豆腐の作り置きは、常温、冷蔵庫、冷凍保存は、いつまで日持ちするのでしょうか。常温での目安は何日?春・秋と冬、夏場のマーボー豆腐の賞味期限・保存期間は違うの?など。麻婆豆腐の具材「麻婆豆腐の素」と「豆腐」の賞味期限から、放置して腐った「麻婆豆腐」の臭い・見た目・味の見分け方、食中毒の事例まで紹介しています

麻婆豆腐の常温、冷蔵庫、冷凍の日持ち期間の目安と賞味期限を徹底解説!

豆腐の日持ち:常温NG日、冷蔵:7日、冷凍:不向き

  • 具材:豆腐の日持ち:常温NG日、冷蔵:7日、冷凍:不向き

まずは、マーボー豆腐のよくある具材の賞味期限から。未開封の豆腐はパック記載の賞味期限を参考に。でも、豆腐はパックを開けてしまうとどうなの?そう思いますよね。日持ちしないイメージとおり、豆腐は「常温NG日、冷蔵:7日、冷凍:不向き」ほどです。木綿豆腐、絹ごし豆腐に大きな差はありませんが、市販の豆腐には2~3日と短いものがあるのでその点、注意です!

30度以上の気温で、豆腐に菌がわき始めます。10度以下での保存が適していますので、冷蔵でもお早めに。常温で半日以上の放置は危険度があります

麻婆豆腐の場合でも同じ。常温でも比較的持つとイメージしがちですが、大量に作る場合は冷凍保存です。冷蔵庫でも、持ったより麻婆豆腐は日持ちしません

麻婆豆腐を常温保管する場合~放置してしまった時の日持ちの目安、賞味期限は?~

日持ちする麻婆豆腐のコツ・方法は?作り置き常温・冷蔵庫・冷凍の賞味期限

  • 麻婆豆腐の常温保管:最大1日

  • 作ってから「翌日のお昼」まで

麻婆豆腐は唐辛子や豆板醤がはいっているので、2日ぐらい大丈夫では?という考えは甘いです!

たくさん作って鍋に移したは、定期的な加熱を!豆腐はそのまま食べれるとは言え、作ってそのままは味の劣化もあります。常温の倍は最大で、1日。作ってから翌日のお昼ごろまでです

ただし、夏は数時間。作ってから、3、4時間以内ぐらいが目途。25度を超える季節は、常温はNGです。常温の場合は、定期的な再加熱が必須です。手作り麻婆豆腐は、自分が思うよりも日持ちしないと思いましょう!

  • 常温保管の長持ちのコツ:最低でも「ラップ」をする

食品用ラップ:常温保管の長持ちのコツ

常温保管の長持ちのコツは「ラップ」をすること。サランラップ等で空気に触れないようにしてあって、この日持ちです。

コツは「菌の繁殖を防ぐために、最低でも空気に触れさせないこと」ですが、常温であえて保管する人はいないかと。どちらかといえば、放置してしまって「コレ、食べて大丈夫か状態」に困惑しているかと思います。腐ってしまった場合や食べると危ないときの状態を最後に解説してますので、そちらを参考に(一番、下です※腐った写真は載せてません。ご安心を※)

麻婆豆腐を冷蔵庫に保管する場合~日持ちの目安、賞味期限は?~

麻婆豆腐を冷蔵庫に保管する場合~日持ちの目安、賞味期限は?~

  • 冷蔵保管の長持ちのコツ:の冷蔵保管:日持ち目安は、1~2日

冷蔵保管の長持ちのコツ:を冷蔵庫で保管する場合です。冷蔵保管の長持ちのコツ:の目安は「1~2日程度」です。麻婆豆腐は、、夏場は冷蔵庫でも日持ち期間は、若干、短くなります

  • 冷蔵保管「春:2日」

  • 冷蔵保管「夏:1日」

  • 冷蔵保管「秋:2日」

  • 冷蔵保管「冬:2日」

普段、まったく冷蔵庫を開けない場合は2日で問題ないですが、冷蔵庫といえどもドアの開け閉めの頻度が高い方は、もう少し短めを目安に。家庭の冷蔵庫は業務用ほど性能はよくありません。

家庭用の冷蔵庫はドアを開けっぱなしにしていたなど、一度、温度が上がると覚ますまでに時間もかかります。冷蔵庫で保管する場合でも、春なら、2日。夏場で1日以内、秋で2日。冬で、2日程度を目安に、麻婆豆腐を保管しましょう

  • 冷蔵保管の長持ちのコツ:タッパー、フリーザーバック

タッパー

麻婆豆腐の冷蔵保管のコツはタッパーやフリーザーバックに「1食分ごとに保管すること」です。タッパーよりフリーザーバッグの方がより空気に触れないので、そちらの方が安心感は強いです

麻婆豆腐を冷凍保管する場合~日持ちの目安、賞味期限は?~

  • 麻婆豆腐の冷凍保存:1ヵ月

麻婆豆腐は、冷蔵庫よりも冷凍。たくさん作り置きするなら冷凍です。冷凍なら、1ヵ月日持ちしますが保管方法にコツがあるので次に説明しますね

  • 冷凍保管の長持ちのコツ:麻婆豆腐の素と豆腐を分けて保管!!

麻婆豆腐を冷凍保管する場合~日持ちの目安、賞味期限は?~

具材の豆腐は冷凍に適していないです。そのため、『麻婆豆腐の素(作った麻婆)』と『豆腐』をわける必要があります。作り置きのイメージとしては、豆腐を入れずに麻婆だけ作る食べる時に、豆腐を入れて加熱するやり方です

普段の食事で、余った麻婆豆腐を冷凍する時は「豆腐をスプーンで取り除く、麻婆だけ冷凍する」のがポイント。もしくは、豆腐だけは食べてしまった方がいいです

  • 冷凍保管の長持ちのコツ:フリーザーバックで1食ごとに

フリーザーバック

冷凍保存するときは「よく空気を抜いて、フリーザーバック」で!空気をちゃんと抜かずに冷凍すると、霜ができたりして解凍するときも大変です。自然解凍後は、どれぐらい大丈夫?と疑問があると思いますが、「常温で自然解凍は、氷が解けてから麻婆豆腐の常温保管の日持ち」とほぼ一緒。麻婆豆腐は短いので注意です!冷蔵庫の場合も冷蔵保管の日持ち期間を参考に

自然解凍の時間の目安は、食材によって溶ける速度がちょっとは違いますが。だいたい「20度の温度で、2時間半で解凍する」ので、夏場以外は3時間内に自然解凍されると思っていいです。それなので、冷凍庫から何時ごろ出したか、思い出して逆算して日持ちの安全性を確認しましょう

腐った「麻婆豆腐」の特徴と見分け方~味・臭い・見た目、よくある食中毒~

  • 腐った麻婆豆腐の見分け方:表面に「白いカビ」「白い膜」

  • 腐った麻婆豆腐の味・臭い・見た目:すっぱい!

  • よくある食中毒 :下痢、嘔吐、吐き気

麻婆豆腐が腐った場合です。表面に白い「カビ」や「膜」が発生。このケースが多いです。もともと辛い料理ですので、味で判断も難しです。表面に異常がれば、即!食べるのは中止です

この他にも、異臭(チーズや納豆っぽい臭い)を放つ、生ごみの臭いがするもの。見た感じ。カビ(黒、茶色の場合も有)、表面にぬめりがある。変色した水分が垂れている、ネバネバした糸を引くなど、こういった症状が確認されたら、アウトですので、絶対に食べないように。

いかがでしたか。麻婆豆腐は、作り置きすると忙しい働く女子も時短になるし。料理も満足といいことばっかりなんですが、日持ち期間を守ることが大切ですよね。放置しちゃったときは、まず食べず、見た目や臭いから判断。ちょっとでも違和感を感じたら、ヤメるのが正解です

スポンサーリンク