めんつゆ漬けの日持ち!作り置きレシピの冷蔵庫・冷凍の賞味期限

Author
  • オクラの「めんつゆ漬け」の日持ち、作り置きの賞味期限切れは?

  • 常温・冷蔵庫・冷凍保存でどれぐらい?

日持ちさせた~い人!めんつゆ漬けしたオクラの作り置き方法・簡単レシピのコツから放置・腐った「オクラ」の見分け方・味・ニオイ、食中毒事例を徹底解説しています!冷蔵保管推奨の「めんつゆ漬け」はお弁当・夜ご飯の献立になるので、ぜひ、作って保管してくださいね

めんつゆ漬けの材料!野菜:オクラの日持ち&賞味期限~野菜室、冷凍でどれぐらい?~

オクラの日持ち&賞味期限~野菜室、冷凍でどれぐらい?

  • オクラの日持ち:常温1~2日(10度以下)

  • 冷蔵庫・野菜室:4~5日、冷凍:1か月(処理必要)

まずは、めんつゆ漬けに使うオクラの日持ち・賞味期限から。オクラは10~15度以下の温度、日の当たらない場所なら、1~2日ほど日持ちします。夏の時期は、常温NGですが、秋や冬なら多少は常温でもOKという感じです

しかし、「冷蔵庫が長持ち」するのでスーパーで購入後は野菜室に保管、4~5日以内に消費する量を購入するのがベストです。オクラを家庭菜園で育っている人や、安かったのでたくさん買った!という方は、冷凍の方がもっと長持ちします

  • 生のオクラ:表面がヌメヌメはNG

  • 冷凍前に「うぶ毛」の処理+硬めに茹でる

オクラは、放置すると「黒い斑点」が現れますが、中身に影響がなければ食べられます。少し「柔らかく」なってからは危ない時ありますが「中身の種」がしっかりとしていたら、まだギリギリ食べられます。完全にアウトなのは、生のオクラの表面が「ヌメヌメする」、包丁で切った時に「ぬめり」があるのはダメです

冷凍を長持ちさせるには下処理が必要です。オクラの表面に「うぶ毛」が生えてますので取り除きます。その後、少し固ゆでをし、よく水をきった状態で冷凍すると1ヵ月ほど保管できるようになります。作り置きの下準備としては、オクラだけ冷凍しておくのもありですね

めんつゆ漬けの簡単レシピ~日持ちする2倍濃縮~

めんつゆ漬け:オクラの日持ちは?作り置きの冷蔵庫・冷凍保管の賞味期限

  • オクラの「めんつゆ漬け」の簡単レシピ!

  • 推奨:3、4日以内に食べる量です!

オクラを使った日持ちする「めんつゆ漬け」の作り方レシピです。この方法で作り置きをしましょう!作り方は簡単です。うぶ毛取り、茹でる、冷やす、めんつゆ漬けにするだけです!

ステップ1:塩で産毛を取る(板ずりも可)

ステップ2:頭のガクを切る

ステップ3:2分間茹で、冷水へ

ステップ4:2倍濃縮で、めんつゆ漬けにする

ポイントは、めんつゆを2倍濃縮にすることです。1袋分のオクラなら、水100mlに「めんつゆ:50ml」が2倍濃縮です。3、4本の1人分なら、水:50ml、めんつゆ:25mlとこの割合で「めんつゆ漬け」にするとちょうどいい味です

めんつゆ漬け:オクラを常温保管~放置した時の日持ち、作ってからの賞味期限の目安は?~

食品用ラップ:常温保管の長持ちのコツ

  • 常温保管:日持ち目安:半日程度(ラップ必要)

  • 作ってから「4、5時間」まで

オクラのめんつゆ漬けは常温で放置はNGです。オクラそのものは夏野菜ですので暑さには多少強いとはいえ、それでも冷蔵保管が推奨です。常温の状態なら、ラップをして作ってから4、5時間までが目安。しかし、この「めんつゆ漬けしたオクラ」は作り置きにも適しているので、作ってすぐに食べないのであれば、タッパーに入れ冷蔵庫へ。彼氏や旦那の帰りが急に遅くなることもありますので、食べる時にタッパーから出す。この手順で夕食に使うのがいいですよ

めんつゆ漬け:オクラを冷蔵庫~日持ちの目安、賞味期限は?保管方法にコツはあるの?~

 オクラ

  • 冷蔵保管:日持ち目安:4~5日(推奨:3日)

冷蔵庫で「オクラのめんつゆ漬け」を冷蔵する場合は、4~5日も保管できます。夏場によく作るメニューですので推奨としては、3日以内を目標に!1人分の量は、それほど多くないので食べきれると思います

特に夏は暑く、夕方帰宅してから夕食の準備は「おっくう」になる。そんな方は、タッパーに入れ冷蔵庫で保管するのがあっています

  • 冷蔵保管の長持ちのコツ:タッパー

タッパー

オクラのめんつゆ漬けは冷蔵保管でタッパーなら「3日以内に食べる量」に保管することです。タッパーよりフリーザーバッグの方がより空気に触れないので、そちらの方が安心感は強いですが、作ってしまった「めんつゆ漬け」はあまり冷凍に適していません

めんつゆ漬け:オクラを冷凍保管~日持ちの目安、賞味期限は?冷凍保存のコツは?~

  • 冷凍保存:2週間(不向き)

オクラのめんつゆ漬けを冷凍すると、どう?って話ですが、食品的には2週間保存できるとされますが、食べることを考えると不向き。作った「めんつゆ漬け」を冷凍するよりも、オクラそのものを冷凍する方が賢いです。また、業務用スーパーには「冷凍オクラ」が大量に売ってきますので、そちらを使うのも良いかと思います

  • 冷凍保管のコツ:冷凍オクラを使う

  • 解凍方法:凍ったまま、鍋へ

フリーザーバック

冷凍オクラの解凍は自然解凍と、鍋でぐつぐつ解凍の2種類あります。推奨は、凍ったまま鍋で温める方法です。この方法なら、食べる量を、その時に考え、解凍できますので、時間のない日の時短料理にあっています

しかし、オクラは夏野菜の1種。10~15度以下の環境で低温障害になることもあります。ですので、大量に冷凍もいいですが、今数食べる量を、冷蔵で4~5日と考えて作り置きする方が、ダメになってしまうリスクは少ないですね

  • 自然解凍の場合

冷凍保存するときは「よく空気を抜いて、フリーザーバック」で!空気をちゃんと抜かずに冷凍すると、霜ができたりして解凍するときも大変です。自然解凍後は、どれぐらい大丈夫?と疑問があると思いますが、「常温で自然解凍は、氷が解けてからオクラの常温保管の日持ち」とほぼ一緒。冷蔵庫の場合も冷蔵保管の日持ち期間を参考に

自然解凍の時間の目安は、食材によって溶ける速度がちょっとは違いますが。だいたい「20度の温度で、2時間半で解凍する」ので、夏場以外は3時間内に自然解凍されると思っていいです。それなので、冷凍庫から何時ごろ出したか、思い出して逆算して日持ちの安全性を確認しましょう

腐った「めんつゆ漬け:オクラ」の特徴と見分け方~味・臭い・見た目、よくある食中毒~

  • 腐った時の見分け方:オクラを切る、刺す

  • 腐った味・臭い・見た目:ヌメりがあったらアウト

  • よくある食中毒 :下痢、嘔吐

オクラのめんつゆ漬けが腐った場合です。オクラの種の部分あたりから、汁が垂れていたり、ヌメヌメしていたら腐っています。包丁で切ったり、フォークで刺してみて「汁」が出たら危険だなと思いましょう。

この他にも、異臭(チーズや納豆っぽい臭い)を放つ、酸っぱい臭いや生ごみの臭いがするもの。見た感じ:白っぽいカビ(黒、茶色の場合も有)、表面にぬめりがある。変色した水分が垂れている、ネバネバした糸を引くなど、こういった症状が確認されたら、アウトですので、絶対に食べないように。

いかがでしたか。オクラのめんつゆ漬けは、作り置きすると忙しい働く女子も時短になる。料理も満足といいことばっかりなんですが、日持ち期間を守ることが大切ですよね。放置しちゃったときは、まず食べず、見た目や臭いから判断。ちょっとでも違和感を感じたら、ヤメるのが正解です

スポンサーリンク