さばの味噌煮の下味冷凍レシピ!人気の作り置き+解凍方法・焼き方!

Author
  • 鯖の味噌煮、下味冷凍の人気レシピ!

  • 味付け魚の冷凍保存!作り置きの日持ち、注意点は?

忙しい女性に大助かり、簡単!味付けした状態で冷凍保存、食べる時に解凍して時短料理になる下味冷凍が作り置きで人気です。

下味をつけて夕飯の料理の時間も時短でき、素敵ですよね。鶏肉や豚肉の下味冷凍は定番ですが、「魚:サバ」を使った「さばの味噌煮」も、作り置きで人気急上昇ですから、今回は「さばの味噌煮」の下味冷凍のレシピから食べる時の解凍方法まで詳しく紹介しますね!

さばの味噌煮の下味冷凍レシピ!人気の作り置き方法、解凍方法は、コレ!~時短料理+節約になる!~

  • さばの味噌煮の下味冷凍

  • 漬け込み時間:3~5分

さばの味噌煮の下味冷凍レシピ!人気の作り置き+解凍方法・焼き方はコレ!

  • 材料:サバ(3~4切れ)

  • 材料:長ネギ(食べる時、調理)

  • 【合わせ調味料:タレ】

  • 大さじ1.5:味噌、砂糖、みりん

  • 小さじ1:醤油

  • その他:生姜15g

さばの味噌煮の下味冷凍する時は、下処理をしたサバに「合わせ調味料:味噌、砂糖、みりん、醤油+生姜」と一緒にジップロック(保存袋、ポリ袋:100均でも売ってます!)に入れ、5分ほど漬け込みます。基本の作り方はコレでOK、後は、漬け込み後に冷凍するだけ。さばの味噌煮が食べたい時に解凍して食べるという感じです

  • 鯖の臭みを取る方法は?

さばの切り身

魚は鮮度が命。買ってきたらすぐ冷凍が基本です

鯖の臭みを抑えるポイントは1つ目に「鮮度」、次に「あら、エラ、内臓を取り除く」、3つ目に「ドリップをふき取る」のが王道なやり方です。鮮度やアラなどの事は、切り身で買った時はどうしようもない事がありますが「キッチンペーパーでドリップを取る」といったこの方法が一番、臭みを抑えやすいです

  • 鯖に味が染み込む方法は?

  • さばの皮目に十字の切り目を入れる

味がよくサバに染み込むポイントは、サバの皮目に「十字の切り込み」をいれることです。こうすることで、合わせ調味料(タレ)が身まで沁み込みやすくなります

下味冷凍の解凍方法:事前解凍は冷蔵庫で行う

  • さばの味噌煮の解凍方法①:冷蔵庫で自然解凍

  • 解凍時間:冷蔵庫で6~8時間

  • ⇒ ペーパータオルで表面を軽くふきとる

常温でも解凍できますが、常温の自然解凍は目の届く範囲に、家にいるときだけの方法です。

常温よりも冷蔵庫なら3~5度と傷みにくい温度ですから、冷蔵庫で自然解凍がおすすめ。6~8時間で下味冷凍も解凍できますので、朝、冷蔵庫にうつして夕方に調理する方が適していますね

下味冷凍は電子レンジの解凍モードを使う

  • さばの味噌煮の解凍方法②:電子レンジの解凍モード

  • ⇒ ペーパータオルで表面を軽くふきとる

冷蔵庫で自然解凍しても、カチンコチンだったときは様子をみながら、電子レンジの解凍モードを活用します

電子レンジを使うとドリップが出やすいので、先に表面を軽くペーパータオルやキッチンペーパーでふき取っておくのも臭みを防止するポイントになります

さばの味噌煮の下味冷凍:冷凍保存の期間は?~賞味期限と日持ちする日数~

 下味冷凍の保存期間と保管方法

  • さばの味噌煮の冷凍保存:3週間~1か月の日持ち

  • 保存方法:ジップロック(保存袋)

  • ポイント:空気をよく抜き、密封する

さばの味噌煮の下味冷凍は3週間~4週間の日持ち、1か月を目途に食べきるのがベストです。冷凍した魚は、かさばりやすいので「出来るだけ、個別」に、保存袋は空気をよく抜き密封します

空気が多くはいっていると霜や冷凍焼けの原因にもなるので、ココはしっかりとやりましょう!

さて、さばの味噌煮の下味冷凍からレシピのコツ、保存方法まで解説しました。お安い時に大量に鯖を買って、そのまま冷凍となると2週間ほどの日持ちですが、味付けしたした味冷凍なら1か月ほど、食べる期間があります。この方法なら節約+時短料理になるので、大助かりですよね

さばの味噌煮の献立例:副菜、汁物とスープの付け合わせ

美味しいさばの味噌煮を食卓に、いつでも食べられるなら。次に、献立にバリエーションがあるといいですよね。コチラで下味冷凍に合う副菜、汁物(スープ)、他のおかずを紹介していますので参考にしてもらえると嬉しいです

献立例:鯖の味噌煮の付け合わせ、おかず&献立~コレだ!鯖の味噌煮に合う人気・定番・簡単な副菜

スポンサーリンク