やみつききゅうりの日持ち・賞味期限は?冷蔵庫・冷凍の長期保存の方法

Author
  • 長期保存する為には、どうしたらいい?

  • やみつきキュウリの作り方、簡単レシピ付きで解説!!

居酒屋で人気のサイドメニュー、おつまみになる「やみつきキュウリ」を手作りしたい。保管方法はどうすべき?というお話です。

簡単に出来る作り方から保管のコツまで紹介します!ここでは、やみつききキュウリの日持ち・賞味期限について徹底解説!材料の「きゅうり」の日持ちと保存方法までしっかり説明しますね

やみつききゅうりの人気レシピ、簡単な作り方~作り置き用のきゅうりの漬物~

  • やみつききゅうりのレシピ

やみつききゅうりの日持ち・賞味期限は?常温・冷蔵庫・冷凍の長期保存の方法

  • 材料:きゅうり1本

  • 小さじ1:ごま油

  • 小さじ1:鶏ガラスープの素

  • 漬け込み時間:30分後から食べられる

ステップ1:キュウリを適度な大きさにカットする(一口大でも可)

ステップ2:ジップロックに、材料を入れて軽く揉む

ステップ3:30分まで、冷蔵庫で漬け込む

この3つのステップで「やみつききゅうり」が完成です。作ってすぐ30分で食べるのもありですが、漬け込み時間は12時間ぐらいすると味がしっかりします。このあたりの味の好みがありますので、お好みで!

やみつききゅうりの常温保管の場合~常温放置してしまった時、作ってからの日持ちは?~

  • やみつききゅうりの常温保管:NG

  • 作ってから「ラップ:有、3、4時間」まで

  • 常温より冷蔵:きゅうりの保管温度は、10~15度

キュウリは、初夏の頃から秋頃に作り置きする事が多いかと思います

常温保管は基本NGです。3~4時間も放置したら「きゅうりの食感」はなくなってしまいますし、夏の暑い日は、1時間ぐらいまで。日の当たる場所や高温の日は、空気に触れた状態で菌は1時間以上すると繁殖しはじめます

キュウリは保管に合っている温度が「10~15度」と冷蔵庫でも少し高い温度が適温です。しかし、冷蔵庫の5~8度前後は低温障害になる可能性も低いので、常温より明らかに冷蔵向きです

やみつききゅうりを冷蔵保管する場合~日持ちの目安、賞味期限は?~

  • やみつききゅうりの冷蔵保管:3~4日

やみつききゅうりを冷蔵庫で保管する場合、目安は「3~4日」と十分な日数です。月曜日の夜に、作ったら。その週のうちに食べるという感じで作り置きできますね。

  • 冷蔵保管「春:3~4日」

  • 冷蔵保管「夏:3日以内」

  • 冷蔵保管「秋:3~4日」

  • 冷蔵保管「冬:4日」

季節によって大きくは変化しませんが、家庭の冷蔵庫は業務用ほど性能はよくありません。冷蔵庫といえどもドアの開け閉めの頻度が高い方は、もう少し短めを目安に。家庭用の冷蔵庫はドアを開けっぱなしにしていたなど、温度変化が起きる環境では日持ち期間も短くなります

  • 冷蔵保管の長持ちのコツ:タッパー、フリーザーバック

作り置きの保存容器(タッパー、ジップロック):常温・冷蔵庫・冷凍保存の方法

冷蔵保管のコツはタッパーやフリーザーバック、ジップロックに「1食分ごとに保管すること」です。タッパーよりフリーザーバッグ、ジップロックの方がより空気に触れない(開け閉めの頻度が少ない)のですし、作る時に保存袋で「もみもみする」なら、袋のそちらの方が良いかと思います

また、1人暮らしの男性用に作ると、なぜか、タッパーのまま食べてしまう人がいます。

タッパーの場合は、食卓にタッパーを並べるのはNG。彼氏さん向けに作り置きするときは食べる量のみ、お皿に取り分けてといった工夫がいる事を伝えましょう

やみつききゅうりの冷凍保管する場合~日持ちの目安、賞味期限は?~

  • 冷凍保存:不向き(食品としては2週間)

キュウリそのものを冷凍することは可能です。しかし、作ってしまったとなると、味の劣化が少しあります

冷凍しても食べられない訳ではありませんが「カット済みのキュウリの冷凍は、水分をよく切ること」が重要なポイントですから、

残念ながら冷凍は不向きで、キュウリの食感が損なわれてしまいます。

保存容器や保存袋を使った作り置きなら、冷蔵3~4日も日持ちしますので、その方法の方が向いています

キュウリの保存法と腐った特徴、見分け方は?~味・臭い・見た目、よくある食中毒~

カットきゅうり

  • きゅうりの常温の日持ちは?

  • きゅうりの保管温度:10~15度

キュウリは栽培に適した温度が18~25度。この温度で良く育ちます。収穫後は、10~15度の温度が保管に合っていますので「常温は不向き」な野菜です

キュウリをカットする前であれば、日の当たらない、涼しい場所で1~2日は問題ないとされますが、キュウリは夏場に多く使う食材です。冷蔵庫、野菜室で保管しましょう

  • 1本の場合:冷蔵:4~5日、冷凍:2~3週間

  • カットした場合:冷蔵:2~3日、冷凍:2週間(塩もみ必須)

キュウリは、まるごと1本なら、冷蔵庫・野菜室で4~5日、輪切り等のカットで1~2日です。キュウリは95%以上が水分の野菜ですので、新鮮さが大事。使い切れる量をカットする調理方法があっています

2、3日以内に使う予定がないなら、冷凍です。冷凍すると、キュウリは長持ちします。冷凍保存するときは、まるごと1本も、カット済も「ラップ+フリーザーバック」を使えば、2週間ほど日持ちします。ただし、カットした輪切りのキュウリを冷凍する場合は、ラップに包む前に「塩もみ」が必須。塩もみ後に、よく水分を絞ってから冷凍させます(輪切りの方が難易度が上がりますので、1本丸ごと冷凍推奨です)

  • 腐った時の見分け方:水分を失う→表面に白濁の液体

  • 腐った味・臭い・見た目:白カビ

  • よくある食中毒 :下痢、嘔吐

キュウリは腐ると、水分を失い「しなしな」になります。その後、キュウリの表面に「白い液体」や「カビ」、ヘタの部分は茶色っぴくなります。こうなってしまうと、食べられません

他にも、異臭(生ごみの臭い)がしたり、見た目に白っぽいカビ(黒、茶色の場合も有)、表面にぬめりがある。変色して水分が垂れている、ネバネバした糸を引くなど、こういった症状が確認されたら、腐っていますので絶対に食べないようにしましょう

スポンサーリンク