ほうれん草の胡麻和えの作り方+黄金比率の人気レシピ!作り置き冷蔵・冷凍保存

Author

 ほうれん草の胡麻和えの常温・冷蔵庫保管、冷凍保存の作り置きの目安は?

  • 人気のほうれん草の胡麻和えの黄金比の味付けレシピ!

  • 作り置き可!常温・冷蔵庫、冷凍保存の日持ち目安!

和食から洋食のワンポイントになるおかずの、ほうれん草の胡麻和えを作り置きする方法です。今回、作るレシピは「黄金比率の合わせ調味料の味」と「めんつゆ」で作る時の2つです!どちらも美味しく食べられますので、是非!作り置きを!

しかし、作り置きできるといっても、ほうれん草の胡麻和えは、小学校や幼稚園、老人施設の給食などで年に何件か食通毒のニュースを聞きます。作り置きの時はどう保管するべきか、常温放置しちゃったときの注意点。冷蔵庫・冷凍保存の方法と、手作りの日持ち期間+賞味期限・消費期限の期間までしっかり解説しますね

ほうれん草の胡麻和え(ごま和え)~黄金比レシピの作り置きレシピ、冷蔵庫の常備菜から作る~

  • 黄金比の味付け!人気の胡麻和えレシピ

ほうれん草の胡麻和えの作り方+黄金比率の人気レシピ!作り置きの冷蔵・冷凍保存の日持ち

  • 材料:ほうれん草:1束

  • 大さじ1:砂糖

  • 大さじ1:醤油

  • 大さじ2:すりごま

ステップ1:ほうれん草を3cm程にカット→茹でる

ステップ2:調味料と合わせる

ステップ3:すりゴマをふる

この3つのステップでほうれん草の胡麻和えは出来上がりです。ほうれん草を電子レンジで加熱して作る時は「電子レンジで加熱:1分30秒~2分」です。作り置きの時は、あら熱をとって冷めたら、タッパーに保管します

ほうれん草の胡麻和えの定番の黄金比率のレシピなら醤油、砂糖をこの割合でOK。麺つゆで胡麻和えを作る時は「めんつゆ:大さじ3、砂糖:大さじ1」の割合がぴったりです!

ほうれん草の胡麻和えの常温保管~作ってからの賞味期限の目安、注意点は?~

  • 胡麻和えの常温保管は?

  • 常温保管:基本NG、ラップ保管は必須

  • 保管温度の目安:20度以下、3~4時間

  • 胡麻和えは10度前後が保管に適している

胡麻和えの材料のほうれん草は、冬野菜であり、保管の適正温度は0~5度の野菜です。根本的に長く常温に置くのはおすすめできない野菜ですので、作り置きした時も常温はNGで保管方法は、冷蔵庫、もしくは冷凍保存です

  • 胡麻和えの食通毒の事例は?

  • NG:常温放置、ほうれん草から水分が出ている

胡麻和えは、飲食店やご家庭よりも給食やまとまって大量に作る施設で食中毒が起きる事例が多いです。

メニューが多く、冷蔵保管するスペースの問題かと思われますが、事例を見る限り「常温で作ってから時間が経過した」「暑い日、6月の後半から7月に多く発生」と温度や気温も関係しています

常温で誤って放置してしまった時は「見分けが難しいですが、ほうれん草から水分が多く」でていないか、ムシムシするようなニオイがしないかとしっかりチェックした方が良いです

胡麻和えの1つの目安になりますが、部屋の温度が20度を超えるような場合は、1時間以上の放置は厳禁。食中毒の原因となる菌は、温度が高いほど、活発的に活動します。12度から繁殖をする菌もいますので、胡麻和えは10度前後の温度が適していると考えられます

ほうれん草の胡麻和えを冷蔵庫で作り置き保管~冷蔵できる日持ち期間と保存方法は?~

ほうれん草の胡麻和えの冷蔵庫の保管:密封+タッパー容器

  • ほうれん草の胡麻和えは冷蔵できる?

  • 冷蔵保管:日持ち目安:2~3日

  • 冷蔵保管の方法:タッパー、保存容器

  • 密封が重要:タッパーをラップで包むのがベスト!

ほうれん草の胡麻和えの冷蔵保管の方法です。完全密封できるタイプのタッパーであれば、大丈夫と思ってよいですが「タッパー+タッパーをラップで包む」と2重にして完全防御!するのが、おすすめです

空気に触れることで冷蔵でも傷みは進みますし、何より胡麻和えは腐った時の見分けがつきにくいのが課題です。なるべく、傷まないようにする工夫は必要。しっかりと密封できた保存方法なら、冷蔵庫で2~3日保管でき、夏は2日以内、夏以外は3日を目安に食べきりましょう!

ほうれん草の胡麻和え冷凍室で作り置き保管~冷凍できる日持ち期間と保存方法は?~

  • ほうれん草の胡麻和えは冷凍できる?

  • 冷凍保存:1か月

  • 冷凍焼け対策:2週間が推奨 

  • 保存方法:ラップ+保冷袋へ

ほうれん草の胡麻和えは冷凍保存できます。ジップロックなどチャック付きの保存袋へ入れ冷凍します。あら熱が冷めてから「金属トレイ+急速冷凍」してから保存すると、味や品質が作った時に近い状態で保存できます

ほうれん草の胡麻和えのお弁当用の保管:おかずカップで冷凍

  • ほうれん草の胡麻和え→お弁当に

  • おかずカップで保存すると便利

また、ほうれん草の胡麻和えは冷凍した状態を、そのままお弁当に使う事も可です。お弁当には念のため、保冷剤を!おおよそですが3時間~4時間で溶け、お昼のお弁当で食べることができます。お弁当は、車の中に忘れてしまうと夏は、保冷剤があっても傷むので、ココも保管の注意点です!

冷凍ほうれん草から胡麻和えを作る人気レシピ

食品的には、冷凍1か月が可能ですが、冷凍焼けする事もあるので2週間が保存の目安。もしも、確実に1ケ月冷凍したいのなら「冷凍ほうれん草→解凍→紹介したレシピ」で時短料理として作る方が、ほうれん草の保存期間自体は長いです

さて、ほうれん草の胡麻和えの人気レシピから作り置きの保存方法・期間の目安を紹介しました。作ってから冷蔵なら3日以内、冷凍は2週間が推奨で、長くほうれん草を保存したいのなら冷凍→時短料理で作る方法が、ほうれん草の胡麻和えにあった食べ方かと思います!

スポンサーリンク