【壁/床/机/畳】クレヨン汚れの落とし方、子供の落書きの消し方~クレヨンの汚れを取る方法~

Author

クレヨンの汚れを取る方法、子供がクレヨンで汚した壁、床、机、畳など。お絵描きではみ出してしまったクレヨンの汚れを落とすコツ、落書きの消し方の掃除方法はどうしたらキレイになるか。クレヨンの汚れは焦らずに対処、キレイに掃除して元通りにするクリーニング方法を解説しています

クレヨンの汚れの落とし方、キレイに取る方法~子供がやってしまった落書きの消し方~

  クレヨンの汚れを落とす方法

  • クレヨンで汚した子供を怒らない

  • 汚れでしまった箇所は、キレイに掃除するしかない

子供がお絵描きで使うクレヨン。はみ出してクレヨンが・・・壁や床、机に汚れがついてしまった時にキレイに掃除しクレヨンを取る方法です。クレヨンの汚れは、水で拭くと汚れが広がって、逆に汚れてしまう事がよくあります。どうしたら、クレヨン汚れをしっかりとキレイに落とすことができるのでしょうか。簡単に、自宅にある掃除道具を使ってキレイにする方法を解説しますね

  • 汚れてしまった場合「まず、怒らない。絵は大きく、自由に紙をはみ出すぐらいがちょうどよい」

まずはじめに、クレヨン汚れの掃除の仕方よりも大切な事。それは、汚してしまった子供を怒らないようにしましょう。絵を描く基本として、絵は大きく、紙をはみ出しても良いから自由に描かせる。絵の上達や想像力は、枠にあてはめない事が重要です。クレヨンで机を汚してしまったら、掃除がめんどうですが、まず怒らないようにしましょう。掃除は大人の仕事です。その点は、イライラしても許してあげましょう

クレヨン汚れの落とし方、子供の落書きの消し方~壁、床、机の場合~

  • 「クレヨンの汚れは油性の汚れ、水拭きではキレイにならない」

大掃除

クレヨンの汚れについてです。クレヨンの汚れは、油性の汚れで水拭きではキレイになりません。キレイにするには、ちょっとした掃除道具を使ってキレイにすると良いです。ここでは、壁、床、机の汚れの取り方について紹介します

  • 「壁、床、机の汚れは、クレンジングオイル。除光液を使うと簡単に取れる」

油性の汚れを落とすクレンジング

家庭にあるもので簡単にクレヨンの汚れを落とす方法は、クレンジングオイルやマニキュアの除光液を使う事です。なぜ、クレンジグでクレヨンの汚れが落ちるの?と思う方がいると思います。クレンジングは、石油製品でできる化粧品の汚れを落とすことができるものですよね?同じ理屈で、油分を多く含むクレヨンもクレンジグでキレイに取り除くことができるのです

  • 「臭いが気になるけど、牛乳を使うのもあり」

牛乳

クレンジングは、結構良いものを使っている。掃除道具として使うのは、もったいないと思う方は、牛乳で掃除する方法もあります。水と油は本来、混ざり合わないもの。牛乳に含まれる成分は、乳脂肪と水をつなぎ合わせる働きがあります。そのため、クレヨンの油分を牛乳が取り込む性質があるのです。クレンジングを使うのは、もったいない。クレンジングがない場合は、牛乳で代用しましょう

  • 抜本的な解決策「水で簡単に掃除可能なクレヨンがある」

クレヨン

クレヨンの汚れは、水拭きではキレイになりません。そのため、水で掃除できるクレヨンも企業努力によって開発され、少しお値段はしますが購入することができます。だんだんと値段も下がっていくと思いますが、掃除の事まで考えると、はじめから水で汚れを落とせるクレヨンを使うのがベストな選択肢かもしれません

畳についたクレヨンの汚れの落とし方~傷つけたくない畳の掃除の仕方~

  • 「畳についたクレヨンの汚れは、歯ブラシと歯磨き粉で掃除する」

歯ブラシ

畳にクレヨンの汚れがある場合の掃除の仕方です。掃除のポイントはいくつかありますが、基本的に「歯ブラシ」と「歯磨き粉」でキレイにすることができます

  • クレヨンの取り方「畳の目にそって、歯磨き粉で軽くこする」

  • クレヨンの取り方「最後に、乾いた歯ブラシで軽く磨く」

クレヨンと畳の汚れ

畳についたクレヨンの取り方のポイントは、歯ブラシを2本用意する事。1本目は、水と歯磨き粉で汚れを、畳の目にそって掃除します。これで、十分キレイになるのですが、畳の目の間に、クレヨンの汚れが詰まります。詰まってしまったクレヨン汚れを、タオル等でまずは、拭く。汚れが少し乾いてきたら、2本目の歯ブラシで目に沿って軽く磨くと汚れが取れます

最近では、畳の部屋は少なくなりましたが、実家に遊びに行ったときに子供が汚してしまった等。畳を子供が汚してしまう事は、よくあります。壁、床、机、畳の4つの箇所の掃除方法を知っていたら、ほとんどのクレヨン汚れは対処できるかと思います

スポンサーリンク


▼関連するライフハック