ペンギンって何類?哺乳類じゃなくて鳥類の特徴!羽はもはや泳ぐヒレ!

Author

ペンギンって何類?哺乳類じゃなくて鳥類の特徴!羽はもはや泳ぐヒレ!

  • ペンギンって水族館・動物園にいるけど何類?

  • ペンギンは哺乳類ではなく鳥類の脊椎動物!

子供にペンギンって何の動物の仲間なの?と聞かれると、一瞬、迷いますよね^^

ペンギンは水族館にいるから魚類にも思えますし、二足歩行する動物ですから哺乳類と思いがち。しかし、ペンギンは魚類や哺乳類ではなく「鳥類」であり、鳥の仲間です。子供よりも逆に、大人の方が間違いやすいです

手をパタパタさせてるけど、空は飛べないのに鳥類ってちょっと面白いお話ですよね!

今回は、ペンギンがなぜ鳥類なのか、ペンギンの生態系と進化の仮説+水族館・動物園に遊びにいった時に使える「ペンギンの面白い豆知識」まで、がっつり紹介します!

ペンギンが鳥類である理由:卵で生まれる

  • ペンギンは哺乳類じゃない!

  • 哺乳類=お乳で子育てする動物

  • →ペンギンは卵で生まれる!

ペンギンは鳥類ですが、では、なぜ、ペンギンって哺乳類じゃないのでしょうか

大前提として、哺乳類とは『お乳で子育てする』+『肺呼吸をする』+『皮膚に毛がある』とこの3つを満たす条件の動物のことです。

ペンギンの赤ちゃんは、卵で生まれ母乳で育たず、母親ペンギンが「食べた魚→胃の中で軽く消化→口から出して食べさせる」と『食べやすくした魚』をメインにしています。

  • オスのペンギンが立ったまま卵を温める

  • →世界一、過酷な子育てと呼ばれるている

ペンギンは立ったまま卵を温める

ペンギンは卵で生まれますが、母親のお腹で温めるわけではないです

なんとペンギンは巣を作らない動物で、家がありません。そのため、

たとえば、ペンギンの代名詞。皇帝ペンギンなら「オスの足の上(※赤〇の場所)」に卵をのせて「約60日間」もずっと立ったまま、極寒の地で卵を温めます

その間は、オスは餌を食べず絶食状態。しかも、ペンギンの住処はほとんどが南極大陸(子育て中は別の場所)であり極寒の寒さの中を、ご飯なしで2カ月もたちっぱなし。これが「ペンギンは世界一過酷な子育てをする」と言われる理由です

ペンギンが空を飛べない理由:泳ぐため、外敵の少ない水の中で暮らすようになった

  • ペンギンは泳ぐけど飛べないのなぜ?

  • →昔は飛べたのが有力説だけど

  • →羽は泳ぐために進化した

  • →ペンギンの羽はもはや、ヒレ

ペンギンだけではありませんが、鳥類の生き物は、なんらかの理由により『羽を使わなくなった』=空を飛べなくなった鳥類が意外とたくさんいます。たとえば、ニワトリやダチョウなどです^^

ペンギンの骨格から「昔はペンギンは空を飛んでいた可能性:大」と考えられていますが

ペンギンの場合は『ほぼ南半球に住む=南半球は海ばかり』とペンギンの餌、ご飯は陸の上に少なく「①魚が豊富にある海で泳げるようになった」+「②陸に比べて海の中の方が少なかった」と2つの理由から、ペンギンは空を飛べなくなってしまったとされています

  • 忘れないように覚える方法は?

  • ペンギンを漢字で書くと「人鳥」

ペンギンは空を飛べないから鳥類と思えなく、ペンギンって何類?と哺乳類?魚類?鳥類?と忘れてしまう事ありますよね

ちょっと簡単な覚え方ですが、ペンギンは漢字で「人鳥」と書きます

要するに「人みたいな鳥」と、これで覚えると忘れにくくなると思います!人間の仲間っぽいけど、鳥だよと子供に教えてもいいかもしれませんね

スポンサーリンク