企業のシルバーウィーク休暇期間!2022年の会社のSWはいつからいつまで?

Author

会社のサラリーマンと郵便局・公務員・銀行員のシルバーウィーク期間はいつからいつまで?

  • 9月の有休取得は16日と22日がおすすめ!

  • 今年はシルバーウィークがない!3連休が2回!

今年のシルバーウィークはいつから?と思った方に悲報です。2022年の今年は、残念ながら9月にシルバーウィーク期間にお休みが重なりません。9月の第三月曜日の19日が敬老の日、9月23日が春分の日で祝日ですが、上のカレンダーを見ればわかるとおり「3日間出社」する期間があり「今年のシルバーウィークは3連休×2セットのお休み」で、2週連続の3連休という具合です

企業のシルバーウィーク休暇期間!2022年の会社のSWはいつからいつまで?

  • 2022年のシルバーウィークは?

  • 3連休の2セット:もはや有休とるしかない

3連休と3連休の間に出社がるのは、一般企業だけでなく、カレンダー通りのお休みの「郵便局や銀行の窓口」「市役所など公務員の方」もお休みです。今年は、一律で週休2日(土日+祝日休み)で働く方は、全員、シルバーシークはなしです

しかし、会社には有休がありますよね。シルバーシークがないなら、無理やり作ればいい!という強引な発想をすると、休むべき日。有休をとるべき日はココです

2022年9月のシルバーウィークに有休をとるべき日は?

  • 2022年のシルバーウィークはいつから?

  • 有休を使う事で4連休を実現!

  • 9月16日(金)から9月29日(月)

  • 9月22日(木)から9月25日(日)

今年はSWがありませんが、有休所得で4連休を作る事が可能です。9月16日を有休にするなら「9月16日(金)から9月29日(月)」、9月22日が有休なら「9月22日(木)から9月25日(日)」が自分予定でシルバーウィークになります

秋の行楽シーズンは3連休となると初日が混雑しますので、お出かけや旅行を計画している方は「混雑防止に、3連休の前日に有休消化」をするのが、おすすめです

2022年のシルバーウィークは最大9連休

  • 番外編:超大型連休にするには?

  • 2022年のシルバーウィークは最大9連休!

有休の大量消化が必須案件ですが、9月20日~22日の3日間を有休取得することで最大9連休のシルバーウィークになります。ちょっと、コレは現実的ではないなと思いますが、もしこれだけの休みがゲットできたら「みんな出社日=混雑しない日」となりますので、かなり有意義な連休になると思います

実現可能な方のみ、チャレンジの方法ですね。普通に会社に申請して、OKが出やすいのは最初に紹介した「9月16日」もしくは「9月22日(木)」のどちらかですので、ココをうまい具合に有休消化しましょう

スポンサーリンク