【豚汁の常温&冷蔵庫の日持ち期間の目安】余った豚汁の常温保管&冷蔵庫保管の日持ち期限「日持ちする冬と賞味期限の短い夏場、春&秋の豚汁の日持ち日数」

Author

豚汁の日持ちは常温、冷蔵庫で何日持つの?常温保管の豚汁の日持ち目安は、「春:1~2日。夏場:1日(当日)。秋:1~2日。冬場で3日程度」が日持ち期間、日数です。冷蔵庫で豚汁を保管する場合は、春:5日以内。夏場:2,3日。秋:3~4日以内。冬場で5日以内程度の賞味期限です。豚汁の賞味期限や腐ってるのか知りたい!腐った時の見分け方、どんな味がしたらヤバいの?余った豚汁の常温保管と、冷蔵庫、冷凍期間を解説しています

豚汁の常温&冷蔵庫の日持ち期間の目安を春夏秋冬の季節ごとに解説!!

豚汁の常温&冷蔵庫の日持ち期間の目安

  • 豚汁を大量に作りすぎてしまった!

  • 余ってしまった豚汁は何日程度、大丈夫?

ご飯も進む豚汁は、たくさん作って次の日にも食べたいですよね。だいたいお話を聞く限り、どの家庭でも翌日には豚汁は残っていないほど人気の汁物ですが、作る機会も多く、余ってしまって困った経験がある方もいます。冬なら、常温で保管していても、翌日なら問題ないですが、季節が違うと昨日の豚汁食べて大丈夫なの?3日目だけど、かなり不安っと「豚汁が日持ちする期間、日数」が気になります。そこで、今回は、一般的にどのぐらい豚汁が日持ちするのかを常温保管する場合と、冷蔵庫で保管する場合の日持ち期間の目安を紹介しています。この豚汁腐っていないか?など、時間が経過して「腐ってしまった豚汁」の特徴を臭いや味も一緒に紹介しています

常温保管の豚汁~季節ごとに、何日ほど日持ちするの?~

  • 春の豚汁「常温保管:1~2日」

  • 夏の豚汁「常温保管:1日(当日)=NG」

  • 秋の豚汁「常温保管:1~2日」

  • 冬の豚汁「常温保管:3日程度(以内を推奨)」

豚汁の季節ごとの日持ち期間です。常温で保管する場合、豚汁を作ってから、春なら5日以内。夏場で2,3日。秋は3~4日以内。冬場で5日以内程度の賞味期限です。常温での保管は、「次の日の朝に食べるかも」、「お昼のお弁当に持っていくつもり」、「明日の夜に余った豚汁を食べよう」と早めに食べてしまうことを考えている方の保管方法です。注意点は、夏場は腐りやすいので常温での保管はNG。作った当日に食べなければなりません。春と秋の季節も常温での日持ち期間は、1~2日と短いので、冬以外は常温保管は避けるべきです

冷蔵庫保管の豚汁~季節ごとに、何日ほど日持ちするの?~

冷蔵庫

  • 春の豚汁「冷蔵庫保管:5日以内」

  • 夏の豚汁「冷蔵庫保管:2,3日」

  • 秋の豚汁「冷蔵庫保管:3~4日以内」

  • 冬の豚汁「冷蔵庫保管:5日以内」

昔は、おでんや煮物などよく常温でそのまま保管!なんてこともありましたが、今では、みなさんちゃんと保管する方が増え、昔よりもしっかりしています。夏場の豚汁は、2,3日大丈夫とはいえ、十分な注意が必要です。豚汁の日持ち期間は、大方、このような感じです。むしろ、日数よりも大事なことは「変な臭い」や「なんか変だな?」と思う事があれば、食べるのはやめましょう

腐った豚汁は、どんな味や臭いがする?~豚汁の日持ちと賞味期限~

汗の臭い原因、夏、冬の臭いくない汗をかく方法!ワキガと汗の匂いを消す!汗をかいても臭くない方法

見てすぐわかる腐った豚汁は、ぬるぬるしている。ねばっとした糸を引くタイプ。もう見てすぐ、これは腐っていかも?と思うものは、食べるのをやめましょう。汁や豚肉に、カビが生えてしまっているのも、もちろん腐っています

  • 腐った豚汁の臭い「臭いは冷めていると分かりにくい。温めると、酸っぱい臭いがする」

日持ちを過ぎて、腐ってしまった豚汁の見分け方の1つが、臭いです。保管した豚汁は冷めていて、臭いがあまりわかりません。温める為に、火を入れた時に「酸っぱい臭い」や「チーズっぽい臭い」がしたら腐っています。冷たい豚汁だと臭いが分かりにくいので、大丈夫っと思ってしまいがち。この点が臭いだけでは、判断が難しい所です

  • 腐った豚汁の味「酸っぱいトマト、納豆のような味」

腐った豚汁は、酸味のある味がします。酸っぱいトマト、納豆のような味や感触がしたら、腐っています。ちょっとでも、そう感じたら、飲み込まないように。味噌汁系の料理は、翌日食べればいいか!っと思って、放置しがち。翌朝に食べないのなら、最低でも、冷蔵庫に保管しましょう

  • 豚汁の注意点「作った日の翌日以外は、食べない(夏場は、当日のみ)」

共通の趣味の料理

腐った豚汁を食べないようにする、1つのポイントは、作った日の翌日以外は食べない!このルールで良いかと思います。ただし、夏場だけは、常温保管なら作った当日のみっと覚えておくと、腐った豚汁を間違って食べてしまうリスクも減りますね

スポンサーリンク


▼関連するライフハック