チーズオムレツの冷凍保存の方法と期間!常温・冷蔵庫の日持ちする賞味期限は?

Author

 チーズオムレツの常温・冷蔵庫保管・冷凍保存の日持ちと保存方法を解説!

  • チーズオムレツはお弁当用に冷蔵保管・冷凍保存できる?

  • 残ったチーズオムレツの保存方法と賞味期限・消費期限切れは?

卵を使っている料理は保存方法と日持ち期間が心配です。チーズが入っているオムレツが余った時はどうするべき?チーズは冷蔵・冷凍できるので、なんとかならないの?という時の保管の目安いです。チーズオムレツの保存は正しく保管することと、レシピ・作り方の工夫次第では冷蔵・冷凍ができます。

チーズオムレツを作りすぎて残ってしまったら時は、チーズオムレツの常温放置の時間や冷蔵庫保管、冷凍保存について詳しく解説しています!

  • 納豆チーズオムレツは断念して!

  • 納豆チーズオムレツは当日中

納豆チーズオムレツ:常温・冷蔵庫保管・冷凍保存の日持ち

チーズ+納豆のオムレツは美味しいですよね。しかし、納豆ありのオムレツの冷蔵庫保管、冷凍保存は断念した方が良いです。このメニューはどんなに好きでも作り置きはNG。その日にアツアツ、出来たてを食べる料理と考えましょう!

チーズオムレツを常温で放置してしまった!~作ってからの賞味期限・消費期限切れは?~

チーズオムレツの冷凍保存の方法と期間!常温・冷蔵庫の日持ちする賞味期限は? 

  • チーズオムレツの常温保管:基本NG

  • 作ってから:夏2時間、冬:約5時間

調理済み、加熱してあるとはいえ、チーズオムレツは常温保管はむいていません。夏など暑い日は作ってから2時間以内が目安で、冬場で約5時間以内が食べられる時間と考えましょう

卵はたんぱく質が多く、加熱するとサルモネラ以外の菌の餌になります。常温はかなり危険。チーズオムレツを焼いてからラップ無しで空気に触れる状態ですと1時間程度から菌がわきます。安全に卵を食べることを考えたら、ラップをして2時間ぐらいが目途です

お弁当のチーズオムレツの保存方法

  • お弁当のチーズオムレツは?

  • ポイント①:レシピの牛乳を少なめにする!

  • ポイント②:しっかりと火を通す

  • ポイント③:後乗せの方が安心

  • 保管の理想的な温度:10度前後

  • 食べる時は加熱必須

チーズオムレツをお弁当用に作る時は「傷みやすい乳製品を少な目で作る必要」があります。たとえば、卵をふあふわにするための「牛乳」は少なめで作るのが王道なやり方です

乳製品は菌が繁殖しやすいので「よく火を通す」ことも重要。チーズオムレツの場合は、チーズは後乗せの方がよく「会社の冷蔵庫にチーズ置き引きがOK」なら、食べる時にあとからチーズをのせ、電子レンジで加熱する方が望ましいです

お弁当にチーズオムレツをおかずにするときは、温度が大きく関係します。菌の増殖を防ぐために、保冷剤は必須です。保存に適した温度は、菌が繁殖しにくい10度以下が望ましく、20度以上温度に置くのは良くないです

チーズオムレツは、保冷剤があってもお弁当を夏の車の車内に置きっぱなしにした時などは食べるのはNGです。保冷剤は1つで2時間程度、温度を保ってくれますが、13:00頃までとした方が良いです

チーズオムレツを冷蔵庫で保管できる?~冷蔵保管の目安~

  • チーズオムレツの冷蔵保管は?

  • 冷蔵保管:1日(翌日のお昼まで)

  • 夏は当日中が基本!

チーズオムレツの冷蔵保管の日持ちは「1日以内(翌日のお昼まで)」、夏は冷蔵庫の中でも当日中です。

出汁巻き玉子のように濃い味付けが可能であれば、調味料の防腐効果で3日ほど卵料理は冷蔵庫でOKとされますが、チーズオムレツは作ってから翌日のお昼までが冷蔵保管の目安です

冷蔵庫で保管する時は「温度が冷めるまで待つ」といったあら熱をとる事が必要です。理由は、熱いままの状態は「水滴」が発生し、保存容器内で傷みやすくなります。あら熱をしっかりととるのが、チーズオムレツの冷蔵保管のコツです

  • チーズオムレツが半熟の場合:2時間

  • →食べる時に、再加熱が必要

しっかり焼いたチーズオムレツは、冷蔵庫で翌日まで一様、保管ができます。しかし、半熟で作ったチーズオムレツは「冷蔵庫:2時間以内」とかなり短い時間しか保管できません。また、食べる時は再加熱(フライパンで再度焼く)する必要があるので「半熟卵の作り置きや保管=結局、しっかり焼いたチーズオムレツ」として食べることになります

チーズオムレツは冷凍保存できる?

  • チーズオムレツの冷凍保存:2週間

  • 冷凍中も傷みやすいのが調理済の卵の特徴!

オムレツは、チーズ入りでもOK。チーズオムレツは冷凍保管ができます。目玉焼きのように黄卵と白身を混ぜていない卵料理は冷凍不可。冷凍すると白身の食感がおかしく食べられないですが、チーズオムレツは溶き卵として混ぜて作っていますから冷凍は可能です

しかし、焼いた卵は冷凍の過程で傷みやすい特徴があるので冷凍保存するとしても2週間が目安。出来れば、2週間よりも早く消費するのがおすすめです

  • 冷凍するとボソボソする!どうしたら?

  • 味付け:マヨネーズを少し加える

チーズオムレツだけではなく、焼いた卵料理全般的に言える事ですが冷凍すると「焼いた卵=食感がボソボソする」ようになります。冷凍することを前提として作るなら、味付けにマヨネーズを少し加えると、ボソボソ感が軽減できます。ちょっとした裏技ですので覚えおくといいと思います

  • チーズオムレツの解凍方法は?

  • 電子レンジ:600Wなら3分

  • 電子レンジ:500Wなら4~5分

冷凍したチーズオムレツの解凍方法です。チーズオムレツは自然解凍ではなく加熱が加わる電子レンジです

600Wなら3分、500Wなら4~5分で解凍ができます。自然解凍なら半日ほどで解凍できますが「自然解凍→食べる時に1分ほど、電子レンジで加熱」する必要があるので、お弁当やお昼のランチにするときは、ココも注意です!

チーズオムレツの食通毒事例~傷んだ!腐った卵と賞味期限とは?~

保存が可能なチーズオムレツ:作る前の卵の賞味期限

  • 材料の卵の賞味期限は?

  • 卵は割ると賞味期限が短くなる食べ物!

チーズオムレツの日持ちを解説ました。次に、材料の卵のことも軽く説明しますね。

スーパーで購入する卵は基本的に賞味期限が載っています。卵は産卵後「春・秋:25日以内、夏:16日以内、冬:57日以内」の範囲で賞味期限が決まるルールで、多少、地域と卵の種類によって差はあります。普通の卵であれば「常温:NG、冷蔵:約2週間、冷凍:不向き」の食べ物と考えて良いかと思います

卵は賞味期限が記載されていますが、殻を割ったら日持ちが短くなります。生のままでは数時間しか日持ちしませんので加熱する必要があります

  • チーズオムレツに多い食通毒の事例は?

卵料理に多い食通毒の事例です。卵はよくサルモネラ菌が話題になりますが、サルモネラ菌とは鶏の卵の殻に付着が多く殻にヒビが入った時などに黄卵、卵白で増殖することがある菌のことです

  • 半熟が好きなのは日本人だけ!

卵を生で食べるのは日本人ぐらいで外国の方は、お刺身ですら食べない方もいますよね。日本の卵の場合は家畜の業者さんの努力で殺菌されているから比較的安心ですが、それでもサルモネラ菌による食通毒はあり、冷蔵庫の5度前後の温度でも増殖します。これは加熱することで回避できるので卵料理の場合は「半熟の放置」や「暑い日の常温放置」は避けるべきです

オムレツともう一品の副菜献立!簡単なサラダと人気の夕食・ 朝食はコレ

さて、チーズ入りのオムレツの保存方法を紹介しました。オムレツは温かいうちが美味しく、夕飯で人気のメニューです。もしよかったらオムレツの献立も参考にしてもらえると嬉しいです!

献立例:チーズオムレツともう一品のおかず!晩御飯のサイドメニュー

献立例:オムレツの夕食献立、付け合わせの副菜・サラダ・もう一品のサイドメニュー!

副菜:オムレツともう一品の副菜献立!簡単なサラダと人気の夕食・ 朝食はコレ

スープ:人気!オムレツに合うスープ・味噌汁の献立!汁物の付け合わせレシピ

スポンサーリンク