お惣菜・手作りエビフライの日持ち期間-冷蔵保管と冷凍食品の保存方法-

Author

お惣菜・手作りエビフライの日持ち期間-冷蔵保管、冷凍食品の保存方法-

  • 海老フライの日持ちは、どのくらいが目安?

  • 手作りのエビフライ、揚げる前、揚げた後の保管方法は?

揚げ物献立にエビフライはかかせないですよね。たくさん食べる子供や旦那がいると大量にストック、作り置きしていくと、時短料理になって、忙しい女子も大助かりです。

ここでは、作りすぎた!大量に余ってしまったエビフライの賞味期限、日持ちを!常温保管、冷蔵庫保管、冷凍保管と保管方法の違いを『下処理・揚げる前、揚げた後の日持ち目安』を詳しく解説しています

  • 殻付き海老の冷蔵保管:2~3日

  • 殻付き海老の冷凍保管:2~3週間

では、まず、エビフライに使う「殻付き海老(ブラックタイガーや赤海老など)」の日持ち期間から説明します

殻のついた海老は、殻をとってから。殻のまま、どちらの状態でもいいです。長持ちするのは、もちろん冷凍で「すぐに使う予定がない」なら、購入したら一旦は冷凍が基本の保管方法です

  • 冷凍食品のエビフライの賞味期限と消費期限は?

  • 賞味期限切れは食べても大丈夫?

エビフライを手作りせず、冷凍食品のご家庭もありますよね。冷凍食品の場合「賞味期限:1か月」の商品が多いです。海老は家庭の冷凍庫なら「冷凍2~3週間」、業者やプロが冷凍してもエビフライは「1か月」という事です

揚げ物の冷凍食品は「マイナス18度以下」で保管することで、賞味期限内に美味しく食べられるという基準で作っています。

賞味期限と消費期限の違いで、賞味期限切れになっても食べられないわけではありません。製造日から賞味期限までの日数の20%の期間ぐらいであれば、賞味期限切れでも食べられるといいますが、冷凍食品のメーカーは、ホームページなどで、食品の味や風味が落ちるとして賞味期限切れは推奨していませんね。

美味しさは落ちるけど、食べられるという観点からすると冷凍食品のエビフライは「30日×0.2=6日」、「2か月の冷凍食品:60日×0.2=12日」と、賞味期限切れでも「約1週間~10日前後」なら、いちよう食べられるという目安ではないでしょうか。もしも、食べる時は注意しながら!変な味したら、すぐやめましょう

揚げる前!エビフライの日持ち~常温放置、冷蔵保管、冷凍保存の目安は?~

  • 揚げる前のエビフライ

  • 常温保管の日持ち:目安は、半日以内

  • 夏場:20度以上の温度なら、1、2時間以内

揚げる前はパン粉を付けずに、保管します。

パン粉をつけてると「衣が水分を吸収」しますから、雑菌がわきやすく、常温で保管はNGです。揚げるまでに時間があるときは「ラップ」を、半日以内(3時間以内)が保管の目安です

夏場や部屋の温度が20度以上の場合は、1、2時間以内と部屋の温度にも違いがあります

  • 揚げる前のエビフライ(冷蔵)

  • 冷蔵保管:2日以内

  • 長持ちのコツ:パン粉はつけずに、1個1個ラップを!

揚げる前の状態であれば、一時的に冷蔵庫で保管する事ができます。タネの状態(パン粉はつけない、キッチンペーパーで水分をふきとる)で1つ1つをラップに包み、冷蔵庫に保管します。この方法で、冷蔵2日の日持ちです

この方法なら、翌日のお弁当に使う時など、前日にある程度用意が出来ます。子供の運動会や学芸会など、学校のイベントの日のお昼用なら、味も大事。出来るだけ、油で揚げるのは当日がベストです

  • 揚げる前のエビフライ(冷凍)

揚げる前のエビフライ:常温・冷蔵庫、冷凍保存の方法と日持ち

  • 冷凍保存:2~3週間

  • 大量保管ストック可!作り置きなら、コレ!

  • 時短のコツ:パン粉をつけたまま、冷凍保存する

大量保管、作り置き用なら「揚げる前の状態で冷凍保存」です

冷蔵と違い冷凍の場合は「パン粉」をつけた状態での保管です。この方法で2~3週間も日持ちしますので、お弁当のおかずや夜ご飯のもう1品として使えます

冷凍食品、冷凍のエビフライの揚げ方

  • 冷凍エビフライの解凍方法

  • 冷凍のまま揚げる

冷凍したときの解凍方法は「自然解凍ではなく、冷凍のまま、揚げる」のが正解です

理由は、冷凍した揚げ物は解凍してから揚げると「衣が破裂」しやすくなるからです。半解凍からの電子レンジで温める方法もありますが、個人的にはその方法では、やはり衣が破裂しやすい事があり、冷凍→そのまま揚げるという方法が適していると思います

揚げた後!エビフライの日持ち~常温放置、冷蔵保管、冷凍保存の目安は?~

  • 揚げた後のエビフライ

揚げた後のエビフライ:常温・冷蔵庫、冷凍保存の方法と日持ち

  • 常温保管の日持ち:目安は、3時間以内

  • 夏や暑い日:1、2時間以内

  • 推奨温度:10度以下

すでに調理済み、揚げた後の場合の日持ちです

温度は10度以下と常温での保管は冬でも難しいです。常温の場合(揚げたあと、冷蔵庫に入れ忘れた。作りすぎて残ってしまった等)は、3時間が賞味期限の目安とされますが、夏場など20度を超えるような日は「1、2時間以内」が限界です。

  • お惣菜のエビフライは?

エビフライ

  • 原則:3時間以内(常温の場合)

  • コツ:購入後は、冷蔵庫へ

お店で購入した場合「お早めにお召し上がりください」と記載がありますよね

お早めにっていつまで?という話ですが、一般的に3時間以内の事を意味しています。

調理済みという考え方ですので、コンビニで買ったモノやお惣菜は、常温保管の日持ち時間とほぼ同じ原理です。スーパーで購入したら、すぐに食べないのであれば「冷蔵庫へ保管」、常温状態は3時間以内(暑い日は、もっと短く1、2時間程度)が原則ですので、「午前中に購入した→お昼に食べるなら、常温でも可」「午前中に購入した→夜ご飯のおかずなら、冷蔵保管へ」という保管スタイルがおすすめです

電子レンジ

  • 温め直しのコツは?

  • 温め直し①:電子レンジ600W1分30秒

  • 温め直し②:レンチン後、アルミホイルを敷いてトースターへ

冷めてしまった時の温め直しのコツです。揚げ物は、揚げ直すとカリっとして美味しく美味しく温められますが、電子レンジとトースターを使って、カリっとした揚げたてのようにする方法があります

電子レンジで温めた後、「衣に水を軽く霧吹き」してからトースターで温めると衣がしっかりとします。トースターにアルミホイルを敷くとより揚げたてように温め直し出来ます

  • 揚げた後のエビフライ(冷蔵)

  • 冷蔵保管:1日以内(翌日まで)

  • ワンポイント:前日にお弁当用に作り置きが可

お弁当・作り置き用のエビフライ

揚げた後の状態で冷蔵保管するときは、「1日以内」が目安、脂っこくもなりがちですので、クッキングペーパーを敷いてタッパに入れてもよいですが、「1個ずつ、ラップで包む」とこの工程を加えると、衣の脂っこさを抑えることができます。

揚げてからでも翌日のお弁当に使いたい時は、安全のため「再加熱が必要」です。

  • 揚げたエビフライ(冷凍)

  • 冷凍保存:約2~3週間

  • 注意点:冷凍食品より手作りは短い

揚げたフライを冷凍で保管するときは、「2~3週間」が目安です。市販のもの、冷凍食品は「1カ月」と賞味期限が長いモノがありますが、手作りの場合は、少し賞味期限が短くなると違いがありますので注意が必要です。

さて、エビフライの保管方法と日持ちを様々な角度で解説ました。作り置きや時短のアイデアに参考にしてくださいね。また、作ったエビフライの献立を考え中の方は、こちらも参考にしてもらえると嬉しいです

唐揚げと海老フライ

献立例:エビフライの付け合わせ、献立!サラダ・副菜・スープはコレだ!

盛り付け:エビフライの盛り付け!子供・彼氏が喜ぶワンプレート献立

スポンサーリンク