きゅうり・ラー油漬けの日持ち!常温・冷蔵庫・冷凍の賞味期限・保管方法

Author
  • キュウリのラー油漬けは、作り置きでも人気!

<きゅうり・ラー油漬けの日持ち>キュウリのラー油漬けを作り置き!常温・冷蔵庫・冷凍の賞味期限~日持ちする保管方法のコツ~

夏から秋の終わりごろまでが特に美味しいですよね。夏野菜のキュウリは、季節が変わるとお値段も高くなるモノ、できればキュウリそのものを長期保管したい。たくさんキュウリが実ったから、大量消費に困っている!など、それなら、きゅうりのラー油漬けにしたら日持ちするのは?と思うこともあります!

ここでは、きゅうりのラー油漬けの日持ち・賞味期限について徹底解説!材料のキュウリ、ラー油の日持ちまでもしっかり説明しますね

きゅうり&ラー油の日持ち&賞味期限~常温、冷蔵庫、冷凍期間・目安を徹底解説!~

きゅうりの日持ち、常温・冷蔵庫・冷凍の賞味期限

  • きゅうりの常温の日持ちは?

まずは、ラー油漬けのよくある具材の賞味期限から。キュウリは、常温は不向きです。カット前であれば、日の当たらない場所で1~2日は問題ないとされますが、キュウリは夏場に多く使う食材です。冷蔵庫、野菜室で保管しましょう

  • 1本の場合:冷蔵:4~5日、冷凍:2~3週間

  • カットした場合:冷蔵:2~3日、冷凍:2週間(塩もみ必須)

キュウリは、まるごと1本なら、冷蔵庫・野菜室で4~5日、輪切り等のカットで1~2日です。キュウリは95%以上が水分の野菜ですので、新鮮さが大事。使い切れる量をカットする調理方法があっています

2、3日以内に使う予定がないなら、冷凍です。冷凍すると、キュウリは長持ちします。冷凍保存するときは、まるごと1本も、カット済も「ラップ+フリーザーバック」を使えば、2週間ほど日持ちします。ただし、カットした輪切りのキュウリを冷凍する場合は、ラップに包む前に「塩もみ」が必須。塩もみ後に、よく水分を絞ってから冷凍させます(輪切りの方が難易度が上がりますので、1本丸ごと冷凍推奨です)

ラー油の日持ち、常温・冷蔵庫・冷凍の賞味期限

  • ラー油の賞味期限:未開封2年、開封後1~2カ月

  • 食べるラー油の賞味期限:未開封1年、開封後1カ月

ラー油は、普通のラー油と食べるラー油がありますよね。どちらもラー油付けに使えますが、賞味期限が違いますので注意が必要です。ラー油が開封後1~2カ月ですが、食べるラー油は一般的に「開封後、1か月内」です。開封後、ギリギリの賞味期限のモノでラー油漬けを作るのは、NGですね

きゅうりのラー油漬けの常温保管~放置してしまった時、作ってからの日持ちは?~

きゅうりのラー油漬け:日持ち&賞味期限~常温、冷蔵庫、冷凍期間・目安

  • ラー油漬けの常温保管:NG

  • 作ってから「ラップ:有、3、4時間」まで

きゅうりのラー油漬けの常温保管です。

あえて、常温保管はしないと思いますが、冷蔵庫にしまい忘れた時を想定してもらえればと思います。基本常温NGですので、作ってから「ラップ:有、3、4時間以内」を目安に。お酒のつまみとして食べている感じでは、ラップなしで2時間ぐらいでキュウリが少し、シナシナしてくる印象がありますね

旦那が帰宅する前に、作ってしまった。なかなか帰ってこないなという時は、冷蔵庫で保管を!

キュウリのラー油漬けは、夏から秋頃に作り置きする事が多いかと思います。夏の暑い日は、1時間ぐらいまで。日の当たる場所や高温の日は、空気に触れた状態で菌は1時間以上すると繁殖しはじめます 

きゅうりのラー油漬けの冷蔵保管~日持ちの目安、賞味期限は?~

  • ラー油漬けの冷蔵保管:3~4日

キュウリのラー油漬けを冷蔵庫で保管する場合、目安は「3~4日」と十分な日数です。月曜日の夜に、作ったら。その週のうちに食べるという感じで作り置きできますね。

  • 冷蔵保管「春:3~4日」

  • 冷蔵保管「夏:3日以内」

  • 冷蔵保管「秋:3~4日」

  • 冷蔵保管「冬:4日」

季節によって大きくは変化しませんが、家庭の冷蔵庫は業務用ほど性能はよくありません。冷蔵庫といえどもドアの開け閉めの頻度が高い方は、もう少し短めを目安に。家庭用の冷蔵庫はドアを開けっぱなしにしていたなど、温度変化が起きる環境では日持ち期間も短くなります

  • 冷蔵保管の長持ちのコツ:タッパー、フリーザーバック

タッパー

ラー油漬けの冷蔵保管のコツはタッパーやフリーザーバックに「1食分ごとに保管すること」です。タッパーよりフリーザーバッグの方がより空気に触れないので、そちらの方が安心感は強いです

タッパーの場合は、食卓にタッパーを並べるのはNG。食べる量のみ、お皿に取り分けて。なるべく空気に触れる時間や、温度変化を何度も繰り返さないようにするのも、長持ちの秘訣です!

きゅうりのラー油漬けの冷凍保管~日持ちの目安、賞味期限は?~

  • 冷凍保存:不向き(食品としては2週間)

ラー油漬けは、残念ながら冷凍は不向きです。実際、冷凍しても食べられない訳ではありませんが「カット済みのキュウリの冷凍は、水分をよく切ること」が重要なポイントです。味が大きく劣ってしまいます

作り置きなら、冷蔵庫で3~4日も日持ちしますので、冷蔵の方が向いています。冷凍保管を考えるなら、キュウリそのものを冷凍し、ラー油漬けが食べたいときに解凍する。この方法の方が良いです

腐った「ラー油漬け」の特徴と見分け方~味・臭い・見た目、よくある食中毒~

  • 腐った時の見分け方:酸化したラー油は危険

  • 腐った味・臭い・見た目:カビ、異臭

  • よくある食中毒 :胸やけ、下痢、嘔吐

キュウリのラー油漬けは、腐るとキュウリから水分が出ている。異臭がする、カビが生えていると、タッパーを開けた時に気が付くと思います。

ラー油は主に、ゴマ油からできていますので、酸化しにくい油です。しかし、その油が酸化するほどの腐った状態はかなり危険。生ごみの臭いで腐っている状態ですが、酸っぱい臭いが加わっているなら、より危険です。絶対に食べてはダメです

この他にも、異臭(チーズや納豆っぽい臭い)を放つ。見た感じ:白っぽいカビ(黒、茶色の場合も有)、表面にぬめりがある。変色した水分が垂れている、ネバネバした糸を引くなど、こういった症状が確認されたら、アウトですので、絶対に食べないように。

いかがでしたか。きゅうりのラー油漬けは、作り置き可!夏の献立にすぐ使える!ビールとも合う!といいことばっかりなんですが、日持ち期間を守ることが大切ですよね。放置しちゃったときは、まず食べず、見た目や臭いから判断。ちょっとでも違和感を感じたら、ヤメるのが正解です

スポンサーリンク