【告白の返事/保留期間】迷う!返事待ち!断る告白方法「男性&女性の告白失敗と成功のリアクション!返事待ち期間と、付き合う可能性を言葉やセリフで判定する方法」

Author

告白の返事、返事待ちの保留期間!男子から、女子からの告白の返事、言葉やセリフから失敗と成功を判断する方法です。付き合うのを迷う女性の恋愛心理、断る方法を考える男性の恋愛心理は?片思い中の中学生・高校生から大学生、20代・30代・40代の社会人、働く女性の「好きな人からの告白の返事、リアクション(反応)と付き合う確率、断り文句、その後の対策。いつまで待てる?告白の保留期間、保留の原因と振られた理由」を徹底解説しています

告白の返事、返事待ちの保留期間「付き合う確率と、失敗して振られる可能性は?」

男性&女性の告白失敗と成功!返事待ち期間と、付き合う可能性を言葉やセリフで判定する方法

  • 返事待ちの期間は、いつまで待てる?

  • 告白から返事待ちの保留期間はどれぐらいが普通なの?

  • 告白の返事の言葉やセリフで判定、付き合う確率。振られる可能性は?

男子から、女子からの告白の返事待ちは、いつまで待てるものなのでしょうか。告白から返事待ち、保留期間の平均的な相場をアンケート結果を紹介。保留期間中、成功したのか、失敗したのか悩んでいる男性・女性向けの内容です。告白の返事の言葉やセリフから、付き合う確率、ふられる可能性はどれぐらいなのか恋愛心理から解説しています

告白の返事待ち、保留期間と恋愛心理

  • 返事待ちの期間「1週間が限界、それ以上は。男女共に不安になる」 

返事待ちの期間「1週間が限界、それ以上は。男女共に不安になる」 

  • 返事を待てる期間 1位「1週間まで(44%)」 

  • 返事を待てる期間 2位「2日から3日まで(23%)」 

  • 返事を待てる期間 3位「1日まで(17%)」 

出典引用:マイナビウーマン調べ、2015年調査

マイナビウーマンのアンケート調査によると、告白の返事を待てる期間は、1週間まで(44%)、2日から3日まで(23%)、1日まで(17%)という結果。3日以内の返事なら、約67%の人は普通に待てる。しかし、1週間となると待てる人は半数を割ります。つまり、どんなに待たせても心理的には、1週間が限界、それ以上は。男女共に不安になるのです。あまりに待たせると、トラブルに発展しますので返事の目安は1週間と考えるの正しいです

告白の返事の実態「長い期間、相手を待たせてしまう事が多い」

  • 返事は1週間が目安だけど、告白の返事の実態は「長い期間、相手を待たせてしまう事が多い」

悩む

  • 返事までの期間 1位「2週間以内(42%)」 

  • 返事までの期間 2位「1週間以内(35%)」

  • 返事までの期間 3位「1ヵ月以内(7%)」

相手を不安にさせない告白の返事は1週間が目安だけど、実際に告白の返事までには時間がかかるのが普通です。相手が自分の事を好きであった場合、即答でOKをもらえる。その日のうちに回答をもらえますが、保留期間を与えられた場合は、1位が2週間以内(57%)、2位が1週間以内(33%)、3位が1ヵ月以内(7%)。ほぼ2週間以内に回答がもらえるというアンケート結果です。付き合うのを迷ったり、ためらった場合、気持ちとしては3日、1週間以内で返事したいと思うのですが、ずるずると時間が過ぎてしまう場合も多く、結果1週間をすぎてしまう人が42%もいるのが実態です

超高確率で失敗の事例「保留期間中の付き合う可能性を言葉やセリフで判定」

ごめんなさい

  • 超高確率で振られた返事「ごめんなさい(失敗率98%)」 

  • 超高確率で振られた返事「友達でいようよ(失敗率95%)」 

ごめんなさい(ほぼ無理)、友達でいようよ(その後、友達ですらいられなくなる)の告白の返し言葉は、ほぼ100%振られています。この場合は、はっきりと断られていますので、逆転パターンは5%未満。その後、何度も告白して付き合うパターンはありますが、現時点では確実に振られています。あまりに、しつこくするとどんどん避けられるので、その後の告白は恋愛テクニックを上手く使う必要があります。

高確率で失敗の事例「保留期間中の付き合う可能性を言葉やセリフで判定」

  • 高確率で振られた返事「少し、考えさせて(失敗率85%)」 

少し、考えさせて

告白後、考えさせてという返事は、 「少し」や「ちょっと」という言葉があると振られる確率が非常に高くなります。理由は、とっさ的にでる「少し」って言葉は、回答したくないから、ついでてしまう言葉。深層心理では、嫌だな。なんて断ろう・・・と思っている場合や元彼・元彼の事を引きづっている、今は仕事に専念したい場合などです。「少し」は「半永久的に」・・・「考えさせて」という意味です。むしろ、もう返事すらしたくない場合の方が圧倒的に多いです

  • 高確率で振られた返事「本気?(失敗率65%)」 

本気?

告白後、相手から「本気?」と聞かれた場合も高確率で振られるパターンです。理由は、「恋愛対象として見ていなかった場合」や「冗談や罰ゲームで告白させられてるのでは?と疑っている場合」、「長い期間、ずっと友達だった場合」によくある告白の返事です。つまり、告白して「本気?」と返事があった場合は、告白するほどの仲になっていない、好き好きオーラや脈ありのサインが相手に全く伝わっていない状態で、相手が付き合う対象として考えた事もなかったというのが原因。付き合いが浅く、告白するタイミングが間違っている時の相手のリアクションなのです

五分五分で失敗の事例「保留期間中の付き合う可能性を言葉やセリフで判定」

  • 五分五分で振られた返事「考えさせて。考える時間が欲しい(失敗率50%)」

考えさせて。考える時間が欲しい

告白後、考えさせて。考える時間が欲しいと返事があった場合は、五分五分です。「少し」や「ちょっと」考えさせてと言われた場合は、高確率で振られますが、とっさ的な言葉がない場合は、まだ脈あり。しかし、考える時間とは何の為でしょうか?答えは、「恋愛対象外だから断る方法を考える時間が必要な場合」や「他に問題やハードルがあり、迷ってしまう場合」など、即答できない状態だからです。振った場合に相手を傷つけたくないなど、大切に思ってくれているのは事実です。だからこそ、振られる事もあるし、付き合う事になる場合もあるのです。この場合は、相手が何を迷っているかが分かると成功率が高くなります

  • 五分五分で振られた返事「お友達から始めませんか?(失敗率50%)」

年齢が5歳以上の差がある年上彼女(年下彼氏)の場合

お友達から始めませんか?は実は、五分五分。心理を解説すると、「全然、相手の事を理解していない」や「好きなのか分からない」、「付き合っても、付き合わなくても、波風たたないようにしたい」など、相手とのコミュニケーション不足の場合や、今後の付き合い方を深く考えているからです。性格的に慎重な人だと理解しましょう。「友達から=これから次第」と「友達まで=友達止まり」では、全然意味がちがいます

高確率で成功の事例「保留期間中の付き合う可能性を言葉やセリフで判定」

  • 高確率で付き合う返事「ありがとう!(失敗率40%、成功率60%)」 

年齢が5歳以上の差がある年上彼氏(年下彼女)の場合

意外と曲者の返事が「ありがとう!」です。ありがとうの場合は、「ありがとう!」に続く言葉が重要。ありがとうは、率直に告白されて嬉しいと思っている状態です。しかし、この言葉の後に「でも」や「だけど」などの否定の接続詞が来たら、ほぼ100%失敗、嬉しいけどダメなの!という断り文句になります。逆に、「ありがとう」の後に「考えさせて」や「ありがとう」だけのパターンは、その場で即答で返事ができなかった場合(緊張やびっくりした等)です。もしくは、好きという気持ちを伝えただけで、付き合って下さい!の一言を伝えていない場合も、ありがとうで終わってしまう場合が多い。その後、ありがとうの意味をちゃんと聞くと良いでしょう

  • 高確率で付き合う返事「本当?(失敗率30%、成功率70%)」 

30代後半の社会人(35歳から39歳)のデート代の平均相場

本気?本当?は、言葉は似ていますが、全く意味が違います。本気?は疑っている場合の言葉で、本当?は嬉しいから出る言葉です。本当に私に告白してくれているの?と、まだ現実を直視できていないだけで、本心では「告白されて、嬉しい」と思っている状態です

スポンサーリンク


▼関連するライフハック