【女性/独身】女子の1人暮らしの初心者防犯マニュアル「マンション・アパートの選び方&防犯対策」独身女性や大学生・社会人になる女子の注意点

Author

独身女性、大学生・社会人になる女子の1人暮らし初心者防犯マニュアル。心配ごとの多い1人暮らしの賃貸住宅、賃貸物件などのマンション、アパートに住む時に気をつける「マンション・アパートの選び方&防犯対策」です。仕事で大阪へ転勤、東京の大学へ入学など、女性・女子が1人暮らしする時は、注意が必要!土地勘も友達もいない地域に1人で引越しして大丈夫なようにマンション選びのコツ、暮らし方のコツを紹介しています

何かと心配ごとの多い女性の1人暮らし、初めて引越しする時の気をつける事!!

 女性の1人暮らし、初めて引越しする時の気をつける事

  • 女性1人暮らしのポイント「自宅、部屋に女性が住んでいると知られない」

  • 女性1人暮らしのポイント「自宅を知られても入れないセキュリティ」

女性の1人暮らしで注意する事は、自宅を知られない、部屋に住んでいるの女性だと認識させない事が大切。万が一、知られてしまっても部屋まで入ってこれないようなセキュリティが必要なのです。セキュリティはしっかりしていると暮らしやすいです

独身女性、女子の1人暮らし完全マニュアル

  • その①「マンションは1階は避ける、3階以上に住む」 

マンションは1階は避ける、3階以上に住む

1階に住む女性は、ベランダの外や庭などから男性が侵入するケースが一番怖い。2階の部屋でもストーカーが入った事件もあるので、3階以上に住むのがおすすめです

  • その②「オートロック完備、ドアはチェーンロックを必ずかける」

オートロック完備、ドアはチェーンロックを必ずかける

オートロック完備のマンションにしましょう。また、ドアには必ずチェーンロックを!マンション前のオートロックは業者によってはロックの開け方を知っている人もいる。同じマンションの住人が開けてしまったら、オートロックは突破されます。新聞やNHK契約の業者で悪質な人もおり、ドアを開けた瞬間、足を挟んでドアを閉められないようにする業者もいます。チェーンロックのかけ忘れは絶対に避けましょう

  • その③「テレビモニター付きのインターホン」 

テレビモニター付きのインターホン

テレビモニター付きのインターホンがあると安心。インターホンが鳴っても誰が来たのかわかります。今どき、何の連絡も無しに家に突然くる人や友達もいませんよね?基本、インターホンが鳴ったら自分の知らない人、約束の無い来客です。注意しましょう

  • その④「ポストには鍵を、ポストに表札を出さない」

ポストには鍵を、ポストに表札を出さない

ポストに鍵をつけましょう。郵送物を開けられると、名前や部屋番号が分かってしまいます。ポストに表札を出すと名前が知られてしまうのでやめましょう。郵送物は部屋番号さえわかればちゃんと届きます。アルバイト先なので、名札をつけるお店が増えています。大学生の女子は、そういったところで知らない人に名前を覚えられ、ストーカー被害にあう事もあります。ポストに表札は名字を書く事すらデメリットしかありません

  • その⑤「駅から徒歩10分圏内の物件」 

駅から徒歩10分圏内の物件

夜遅くなる事もあるので、駅から近い物件にしましょう。女性が襲われるのは、帰宅途中と自宅へ侵入されるケースが最多。家に帰る道は、いつも同じ道ではなく、2,3種類使い分けていると良いでしょう。また、電車に乗る時も、いつも同じ車両は顔を覚えられますので注意しましょう

  • その⑥「洗濯機は家の中にあるタイプのマンション」 

洗濯機は家の中にあるタイプのマンション

都心部はベランダや部屋の入り口の外に洗濯機の置き場となっている事がある。特に古い物件ほど、そういったケースがあるので注意が必要。部屋の外やベランダに、あまり出入りしない方が良い。都心部では5階に住んでいても、20階だてもマンションからだと、カーテンないと上からは丸見えです。ベランダの出入りと、カーテンは忘れないようにしましょう

  • その⑦「洗濯物はベランダに干さない。室内で干すか、乾燥機や浴室乾燥機を使う」 

洗濯物はベランダに干さない。室内で干すか、乾燥機や浴室乾燥機を使う

洗濯物はベランダに干さない。室内で干すか、乾燥機を使いましょう。浴室乾燥機があるマンションなら、乾燥器の置き場所にも困らないので1人暮らしの女子にはあると便利ですね

スポンサーリンク


▼関連するライフハック