【お風呂場/椅子の掃除の仕方、掃除頻度&回数】白い汚れと黒い模様の正体は、水アカと黒カビ~掃除時期&掃除回数と洗剤選び、掃除道具~

Author

お風呂用の椅子の白い汚れは水アカ、椅子の裏側に黒い模様の正体はカビです。風呂場、浴室の椅子の掃除の仕方、掃除の掃除の頻度、掃除回数(毎日、週1回、月1回など)は週1程度(月4回)が理想。椅子掃除の洗剤選びは、中性洗剤と重曹!お風呂の小物の浸け置きの掃除の仕方までを解説しています

お風呂用の椅子の掃除の仕方~表面の白い汚れは水アカ、椅子の裏の黒い物体は黒カビ~

お風呂用椅子の掃除の仕方

  • お風呂場の椅子に、白い汚れと黒い模様が!

  • 絶対コレ汚いから触りたくない人は、すぐに掃除を

お風呂場の椅子の掃除についてです。目が悪い人は、眼鏡やコンタクトレンズをお風呂の時は外しますよね。湯煙で余計に見えない事もあり、お風呂場にある小物、特に椅子の汚れには気が付きにくいです。よく見ると、お風呂用の椅子に、白いこびりついた汚れや黒い点々とした模様があったりと、この汚れの正体は何なのでしょうか。ここでは、お風呂の椅子の汚れの掃除に役に立つ洗剤選びとコツ、掃除の頻度や掃除道具について解説しています

椅子についた白い汚れの正体~お風呂用椅子についた水アカ、石鹸カス、皮脂汚れの掃除~

  • 「椅子の表面の白い汚れは、水アカ、石鹸のカス、皮脂汚れ」

椅子の白い汚れ

お風呂用の椅子の表面などに、白い汚れがあったらその正体は水アカ、石鹸のカス、皮脂汚れです。普段気にしてよく見ていないと、気が付かないうちに汚れがたまっています。汚れ防止には、お風呂から出る前に椅子に「シャワーでお湯をかける」ことを毎日していると汚れがたまりにくいです

風呂用椅子についた白い汚れの掃除の仕方~掃除頻度と洗剤選び、掃除の仕方のコツ~

  • 椅子の掃除頻度「週1回程度(月4回)」

お風呂用椅子

お風呂用椅子の掃除頻度は、週に1回程度(月4回)が理想です。お風呂の小物をそんなに毎週掃除するのは、めんどくさいという方は汚れをたまりにくくする工夫が必要です。白い汚れの正体は、水アカや石鹸カス、皮脂汚れです。毎日使うものに汚れとなって現れてきますので、お風呂からでる前に、シャワーのお湯でちゃんと流しましょう。この1つの行動で、汚れの蓄積を予防できます

  • 白い汚れの洗剤選び、道具「中性洗剤 + スポンジ」

お風呂の椅子の白い汚れには、中性洗剤が効きます。軽くシャワーの水で流し、その後、中性洗剤を使ってスポンジでこすると比較的簡単に汚れが、落ちます。しかし、中性洗剤を使ってもなかなか落ちない頑固な汚れには、クエン酸水で掃除すると奇麗に汚れが落ちます

  • 混ぜるな危険「クエン酸水と塩素系漂白剤はNG」

浴槽の掃除の仕方

なかなかお風呂の小物の汚れが落ちない時、クエン酸水が推奨されますが、クエン酸水や酸系の洗剤は塩素系漂白剤とまぜると危険です。塩素系漂白剤は、一般的に知られるカビキラーなど。お風呂のカビを落とす洗剤に含まれます。そのため、お風呂用品の頑固な汚れを落とすのに、クエン酸水を使うのはあまりよくありません。汚れを落とすには良いのですが、使い方を間違えると大変なことになるので、自身のない方は、クエン酸水は極力使わないようにし、中性洗剤での掃除をがんばる方向性に決めましょう

椅子についた黒い点々とした模様の正体~お風呂用椅子についた黒カビの掃除~

  • 「椅子の黒い斑点のような汚れは、黒カビ」 

皮脂汚れや石鹸の残りカスから黒カビが発生した場合です。椅子についた点々とした黒いモノ、斑点の黒いモノは黒カビです。黒カビは放置するとより汚れが落としにくくなります

風呂用椅子についた黒カビの掃除の仕方~掃除頻度と洗剤選び、掃除の仕方のコツ~

  • 黒カビ、汚れの洗剤選び、道具「塩素系漂白剤 + スポンジ」

黒カビの掃除には、塩素系漂白剤(カビキラー)が適しています。黒カビの掃除の為に、塩素系漂白剤を使用しますので、クエン酸洗剤を極力使わない方が良いとするのは、この為です。まぜると危険なのが、クエン酸と塩素系漂白剤です。椅子の掃除は両方を使い分けて掃除する事がありますが、クエン酸系の洗剤は風呂場でもなるべく使わない方が良いので、椅子や小物掃除は中性洗剤と塩素系漂白剤の2つに絞るのがおすすめです

  • 「重曹を使った浸け置きが楽」

浸け置き

お風呂場の小物は、軽く洗ったあと、浸け置きでまとめて掃除するのが楽です。重曹を使い浴槽に浸ける。この方法が結局のところ、手間も少なく、奇麗にもなります。もちろん、こまめな掃除をしている方は、時間と手間を考えるとこれぐらいの方法の方があっていますね

スポンサーリンク


▼関連するライフハック