鶏そぼろの作り置き、日持ち・賞味期限は?常温&冷蔵庫、冷凍の目安~余った!大量に作った鶏そぼろの保管庫コツ~

Author

めんつゆを大さじで、2杯ほど。砂糖とみりんで簡単に味付けができ、炒めて水分がなくなるまで煮るだけ!すっごく簡単で美味しいのが、鶏そぼろ。パックに詰めて、作り置きしていれば、「そぼろ丼」として忙しい朝のお弁当作りも楽ちんですよね

でも、どれぐらい常温や冷蔵庫で日持ちするのでしょうか?

鶏そぼろの常温&冷蔵庫の日持ち期間の目安を春夏秋冬の季節ごとに解説!!

鶏そぼろの作り置き&日持ち、常温&冷蔵庫、冷凍の賞味期限の目安

  • 作り置いた鶏そぼろの日持ち期間は?

  • 何日程度、大丈夫?腐った鶏そぼろの特徴は?

とっても便利な鶏そぼろですが、作り置きは賞味期限が心配。腐っていたらどうなるの?ひき肉の作り置き、日持ちは常温、冷蔵庫、冷凍保存で何日持つの?と心配事も。ここでは、鶏そぼろの常温保管(季節別:春、夏、秋、冬で!)、冷蔵庫、冷凍保存の日持ちの目安から、腐ってしまった鶏そぼろの特徴を紹介しています

常温保管の鶏そぼろ~放置してしまった時の日持ちの目安は?~

  • 「鶏そぼろは、常温保管NG。必ず、冷蔵庫で保管を!」

鶏そぼろは、常温保管が向いていません。炒めて煮ているから大丈夫では?と思いがちですが、鶏そぼろは水分が多く、常温では傷みやすいです。スーパーなどの鶏そぼろは、防腐剤を使っていたり、腐りにくくする工夫をしていることも多いですが、自家製の場合はそうもいきませんよね。鶏そぼろの保管は、必ず冷蔵庫を徹底しましょう

  • 常温保管「春:1日(当日)」

  • 常温保管「夏:半日(当日)」

  • 常温保管「秋:1日(当日)」

  • 常温保管「冬:1日(当日)」

鶏そぼろは、春で1日。夏場なら半日。秋は1日。冬場で1日程度の日持ちです。冬でもその日のうち、作ったら冷蔵庫に保管しましょう。夜に鶏そぼろを作って、冷蔵庫にしまうのを忘れていた!と朝になって気が付くことがあります。そういう場合も、NGです。お昼に作って、冷蔵庫にしまい忘れた・・・夕方に食べようと思っていたのに!という場合ぐらいしか、常温の場合は食べてないようにしましょう

冷蔵庫に保管、冷凍保存する場合の鶏そぼろ~日持ちの目安は?~

  • 冷蔵庫の場合「春:4~5日」

  • 冷蔵庫の場合「夏:4日」

  • 冷蔵庫の場合「秋:4~5日」

  • 冷蔵庫の場合「冬:5日」

鶏そぼろは他のレシピでの活躍も多くありますので、冷蔵庫で保管がおすすめ。鶏そぼろの日持ちは、春なら4~5日。夏場で4日。秋は4~5日。冬場で5日程度です。一般的に4~5日ほど、冷蔵庫なら保管できるので、作った日のその週の平日に食べる予定なら、冷蔵庫の保管がいいです。忘れていても冷蔵庫を開けた時に、「あ、鶏そぼろがあったんだ」と気が付いて食べる事もありますからね

  • 冷凍保存の場合「薄味で14日(2週間)」

鶏そぼろの冷凍保管の場合は、14日程度の日持ちです。濃い味付けなら、1カ月(30日)程度、冷蔵で大丈夫と言われますが、推奨は、手作りの鶏そぼろの場合は、その半分の14日です。冷凍保存の場合、パックなどの空気を抜いて、真空に近い状態にするのもポイントです

腐った鶏そぼろは、どんな味や臭いがする?~鶏そぼろの日持ちと賞味期限~

  • 腐った鶏そぼろ「水分が多い鶏そぼろほど、傷みやすい!」

  • 腐った鶏そぼろ「変色、腐臭、ねばねばの糸」

腐ってしまった鶏そぼろの特徴です。多くの鶏そぼろは腐ると、ひき肉が変色する。腐臭がするです。よくあるのが、保管用のパックなどのしたに水分がたまって、液体から臭いにおいがします。そのまま放置すると、ねばねばの糸を引いたりと、この場合はもはや確かめるまでもありません。鶏そぼろは、常温で腐りやすいと解説しましたが、その理由として、鶏そぼろが水分を含むからです。味が染みて美味しい鶏そぼろですが、その分、常温ですと腐りやすいの理由がここにあります。保管は、冷蔵庫でするようにしましょう

スポンサーリンク


▼関連するライフハック