キャベツのザワークラウトの簡単レシピ、常温・冷蔵庫の日持ちは?

Author
  • 失敗しない「ザワークラウト」の簡単な作り方!

  • キャベツのザワークラウトの作り置き、日持ち期間は?

おしゃれな洋風の酢漬け、キャベツのザワークラウトです!サンドイッチや洋風献立の副菜にぴったり!肉料理の付け合わせなら、さっぱりして美味しいです。家庭でも作り置きできるので、コレが作れると献立の幅も広がります!

では、作り置きが可能な人気の「キャベツのザワークラウト」は、どれぐらい日持ちするのでしょうか。常温で放置してしまった時や、冷蔵保管の日持ちから冷凍保存の場合の賞味期限まで。酢漬けのキャベツが腐るとどうなる?という話も含めて詳しく解説しています

キャベツのザワークラウト~失敗しない作り方、簡単レシピの作り置き!~

キャベツのザワークラウトの簡単レシピ、常温・冷蔵庫の日持ち

  • 瓶詰のキャベツのザワークラウト

  • 材料:キャベツ、1/4個

  •  合わせ調味料:酢大さじ2、塩小さじ2、砂糖小さじ1

  • (+白ワイン 100cc、お好みで黒コショウもあり!)

ステップ1:キャベツの芯をとって、細かくざく切りに

ステップ2:焼き目がつくまで、中火で炒める

ステップ3:合わせ調味料と白ワイン、ローリエ2枚を煮立てる

ステップ4:煮だったら、キャベツを加え5分再加熱する

できたばかりのザワークラウトは、あつあつです。あら熱が冷めたら、瓶詰、もしくは、タッパーで保管します。冷蔵庫に2時間ほどで食べられるように。1日程度、漬け込み時間があると味がしみやすいです

  • 柔らかく食べ応えのある春キャベツ

柔らかく食べ応えのある春キャベツ

同じ作り方で、食材を春キャベツに。春キャベツはやわらかく、味も染みやすいです。失敗しないザワークラウトなら、始めは春キャベツから作ってみてはどうでしょうか。初心者でも春キャベツの方が作りやすいですよ!

さて、簡単レシピを紹介しました。ザワークラウトは早く食べる予定ならタッパー保管でもいいですが、長期保管まで考えると瓶詰の方が日持ちます。それぞれの日持ち期間の違いを次に紹介しますね

キャベツのザワークラウトは、常温保管NG~放作ってからの賞味期限の目安、注意点は?~

  • 常温保管:日持ち目安:基本NG

  • 切り口から「傷むので、保管方法は冷蔵で」

キャベツは、寒さに強い野菜です。保管の適正温度は0~5度ですので、作り置きした時も常温はNG。キャベツは傷みやすく、特に切り口から傷みます。保管方法は常温ではなく、冷蔵庫です

冷蔵保管:瓶詰したキャベツのザワークラウトを冷蔵庫で保管~日持ちの目安、賞味期限は?保管方法にコツはあるの?~

瓶詰したキャベツのザワークラウトの日持ち:常温、冷蔵庫、冷凍保管

  • 冷蔵保管:日持ち目安:7日

  • 冷蔵保管の方法:瓶詰保管、タッパーの場合は3日推奨

キャベツを使った作り置きの冷蔵保管の日持ち、長持ちする秘訣です。キャベツは、冷蔵保管に適した温度は「0~5度」と少し低温です。野菜室の7~8度より低い、冷蔵保管の方が実はむいているのです。この点、作り置きの場合なら、瓶詰なら7日。タッパー保管は3日以内です

  • 瓶詰め:煮沸消毒+脱気の方法は?

ピクルス瓶の煮沸消毒+脱気

ザワークラウトを保管する瓶を「沸騰した湯」で消毒し、脱気すると長持ちするようになります。

細菌やウイルスのほとんどは、75度以上の温度で5分以上、熱にあてると死滅する特徴があります。沸騰したお湯でたいがいの細菌は消毒できるというやり方で、推奨する煮沸消毒は「80度以上の温度、10分以上」、このルールで、ほとんど対応できます

※ 細菌やウイルスの特徴によって、もっと高温でないとダメな微生物もいますが、大方、死滅する温度と時間です

冷凍保管:キャベツのザワークラウトを冷蔵庫で保管~日持ちの目安、賞味期限は?保管方法にコツはあるの?~

  • 冷凍保存:作り置きは、基本NG

  • カット済み、加熱処理をせずに「キャベツ」を冷凍

  • (※冷凍した「キャベツ」から時短で作る※)

キャベツを使った作り置き料理は、基本的に冷凍NGです

この料理は「冷凍キャベツ」から時短料理として、作るのが正しいです。よく洗ったキャベツをカットし水分をキッチンペーパーでキレイにふき取ります。冷凍すると「1カ月」保管できますから、作り置きせずに時短料理として。冷凍キャベツから作るのが賢い作り方です

冷凍さキャベツは、炒め物には不向きですが。「サラダ」や「和え物」にはばっちり。お味噌汁の具にも最適です!

千切りキャベツの日持ち:冷蔵庫3日

  • 冷凍保管のコツ:カット後、ラップ+保冷袋へ

  • 冷凍保管:1カ月の日持ち

冷凍した「キャベツ」を解凍して時短料理にしましょう。電子レンジなら、2~3分で解凍できます。カット済みのキャベツも「ラップ+保冷袋」、この保管方法で1か月保管できます

キャベツの傷み判断、キャベツが腐るとどうなる?

キャベツの日持ち:常温と冷蔵庫、冷凍保管の期限

  • キャベツの日持ちは?

  • 1玉:冷蔵庫1か月

  • カット済み:冷蔵庫1週間

作り置きした時に気になるキャベツの日持ちから説明しますね。

キャベツはどのような状態で保管されているか、カットした状態なのか。ここが日持ちや賞味期限のポイントになります。普段、購入するキャベツは「まるごと1玉」の時は、冷蔵で1か月保管が可能。カット済みは購入時なら冷蔵で1週間の日持ちです

1玉を買って、自分でカットした時は、スーパーで売っているように「ラップで包み、冷蔵保管」、この方法でも7日保管ができます

千切りキャベツ

  • 千切りキャベツ:冷蔵庫3日

注意点は、細かく切った「千切りキャベツ」の保管です。空気に触れる面積が多い分、タッパーや保存バックに入れても冷蔵なら日以内の日持ちです。

  • 切ったところが、茶色に変色。コレって食べられる?

キャベツの変色はポリフェノールが酸化した事が原因。食べられないわけではありませんが、鮮度は確実に落ちています。カット済みキャベツによくある変色ですが、切り目以外の部分まで変色していたら、やめておくのが無難です

  • 腐った時の見分け方:ぬめり

  • 腐った味・臭い・見た目:酸っぱい臭い

  • よくある食中毒 :下痢、嘔吐、吐き気

キャベツが傷むと、腐るとどうなる?という話です

キャベツは変色をしますが、それ以上の酸化が進むと「キャベツにぬめり」「酸っぱい臭い」がします。このパターンは完全に腐っていますので、もうどうしようもありません

この他にも、異臭(チーズや納豆っぽい臭い)を放つ、生ごみの臭いがするもの。見た感じ:白っぽいカビ(黒、茶色の場合も有)、表面にぬめりがある。変色した水分が垂れている、ネバネバした糸を引くなど、こういった症状が確認されたら、アウトですので、絶対に食べないようにしましょう。

スポンサーリンク