赤飯の冷凍保存・解凍方法はコレ!炊飯器の保温・冷蔵庫の日持ちと賞味期限

Author

赤飯の冷凍保存・解凍方法はコレ!炊飯器の保温・冷蔵庫の日持ちと賞味期限

  • 赤飯の炊飯器・冷蔵庫、冷凍保存とは?

  • 赤飯が余った時の保存方法と日持ちを解説!!

お祝いの火や、めでたい日など。赤飯を炊きますよね。しかし、赤飯をつくりすぎて余ってしまった時、もち米って固くなるし、どうしたらいいの?と、保管方法を考えてしまいますよね

ここでは赤飯の保存するやり方と、どれぐらい日持ちするのか。常温放置は何時間が目安なの?など、手作りの賞味期限がご心配な方向けに、長持ちする冷蔵庫保管、作り置きの冷凍保存のレシピまで、詳しく解説しています

赤飯の賞味期限と日持ちは?~常温放置してしまった時、炊飯器の保温で保管できる?~

  • 赤飯の傷みやすい具材は?

茹でた小豆の常温放置・冷蔵庫、冷凍補保存の日持ちと賞味期限

  • 茹でた小豆の日持ちと賞味期限

  • 冷蔵保管:冷蔵3~6日

  • 冷凍保存:冷凍1か月

まずは、赤飯の具材に使う「小豆の日持ち」から説明しますね

茹でたなど調理済の小豆は、冷蔵庫でも夏3日から、夏場以外で6日程度保管できます。冷凍の場合は1か月です。これだけ日持ちするなら、小豆だけ取り除くこともしなくていいでしょう

塩を使った状態なら、もう少し長持ちすると言われますが、1つの目安としてココで線引きして考えてくださいね

  • 赤飯はラップ有の常温でどれぐらい大丈夫?

食品用ラップ:常温保管の長持ちのコツ

  • 常温放置:NG

  • 推奨する保管温度:20度以下(推奨10度以下)

  • 日持ち時間:夏3~4時間以内、冬12時間以内

もち米にはデンプンが含まれますので、適した保管温度はバランス感覚が必要です

もち米は0~3度の低い温度と20度以上(特に、28度~35度)の2つの温度帯で傷みやすい特徴があります。なかなかベストな温度で常温保管は、難しいのが本音。目安としては、「夏3~4時間以内、冬12時間以内」、部屋の温度は最低でも20度以下(推奨:10度以下)なら一時的な保管も出来るかと思いますが、あまり長持ちしませんので、残ってしまった時は、炊飯器のままの方が良いです。

お釜に入った赤飯の保管:炊飯器で赤飯を保存できる?

  • 赤飯は、炊飯器の保温で保管はあり?

炊飯器の保温機能

  • 保温機能:もち米の保温は、不向き

  • 炊飯器の保管時間:3時間以内

もち米を使った赤飯は、炊飯器で長く保管が向いていません。

出来ないって訳ではありませんが、炊飯器の取り扱い説明書には「もち米、玄米を使ったご飯は、保温しないでください」と注意書きがあります。これは、もち米は「炊飯器の中でも傷む(温度の問題)」と「炊飯器に臭いがつく」など、炊飯器が故障する原因にもつながります

  • 故障の原因になるので、冷蔵・冷凍へ保管方法を変更!

冷凍・冷蔵保管の日持ち・賞味期限:もち米を使ったご飯

目安としては、保温機能を使っても「3時間以内」、ご飯が余ってしまったときは「冷蔵庫、冷凍保管」のどちらかに変えるのが賢い保管方法です

赤飯の冷蔵庫の保管と賞味期限・日持ち~お弁当用や次の日も食べられる?~

  • 赤飯の冷蔵庫の保管期間は、いつまで?

赤飯の冷蔵庫保管:タッパー保存容器とラップ保管

  • 冷蔵保存の方法:ラップ+タッパー

もち米を使ったご飯の冷蔵保管、タッパー保管:日持ちする賞味期限

  • 赤飯の冷蔵日持ち:2日内(味の劣化はある)

  • 味のおいしさ:1日~1日半

赤飯を翌日に食べるなどは、冷蔵庫で保管が出来ますが。夜ご飯で余った時は「ラップ+タッパー保管」、もち米は、固まりやすいので水分を保って保管する必要があり、ラップは必須です。

また、タッパーに雑穀や豆っぽい臭いうつりする事が多いので「赤飯を平たく、ラップで包む」「その後、密封容器で保管」がベストです。

冷蔵庫にしまえば、最大2日の日持ちですが、味は「1日半」ほどでやはり悪くなりますし「もち米が固く」なる課題があります。電子レンジでチンしても、2日目に美味しくないなと感じる人も多いので、冷蔵保管と言えども翌日までが目安です

  • 赤飯の作り置きや長期ストックは冷凍保存!

冷凍ご飯の保管方法:日持ちから解凍方法まで

赤飯ん作り置きや、お祝いの日のご飯を先に作って置く事を考えている方は「冷凍保存」が、おすすめです。では、次に賢い冷凍保存、冷凍ご飯の作り方のポイントを説明しますね

赤飯の冷凍保存と賞味期限・日持ち~余った時は冷凍!作り置きの保管方法~

  • 赤飯は、何日ぐらい冷凍できる?

もち米を使ったご飯の冷凍保管方法と保存容器

  • 冷凍赤飯の冷凍保存:ラップ+ジップロック、保存袋

  • 保存する時のコツ:温かいうちに冷凍

  • 冷凍の日持ち:1か月以内

  • 味のおいしさ:2週間ほど

赤飯のようにもち米を使ったご飯は、普通のお米よりもデンプンが多いので「ご飯が固まりやすい特性」があります

美味しさを維持しながら、長く保管するなら「冷凍保存」が一番あっています。冷めてしまうとご飯が固まるので「温かいうちに、冷凍」です。1か月ほど、冷凍できますが、目安としては2週間ぐらいが美味しく食べられます

電子レンジ

  • 自然解凍後に電子レンジを使う

  • 温め時間:600W、1分から2分程度

美味しく赤飯を解凍する方法です。電子レンジの解凍より「一度、軽く自然解凍した後、電子レンジ」を使って温めます

冷蔵庫へうつし自然解凍なら「5~8時間」ほどで「夜ご飯に食べるように」朝、冷蔵庫にうつします。夕方、ご飯を食べる時に電子レンジで約2分、この方法でほとんど完璧ですが、蒸し器やフライパンでも解凍できます

赤飯

さて、赤飯の日持ち、賞味期限と保存方法を解説しました。もち米を使ったご飯は、基本は冷凍が一番あっていますね。では、作り置きや長期保存の方法が決まったら、次は他のおかずやスープ、副菜を決めて献立を作りましょう。献立をどうしたらいいか、合う料理って何?と思ったら参考にしてくださいね

献立例:赤飯の付け合わせ、おかず&献立

汁物:簡単!赤飯に合う汁物、味噌汁&お吸い物

副菜:簡単!赤飯に合う副菜&付け合わせ

スポンサーリンク