とんかつの日持ちと保管期間-冷蔵庫、冷凍食品の賞味期限・保存方法-

Author

とんかつの日持ちと保管期間-冷蔵庫、冷凍食品の賞味期限・保存方法-

  • とんかつの日持ちは、何日が目安?

  • 手作りやお惣菜を冷蔵庫で保管する方法は?

がっつり揚げ物が食べたい!たっぷりのとんかつを作って作り置きしたい!揚げ物は作るのに時間もかかりますし、あとで掃除も大変なので、できれば「まとめて」作りたいのが本音ですよね。とんかつは、正しい保管方法なら日持ちもしますので、保管方法と賞味期限を説明します!

ここでは、作りすぎた!大量に余ってしまった「とんかつ」やお惣菜、冷凍食品の賞味期限、日持ちを!常温保管、冷蔵庫保管、冷凍保管と保管方法の違いを『揚げる前、揚げた後の日持ち目安』を徹底解説しています

  • 冷凍食品の豚カツの賞味期限と消費期限は?

  • 冷凍食品:とんかつは、約1か月の賞味期限

  • 賞味期限切れは食べても大丈夫?。

一般的に『冷凍食品』のトンカツは、1か月の賞味期限です

とんかつの冷凍食品は「マイナス18度以下」で保管することで、賞味期限内に美味しく食べられるという基準で作っています

ここが賞味期限と消費期限の違いで、賞味期限切れになっても食べられないわけではありません。冷凍食品のメーカーは、ホームページなどで、食品の味や風味が落ちるとして賞味期限切れは推奨していませんね。

揚げる前!とんかつの日持ち~常温放置、冷蔵保管、冷凍保存の目安は?~

  • とんかつ用の豚肉の賞味期限は?

とんかつ用の豚肉の常温から冷蔵保管・冷凍保存の日持ち・賞味期限

  • 冷蔵庫の保管:3日以内

  • 冷凍保管:1か月

 では、まず、とんかつに使う豚肉の賞味期限から説明します。

とんかつ用の豚肉は、スーパーで売られている時期とタイミングによって違う事がありますよね。お値打ち品なら、賞味期限が短い豚肉もありますから、パッケージに記載ある賞味期限を最初に参考にしてくださいね。

一般的にはとんかつ用の豚肉は冷蔵庫で3日以内、冷凍で1か月の日持ちです。保管方法としては、冷蔵より冷凍の方が長く、購入したら、すぐ冷凍するのがベスト。食べる時に、チルド室や冷蔵庫で半解凍するのが賢いやり方です

  • 揚げる前のとんかつは、そのまま保管できる?

  • 常温保管の日持ち:目安は、半日以内

  • 保管温度:10度以下

  • 夏場:20度以上の温度なら、1、2時間以内

手作りでトンカツを作るとき、夕飯分を先に作って金属トレイの上においたままにしてしまうことありますよね

ラップをして保管しますが、その時は揚げる前はパン粉を付けずに、するのがベストなやり方です。

理由は、パン粉をつけしまうと「衣が水分を吸収」しますから、雑菌がわきやすく、常温で保管はNGです。揚げるまでに時間があるときは「ラップ」を、半日以内(3時間以内が理想)が保管の目安です

夏場や部屋の温度が20度以上の場合は、1、2時間以内と部屋の温度にも違いがあります

  • 揚げる前のとんかつの冷蔵保管は?

  • 冷蔵保管:2日以内

  • 長持ちのコツ:パン粉はつけずに、1個1個ラップを!

揚げる前の状態であれば、一時的に冷蔵庫で保管する事ができます。タネの状態(パン粉はつけない、キッチンペーパーで水分をふきとる)で1つ1つをラップに包み、冷蔵庫に保管します。この方法で、冷蔵2日の日持ちです

この方法なら、翌日のお弁当に使う時など、前日にある程度用意が出来ます。子供の運動会や学芸会など、学校のイベントの日のお昼用なら、味も大事。出来るだけ、油で揚げるのは当日がベストです

  • 揚げる前のとんかつを冷凍する場合は?

  • 冷凍保存:30日程度(1カ月)

  • 大量保管ストック可!作り置きなら、コレ!

  • 時短のコツ:パン粉をつけたまま、冷凍保存する

とんかつを大量保管、作り置き用なら「揚げる前の状態で冷凍保存」です

1口サイズや大判型の大きいサイズも、冷蔵と違い冷凍の場合は「パン粉」をつけた状態での保管です。この方法で1カ月も日持ちしますので、お弁当のおかずや夜ご飯のもう1品として使えます

  • 冷凍とんかつの解凍方法

  • 冷凍のまま揚げる

冷凍とんかつの揚げ方

冷凍したときの解凍方法は「自然解凍ではなく、冷凍のまま、揚げる」のが正解です

理由は、冷凍した揚げ物は解凍してから揚げると「衣が破裂」しやすくなるからです。半解凍からの電子レンジで温める方法もありますが、個人的にはその方法では、やはり衣が破裂しやすい事があり、冷凍→そのまま揚げるという方法が適していると思います

揚げた後!とんかつの日持ち~常温放置、冷蔵保管、冷凍保存の目安は?~

  • 揚げた後のとんかつは常温放置NG

  • 常温保管の日持ち:目安は、3時間以内

  • 夏や暑い日:1、2時間以内

  • 推奨温度:10度以下

すでに調理済み、揚げた後のトンカツのの日持ちです

温度は10度以下と常温での保管は冬でも難しいです。常温の場合(揚げたあと、冷蔵庫に入れ忘れた。作りすぎて残ってしまった等)は、3時間が賞味期限の目安とされますが、夏場など20度を超えるような日は「1、2時間以内」が限界です。

  • コンビニ・お惣菜のトンカツは?

コンビニ・お惣菜のトンカツの常温から冷蔵保管・冷凍保存の日持ち・賞味期限

  • 原則:3時間以内(常温の場合)

  • コツ:購入後は、冷蔵庫へ

お店で購入した場合「お早めにお召し上がりください」と記載がありますよね。お早めにっていつまで?という話ですが、一般的に3時間以内の事を意味しています。

調理済みという考え方ですので、コンビニで買ったモノやお惣菜は、常温保管の日持ち時間とほぼ同じ原理です。スーパーで購入したら、すぐに食べないのであれば「冷蔵庫へ保管」、常温状態は3時間以内(暑い日は、もっと短く1、2時間程度)が原則ですので、「午前中に購入した→お昼に食べるなら、常温でも可」「午前中に購入した→夜ご飯のおかずなら、冷蔵保管へ」という保管スタイルがおすすめです

電子レンジ

  • 温め直しのコツは?

  • 温め直し①:電子レンジ600W2分

  • 温め直し②:レンチン後、アルミホイルを敷いてトースターへ

冷めてしまった時の「とんかつ」の温め直しのコツです。揚げ物は、揚げ直すとカリっとして美味しく美味しく温められますが、電子レンジとトースターを使って、カリっとした揚げたてのようにする方法があります

電子レンジで温めた後、「衣に水を軽く霧吹き」してからトースターで温めると衣がしっかりとします。トースターにアルミホイルを敷くとより揚げたてように温め直し出来ます

  • 揚げた後のとんかつの冷蔵庫の保管は?

  • 冷蔵保管:1日以内(翌日まで)

  • ワンポイント:前日にお弁当用に作り置きが可

とんかつ弁当のおかずの常温から冷蔵保管・冷凍保存の日持ち・賞味期限

揚げた後の状態で冷蔵保管するときは、「1日以内」が目安、脂っこくもなりがちですので、クッキングペーパーを敷いてタッパに入れてもよいですが、「1個ずつ、ラップで包む」とこの工程を加えると、衣の脂っこさを抑えることができます。

揚げてからでも翌日のお弁当に使いたい時は、安全のため「再加熱が必要」です

  • 2日目、翌日のトンカツのリメイク料理は?

揚げてからのトンカツを翌日に食べる方法で大事なことは「再加熱」。せっかくのトンカツですから、もう1度食べたい男子もいますが、リメイクして再加熱した料理が、おすすめです

  • カツ丼

卵とじ:かつ丼

  • カツ煮

カツ煮

揚げた後のトンカツは、再加熱するのがベスト!というお話をしました。確かに、冷蔵庫で保管して、トンカツとして食べる事もでいますが、揚げ物は揚げたてが1番旨い!のは間違いないですから、少しでも、美味しく、安全に食べる必要ありですよね

とんかつに合う調味料ランキング!かけると旨い!食べ方と順番

とんかつの場合は、カツ丼やカツ煮の具材として、リメイクするのが良い方法です。なるべく豚カツを残さず、食べるには調味料をアレンジするのもあり。味変するなら、パクパク残さず食べきってしまうと。味の工夫のお残ししないようにするなら、この食べ方も参考にしてくださいね

味変:とんかつに合う調味料ランキング!かけると旨い!食べ方と順番は?

  • 揚げた後の冷凍とんかつ

  • 冷凍保存:約1カ月

  • 注意点:冷凍食品より手作りは味の劣化が早い

揚げた後のとんかつを冷凍で保管するときは、「約1カ月」が目安です。市販のものはも「1カ月」が多いですが、冷凍食品と手作りは味の劣化に違いがあります

揚げた後のとんかつを冷凍もできますが、美味しさを考えると「手作りは、揚げる前を冷凍」の方が味は格段にいいです!

とんかつの献立、付け合わせ(キャベツと味噌汁、漬物)

さて、とんかつの作り置きや保管方法のコツを紹介しました。とんかつは揚げ物ですから、食べる時にさっぱりしたいですよね。こちらで、とんかつに合うさっぱり献立を。サラダやスープを紹介してますので、献立に迷ったら参考にしてくださいね

献立例:とんかつの献立・付け合わせ!子供に人気の副菜・サラダ・スープ特集

キャベツの副菜:キャベツ副菜×とんかつに合う献立-作り置き副菜・スープの付け合わせ-

スポンサーリンク