2023年GW休暇!企業・会社のゴールデンウィークの連休期間+お休みを解説

Author

2023年GW休暇!企業・会社のゴールデンウィークの連休期間+お休みを解説

  • 会社・職場のGW休み2023年度版!

  • 今年の連休とお休みの日程を徹底解説!

昨年は上手く有休を使うと7連休になるGWでしたが、今年の場合はどうでしょうか。

2023年のゴールデンウィーク休暇はいつからいつまでなの?何連休になるの?など!お休み期間を知りたい方向けに「みんなの会社・企業のGW休暇」を徹底解説します

大手・中小企業だけでなく、公務員や銀行員さんも含めて!みんなのGW休みをわかりやすくお見せします!

2023年⇒一般業種の企業のゴールデンウィーク休暇は5連休

中小零細・自営業の2023年のゴールデンウィーク休暇は5連休

  • 休業日:4月29日(土):昭和の日

  • 休業日:4月30日(日)

  • 営業日:5月1日(月)

  • 営業日:5月2日(火)

  • 休業日:5月3日(水):憲法記念日

  • 休業日:5月4日(木):みどりの日

  • 休業日:5月5日(金):こどもの日

  • 休業日:5月6日(土)

  • 休業日:5月7日(日)

  • 営業日:5月8日(月)

今年の一般業種の会社、土日休みの企業の場合は会社の規模に関係なく「2023年5月3日の水曜日」から「5月7日の日曜日」までの合計5連休がゴールデンウィークです

昨年と違い5月1日、2日は平日であり4月29~30日の土日とつながりません

  • 4月29日の祝日の振替休日はないの?

今年の祝日カレンダーを見て『4月29日が昭和の日』の祝日ですよね

29日が祝日なら振替休日で5月1日が休みにならないの?と、会社人になったばかりの方はココがわかりにくいですよね

答えを言うと「29日の祝日に振替休日」はありません。理由は土日休みとしているのは就業規則であって、法律で決められたお休みではないのです。土曜日の場合は祝日と被っても振替はないというのが一般的なルールです

今年のGWは5月1日と2日を有休取得で最大9連休!

2023年のゴールデンウィーク(GW期間)の連休は5連休と9連休パターン!

  • 今年は有休取得で9連休!

先ほどの説明で2023年のGWは「29日の祝日」は振替がないと書きました

つまり、5連休以上にしたいなら5月1日、2日を有休を取る。この方法でしか休日を増やす方法はありません。2日だけでもお休みになれば6連休になる為、2日は有休申請の多い日になると思っています

2023年の金融機関(銀行・郵便局)のゴールデンウィーク休みは?

2023年・令和5年のGW期間中の銀行・信用金庫の郵便局の営業日と休業日の一覧!

  • 2023年の金融機関のGW休みは?

  • GW休暇:5月3日~5月7日

  • 連休数:5連休

詳細:銀行・信用金庫と郵便局⇒2023年のGW営業日と休業日

2023年の銀行と郵便局のGWのお休み期間です

銀行員・郵便局員の方、内勤・窓口勤務の方は「5月3日~5月7日」の5連休であり、一般の会社と今年は同じです

ただし、銀行の場合はみなさん、ATMの稼働日やネットバンクの振り込みの扱いも気になると思います。銀行の営業日+休業日とネットバンクの扱いについては、詳しく記事にしていますので、詳細をご参考にしてください

2023年の公務員・市役所勤務のゴールデンウィーク休みは?

  • 2023年の公務員のGW休みは?

  • GW休暇:5月3日~5月7日

  • 連休数:5連休

詳細:地方・国家公務員のGW休みとは?

公務員の方、たとえば行政機関や市役所にお勤めの方のGWは「5月3日~5月7日」と今年は一般業種の会社と同じです

ただ、少しだけ違うのは消防隊や警察の方。GWがカレンダー通りにならない場合が多々あります。詳しい公務員系の職種の方のイレギュラーな休暇はコチラに載せています!

2023年⇒大手製造業やトヨタカレンダーのGW休暇は?

大手企業・製造業のトヨタカレンダーのGW期間(ゴールデンウィーク休暇)

  • 製造業・トヨタカレンダーは9連休の予定!

  • 4月29日~5月7日のGW休暇

大手企業や製造業のトヨタカレンダーの2023年のゴールデンウィーク休暇の予定です

予定というのは正式な発表があってから決まりますが、この祝日カレンダーを過去の事例に合わせて分析すると、大手製造業は5月1日と2日を休みにする傾向が強いです

現実、2017年と2023年のGWのカレンダーは同じですから、2017年を元に決定されると推測しています

トヨタ自動車のGWを参考にするなら9連休!という風に考えておくとよいと思います

さて、ココまでに「2023年度版!今年のみんなのGW休みはいつからいつまで?」という内容をお届けしました。お勤めの方の大半が今年は5連休、それ以上、長期休暇や大型連休を希望する方は「有休」を使うしかないという結果です

スポンサーリンク