【リバウンド/特徴/原因/理由】ダイエットの失敗事例「体重がリバウンドする!?20代、30代から40代、50代の体重がリバウンドしない方法」

Author

リバウンドする人の特徴、ダイエット失敗の理由と原因。失敗例から体重がリバウンドしない方法!ジム、筋トレ、ジョギング、ウォーキング、ストレッチ、加圧トレーニングなど運動エクササイズ。食事制限、置き換え、断食などの食欲、空腹になるストレス・反動からの食べすぎなど、リバウンドしやすい人の特徴「20代、30代から40代、50代の体重がリバウンドしない方法」を解説しています

ダイエットの失敗例!?リバウンドする人の特徴と原因、理由

  • 3年内にリバウンドする人は「65%」

 3年内にリバウンドする人は「65%」

出典引用:ゲイリー・フォスター博士の調査

ペンシルバニア大学で体重と摂食障害を専門とするゲイリー・フォスター博士によると、ダイエットに成功した人の65%が3年内にリバウンドしてしまう調査結果があります。ダイエットは無理なく続けられることが重要。ダイエットは根性論や精神論では続きません。過度なエクササイズやきつすぎる食事制限は逆にストレスとなってしまい最終的にリバウンドしてしまうのです

体重がリバウンドする!?リバウンドする人の特徴

  • リバウンドする人の特徴①「早食い。食事を食べる時間が20分以内」

早食い

お腹が満腹と脳が感じるまで、食べ始めてから20分の時間がかかります。つまり、食べ始めの20分は、本当はお腹は十分なのに、脳はまだ十分と感じていません。早食いの人ほど、食べられる量が増え、必要以上にカロリーや量を摂取してしまうのです

  • リバウンドする人の特徴②「短期間のダイエットを好む人」

ダイエット

ダイエットで痩せてよい体重は、1ヵ月に体重の5%未満です。60kgの人は1ヵ月に3kgまでしか痩せてはいけません。それ以上のダイエットをすると健康や体に無理が生じ、リバウンドもすやすくなります。30日で5kgやせた!1週間で3kgダイエットなど、短いスパンで痩せられる方法はありますが、基本的に短期間のダイエットはその後リバウンドするやり方です

  • リバウンドする人の特徴③「自分へのご褒美が"スイーツ"や"食べ物"」

糖質制限、糖質ダイエット中に食べたい「人気のスイーツ・おやつのレシピ」

食べる事が好きな人ほど、自分へのご褒美やプチ贅沢が"スイーツ"や"食べ物"。この考え方をする人はリバウンドする傾向が高いです。今日はいつもより3kmもジョギングしたから、少しぐらい食べ過ぎてもOK。これは心の甘えではなく、過度なダイエットからの空腹やストレスです。人間が一番簡単に得られる快楽が食欲です

  • リバウンドする人の特徴④「1日の食事回数、食べる時間にバラつきがある人」

断る理由が、いつも仕事やバイトが忙しい。約束しても、キャンセルしてくる男性

今日は忙しくて、昼食しか食べなかった。朝から何も食べていないから、夕食をがっつり食べたなど、1日の食事回数が安定していない不規則な人ほどリバウンドしやすい。人の体は、1日に決まった時間に食べ物を食べると、体は18:00になったら、栄養が補給されると習慣化しますが、不規則で食事回数がバラバラですと、いつ栄養が補給されるのか、体が理解していません。その為、食事で栄養が補給された時に、一気に蓄えようとし、脂肪になりやすいのです

  • リバウンドする人の特徴⑤「栄養、運動、睡眠のバランスが悪い人」

栄養、運動、睡眠のバランスが悪い

ダイエットで最も重要なことは、バランスです。主に、栄養、運動、睡眠など痩せる上で必要な要素が偏っている人は、リバウンドしてい舞います。丸丸だけダイエットや丸丸抜きダイエットは、栄養バランスが悪い上に、空腹や食欲にいつか負けてしまいます。睡眠不足の人は、上手く脂肪を燃焼できず、運動してもダイエット効果が上がらないなど、ダイエットは総合的にバランスよく行い、短期ではなく長期で考える必要があるのです

スポンサーリンク


▼関連するライフハック