【お年玉/子供にあげる年齢】お年玉は、いつから、いつまで?何歳まで渡しますか?「お年玉制度を廃止する年齢!高校卒業まで、大学卒業までと社会人になるまでが一般的なルール」

Author

子供にお年玉をあげる年齢は、いつから、いつまで?何歳から何歳まで?息子や娘、孫、親戚の甥っ子、姪っ子のお年玉制度を廃止する年齢!今年でお年玉は最後となるのは?お年玉をもらった年齢は、18歳、高校卒業まで、大学卒業まで?一般的には、社気人になるまでお年玉をあげる傾向が!?生まれたばかりの赤ちゃん、1歳や2歳の子供にもお年玉は必要?そもそも、お年玉は何故、あげる必要があるのかなど、お年玉に関する謎を解説しています

子供にお年玉をあげる年齢は、いつから、いつまで?

お年玉をあげる年齢

  • お年玉って、いつから、何歳まであげるのが普通なの?

  • 生まれたばかりの赤ちゃん、1歳や2歳の子供にもお年玉は必要?

息子や娘、孫、親戚の子供にあげるお年玉。何歳から、いつまでお年玉をあげるのが一般的なルール(暗黙の)なのでしょうか。子供の頃は、もらってうれしかったですよね。逆に、あげる側の大人になると、お正月貧乏も!お年玉に関するみんなの意見も踏まえて、お年玉を解説しています

  • お年玉の由来「もともとは、子供にお餅を配る風習が起源」

丸餅1個(35g)で約80カロリー、糖質17.5g、切り餅1個(50g)で約120カロリー、糖質25g

お年玉の起源は、江戸時代頃に、お正月に1年の力を蓄えるという意味で、子供にお餅をプレゼントするのが、お年玉の起源です。 お正月にお金を渡すのは、家系の一番偉い人が、使用人(今でいう従業員など)や師弟関係のある職業の師匠が、弟子にと、所謂、先輩後輩の関係で行われていた風習です。仕事や生活を共にする人へ、1年のはじまりに、ちょっとしたボーナスを渡すという仕組みの名残です。それが段々と拡大解釈され、年上の者が年下の者へお金を渡すようになり、1960年以降に、子供へお金をお年玉として渡すようになったのが話の経緯です。高度経済成長期の出来事ですので、だんだんとゆとりのある時代になった事もあり、現代のような不景気な社会では、お年玉も見直しがあっても良いのかもしれませんね

何歳からお年玉をあげる?いつから、お年玉を渡すのが一般的?

赤ちゃんを抱っこ

  • お年玉をあげる年齢「赤ちゃん、1歳、2歳の子にあげる人は、25%」 

  • お年玉をあげる年齢相場「親しい関係では、3歳からが相場」

赤ちゃん(0歳から2歳) の子供に、お年玉をあげる人は、4人に1人。子供が、ちゃんと話せるような年齢になってから、渡すようになる人が多く、3歳からお年玉をあげるというのが、一般的な相場と言われています。孫や親せきの子供など近い間柄や年上の兄弟がいる場合は、人間関係上、赤ちゃんでも渡す場合があるということです

何歳までお年玉はあげる?いつまで、お年玉を渡すのが一般的?

  • 「お年玉を廃止する年齢の相場は、社会人になる時まで(18歳、22歳が最後)」 

職場ぼっち、社会人になってからの友達を作る方法

高校卒業から働くようになるまで、大学卒業までと、社会人になったらお年玉は、もらえなくなるというのが一般的な暗黙のルールです。アンケート結果のランキングは下記で紹介します

お年玉

  • お年玉廃止年齢 1位「高校卒業まで(18歳)、35%」

  • お年玉廃止年齢 2位「大学卒業まで(22歳)、26%」

  • お年玉廃止年齢 3位「20歳まで、16%」

お年玉に関する考え方は、「大人になるまで」、「働くようになるまで」の2つの考え方が主流です。高校卒業が1つ目のターニングポイント。次が、20歳まで、最後に大学卒業までです。 長くても、20歳まででは?と思い人もいると思いますが、大学卒業まで子供にお年玉を渡す親の意見は、「遠くの大学へ進学し、1人暮らし。なかなか帰って来ないので、交通費も含めて、お年玉を渡している」など。確かに、都心部に進学した1人暮らしの地方出身者は、実家に正月も帰らないタイプの子供も多いですよね。しかたがないのかもしれませんね

  • 番外編「高校を中退してしまった場合、お年玉は廃止してOK?」

イライラさせる!怒らせる余計な一言が多い人の口癖集

考え方は、2つです。中退してしまったのなら、働け!だからあげませんという少し感情的な意見が1つ。2つ目に、18歳までは渡すという考え方です。中退してしまった場合、周りの高校生の友達は、お年玉をもらうでしょう。中退するには、それなりに理由があります。自立しなさいという考えもありますが、そこから大学検定を受けて、進学する子もいます、丁度、ナイーブな時期になっているので、将来に期待して、18歳までは渡してもよいのかもしれません。周りと同じ扱いをしてあげないと、なかなか素直にもなれないものです。変にそこから、すねてしまっても困りますからね

スポンサーリンク


▼関連するライフハック