【お盆玉/平均予算/金額相場】孫や子供!夏のお小遣いのポチ袋の用意はOK?「孫、息子、娘へのお盆玉!実家に帰省時に渡す夏のお小遣いはいくらが相場?」

Author

お盆玉の予算と平均的な金額相場です。お盆、夏のお小遣い甥や姪、孫、自分の息子・娘へのポチ袋に包むお盆玉の金額はいくら?低学年の小学生(1年生、2年生、3年生)、高学年の小学生(4年生、5年生、6年生)、女子中学生、男子高校生、大学生にあげる金額は?お盆玉のポチ袋は、郵便局やイオン、ロフトでも購入可能!お盆のお小遣いお盆玉の平均的な相場についてです

孫や子供に夏のお小遣い!!お盆玉の予算と平均的な金額相は?

お盆玉の平均的な予算と金額相場

出典引用:MPクリエーション「お盆玉のポチ袋」 

  • 孫や子供へのお盆玉はいくら渡す?

  • お盆のお小遣いは、いくらが平均的な相場?

お盆に子供(息子、娘)や孫が実家に帰省した来た時に、お盆玉はいくら渡すのが平均的な相場?お盆玉とは、お盆に帰省した時に渡す夏のお小遣いの事です。古くは山形の一部の地域にあった風習とされますが、2014年頃より郵便局やイオン、ロフト等でもお盆玉専用のポチ袋も販売されています。最近のシニア層(おじいちゃん、おばあちゃん)や都心の大学へ進学した息子、遠くに就職した娘がお盆に帰って来た時に、両親が交通費を負担したり、お小遣いをあげるのが一般的になってきています

お盆玉の金額、夏のお小遣いはどれぐらいの人がもらっているの?

  • お盆玉をもらった子供や孫「約40%、5人に2人」 

 お盆玉をもらった子供や孫

出典引用:マイナビ調べ「あなたはもらった??夏休みのお盆玉事情(2015年9月調査)」

お盆玉は、まだまだ認知度が低い習慣ですが、年々、お盆玉専用のポチ袋の販売数も伸びており段々と一般化してきています。マイナビが実施伊sた2015年9月のアンケート結果によると、約40%、5人に2人の子供や孫がお盆玉をもらっている事が判明。久しぶりに会う子供、花火大会や夏祭りのお小遣いとして孫へお盆玉を渡すおじいちゃん、おばあちゃんが増えているのです

孫や子供(息子、娘)にお盆玉をあげるポイントは?

今どきの子供・小学生が好きな料理ランキング 

  • お盆玉事例①「高校生以下の場合は、お年玉と同等の金額」

  • お盆玉事例②「お年玉よりも若干低い金額にする」

18歳以下の小学生、中学生、高校生のお盆玉は、お年玉と同等の金額、もしくは、お年玉よりも若干低い金額にするのがコツです。久しぶりにあう孫なら夏の特別なお小遣いですので、、お年玉と同等の金額でも問題ないです。しかし、お正月にも遊びに来てほしいのが、おじいいちゃん、おばあちゃんの本音。夏はお正月のお年玉よりは、少し少ないよ!と説明すれば、孫もお正月を楽しみに、また遊びに来てくれるでしょう。今どきのお年玉の相場は、後ほど下記の項目で解説します

大学生にの人気・おすすめサークル「キャンパスライフを充実させる!大学生のサークル・ランキング」

  • お盆玉事例③「大学生や専門学生の場合、お年玉と同等の金額」

  • お盆玉事例④「交通費を別途、お盆玉と分けて渡すと良い」

大学生や専門学生の場合、お年玉と同等の金額が良いでしょう。お盆玉は、まだ歴史が浅いため、実際に世の中の人がいくら渡しているのか、はっきりとした調査結果は少ないです。しかし、慣習的にお年玉と同じ程度の金額にしているのが実態です。実家から離れて生活している大学生、遠くの学校に通う専門学生などは、なかなか戻ってきません。両親は、お盆にちゃんと帰ってきてほしい想いもあり、新幹線代などの交通費をお盆にお小遣いとは別に渡す家庭が多いです

低学年の小学生(1~3年生)の「お盆玉の平均金額と相場」

低学年の小学生(1~3年生)の「お年玉の平均金額と相場」 

  • 第1位 1,000円から3,000円(約50%)

  • 第2位 1,000円以下(約21%)

  • 第3位 3,000円から5,000円(約19%)

お盆玉の参考価格として、今どきのお年玉の金額を解説します。お盆玉の相場として考えて問題ないです。低学年の小学生(1~3年生)のお年玉の平均金額と相場は、1,000円~3,000円の範囲の人が約7割。1年生1,000円、2年生2,000円、3年生3,000円という学年×1,000円の考え方が一般的なのでしょうね

高学年の小学生(4~6年生)の「お盆玉の平均金額と相場」

高学年の小学生(4~6年生)の「お年玉の平均金額と相場」

  • 第1位 3,000円から5,000円(約41%)

  • 第2位 1,000円から3,000円(約40%)

  • 第3位 5,000円から10,000円(約8%) 

お盆玉の参考価格として、今どきのお年玉の金額を解説します。お盆玉の相場として考えて問題ないです。高学年の小学生(4~6年生)のお年玉の平均金額と相場は、5,000円以内が約8割。学年が上がるごとに、金額も5,000円に近付いていきます。1人っ子でもない限り5,000円を超えるのはあまりよろしくないかもしれませんね

中学生の「お盆玉の平均金額と相場」

中学生の「お年玉の平均金額と相場」 

  • 第1位 3,000円から5,000円(約48%)

  • 第2位 5,000円から10,000円(約40%)

  • 第3位 1,000円から3,000円(約10%)

お盆玉の参考価格として、今どきのお年玉の金額を解説します。お盆玉の相場として考えて問題ないです。中学生のお年玉の平均金額と相場は、割と金額があがってきます。約9割の方が3,000円~10,000円と、1,000円、2,000円の金額は減ってきますね。中学生ぐらいから大台の1万円もチラホラ。中学1年3,000円、中学2年5,000円、中学3年生は卒業と高校入学の意味を込めて1万円でもいいのかもしれませんね

高校生、大学生(専門学生)の「お盆玉の平均金額と相場」

高校生・大学生(専門学生)の「お年玉の平均金額と相場」 

  • 第1位 5,000円から10,000円(約58%)

  • 第2位 10,000円から30,000円(約25%)

  • 第3位 3,000円から5,000円(約12%) 

お盆玉の参考価格として、今どきのお年玉の金額を解説します。お盆玉の相場として考えて問題ないです。高校生・大学生(専門学生)のお年玉の平均金額と相場は、 5,000円~10,000円が約6割。友人の子に渡すなら、親が息子・娘に5,000円の場合もありますので、無難に5,000円がよいかもしれません。大学生は渡す必要がないかもしれませんが、渡すなら1万円が無難でしょう。実家から遠くの大学に行っている息子や娘は、あまり帰ってきません。往復の交通費を含んで30,000円というのも、ありですね

スポンサーリンク


▼関連するライフハック