松茸ご飯の冷凍保存・日持ち!炊き込みご飯の冷蔵庫保管の賞味期限!

Author

松茸ご飯の冷凍保存・日持ち!炊き込みご飯の冷蔵庫保管の賞味期限!

  • 松茸ご飯の炊飯器、常温・冷蔵庫・冷凍の保存方法!

  • 炊き込んだ松茸の日持ちと賞味期限を徹底解説!

松茸は、お値段もしますし。希少なキノコですから、なるべく早く食べるか、保存が出来る方法で美味しく食べたいですよね

松茸をゲットしたら、松茸ご飯!が定番。せっかくの松茸なら、炊き込みご飯にする方が多いと思います。しかし、作った後に「お残ししちゃた時」など、どうしていますか?

翌日や食べる予定があるなら、炊飯器の保温でいいのですが。1人前分やちょっと残った時は炊飯器を空にしたいですし、冷凍ご飯にして長期ストックの作り置きしたい方は長期保管も考えていますよね

ここでは、松茸ご飯の保存方法と手作りの日持ち期間(炊飯器、常温放置、冷蔵庫、冷凍保存)、パサパサしない解凍方法のコツまで詳しく松茸のついて解説しますね

松茸ご飯の賞味期限と日持ちは?~常温放置してしまった時、家族が帰宅するまでの保管方法~

  • 松茸ご飯の傷みやすい具材は?

松茸の日持ち・賞味期限と保存方法:常温、冷蔵庫、冷凍保存

  • 松茸の日持ちと賞味期限(炊き込んだ場合)

  • 冷蔵:3日以内

  • 冷凍:1か月

生の状態や買った松茸は「常温2日以内、冷蔵4~5日、冷凍2か月」の日持ちです。

松茸は常温ですと賞味期限の短いキノコ、思っているより乾燥に弱いので、冷蔵庫で保存する時は、「霧吹きなどで、水分を与える」+「ラップやキッチンペーパーで包む」と、この保管方法をすると鮮度を維持しやすくなります。

では、松茸は調理した場合はどうでしょうか。たとえば、今回のように「炊き込みご飯」にした時は「冷蔵庫:3日以内、冷凍保存:1か月以内」です。冷蔵・冷凍どちらも日持ち期間がありますので、松茸ご飯にしても保管が出来ますね

  • 松茸ご飯の炊飯器の保温で保管できる時間は?

松茸ご飯の炊飯器の保管方法:保存できる目安の時間

  • 保管方法:炊飯器の保温機能

  • 炊飯器の保管時間:24時間以内

  • 12時間以内が美味しく食べられる

炊飯器の保温機能

松茸ご飯を作って、まだ、余っている時など。炊飯器の中で保温しておきますよね

しかし、炊き込みご飯は水分が多く、実はあまり炊飯器の保管はむいていません

この保温機能で推奨する保管目安は、24時間以内です。炊飯器に入れていても、時間とともにご飯はパサつくようになります。これは、ご飯は温度が低すぎても、温かすぎても。どっちも劣化する特徴があるので、作った時の「美味しさで食べたい!」方は、適度な時間、12時間以内ぐらいで食べきらなければなりません

おすすめの保管方法は、実は炊飯器ではなく、冷蔵や冷凍の方が向いています

  • 松茸ご飯は常温でどれぐらい大丈夫?

松茸ご飯の保存方法:常温、冷蔵庫、冷凍保存の日持ち・賞味期限

  • 常温保管:基本NG

  • 推奨する保管温度:20度以下(推奨は10度以下)

  • 日持ち時間:夏3~4時間以内、冬12時間以内

松茸ご飯の常温保管は長く保管できませんから常温放置NGです。

普通のごはんでも常温は「午前中に、炊いたご飯をお昼に食べる」ならOKと、常温では長く日持ちしません。あくまで目安の時間としては「夏3~4時間以内、冬12時間以内」、部屋の温度は最低でも20度以下、推奨は10度以下です

ご飯はセレウス菌(バチルス菌)という菌が繁殖しやすく、28度~35度の温度で大繁殖をします。食中毒になる時は、早い人で30分後から。5、6時間程度でお腹が痛くなり、下痢になってしまうことも。他の菌の事も含めると、最低でも20度以下を推奨しているのは、この為です

また、ご飯を冷蔵庫で保管するとパサパサしますよね。これは水分が抜けて、冷蔵庫のように、温度が低すぎても「傷みやすくなる」「味や食感が悪くなる」と、「美味しさと日持ちする期間」まで考えると、意外と炊いたお米は保管温度のバランスが難しいってのが本音です

  • 市販パックの松茸ご飯は?

  • 基本の保管時間:3時間以内推奨

  • 理論上:日持ち時間:夏3~4時間以内、冬12時間以内

市販パックの松茸ご飯の保管方法:常温、冷蔵庫、冷凍保存

スーパーや道の駅、紅葉の季節のお祭りなど。お弁当パックに入って松茸ご飯が売られていることありますよね

このタイプの松茸ご飯はどうでしょうか。常温でも「日持ち時間:夏3~4時間以内、冬12時間以内」と、理論上は問題ありませんが、基本は「お早めにお召し上がり」→「常温3時間以内が推奨」というルールです。パックに入っているとはいえ、すぐに食べないのなら、冷蔵庫へ。食べる時にレンチンしましょう

  • もしも、常温放置してしまってる時は?

  • 保管方法:タッパー、もしくは、ラップをする

食品用ラップ:常温保管の長持ちのコツ

炊き込み系のご飯は、炊飯器のまま保温しておくのが一般的ですよね。しかし、もしも炊飯器から出して常温放置してしまった時など

この場合は、ラップ+タッパーに入れ冷蔵庫で保管です。空気に触れないことで、菌の繁殖を軽減させます

常温の時間としては、1~2時間が目安。ラップ有でも、あまり長い時間は推奨しません。ご飯モノは、パサパサしてしまいますから状況に応じて臨機応変!の対応があるといいかと思います

松茸ご飯の冷蔵庫保管と賞味期限・日持ち~冷蔵保管で、次の日も食べられる?~

タッパー

  • 松茸ご飯の冷蔵庫は何日ぐらい?

  • 冷蔵保存の方法:タッパー

  • 温め方法:600Wの電子レンジ1~2分

  • 冷蔵の日持ち:2~3日内(味の劣化はある)

  • 味のおいしさ:1日~1日半

炊飯器のまま残ったご飯を保管したいですが、次の日に白いご飯を炊きますから残しておけませんよね。

しかたないので、一時的にタッパーで冷蔵庫で保管に変更です。冷蔵庫にしまえば、最大3日の日持ちですが、味は「1~1日半」ほどでやはり悪くなります。電子レンジでチンしても、2日目に美味しくないなと感じる人も多いので、冷蔵保管と言えども翌日までが美味しく、手作りでも品質が保ちやすいです

  • 長期保管したい時は、冷凍保存!

冷凍ご飯の保管方法:日持ちから解凍方法まで

せっかくの松茸ですから、松茸ご飯の長期保管を考えている方は「冷凍保存」が、おすすめです。では、次に賢い冷凍保存、冷凍ご飯の作り方のポイントを説明しますね

松茸ご飯の冷凍保存と賞味期限・日持ち~手作りの冷凍混ぜご飯と冷凍食品~

  • 自家製の冷凍!松茸ご飯は、何日ぐらい冷凍できる?

混ぜご飯の冷凍保存の方法:日持ちする賞味期限と、賢い保管方法

  • 冷凍の日持ち:1か月以内

  • 味のおいしさ:2週間ほど

  • 冷凍保存のコツ:粗熱をとってから、ラップ+保存容器

松茸ご飯が残ってしまった日や、作り置きして長期保管する方法です

手作りの場合は、冷凍1か月、味が維持しやすいのが2週間程度です。冷凍食品より、手作りは日持ちも品質もちょっと落ちますね。冷凍保存する時は、「粗熱をとってから、ラップ+保存容器(ジップロック、タッパー等)」の2重保管です。小分けに1食分ごとに保管すると便利です

電子レンジ

  • パサつかない解凍方法は?

  • 温め時間:600W、2分程度

  • 次に、茶わんにうつしてほぐしてから2分

電子レンジの解凍で「ご飯がパサつく」と、ここに困ってしまいますよね。

解凍でパサパサしないコツは「2重解凍」です。最初に、600Wで2分、レンチンします。そのあと、茶わんなどに移して「ご飯をほぐしてから、再度、電子レンジで2分(600W)」と、様子を見ながら解凍すると、パサパサ現象を軽減できます!

さて、松茸ご飯の日持ち、賞味期限と保存方法を解説しました。普段の生活スタイルに合わせて保管の方法を変えたり、自分の出来る方法を選んでもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク