女の子のランドセルの色・カラーの割合は?2022年度版~好きな色・カラーは?ランドセルは何色を選ぶべき?

Author

女の子(小学校)のランドセル色・カラーの割合は?2022年の女子小学生に人気の色ランキングは?クラスメイトを30人とした場合のランドセルの色の人数割合を「紫(パープル)」「赤(レッド)」「桃色(ピンク)」「水色(スカイブルー)」「茶(ライトブラウンなど)」で徹底解説しています

小学生の女の子と、ランドセル色・カラーの割合~2022年用~

女の子の小学生と、ランドセル色・カラーの割合

  • 女の子のランドセルは何色?

  • カラー別のランドセルの割合は? 

ランドセルの色でクラスで浮いてしまわなかな?こういった悩みのを持つ親御さんに朗報!男の子はと違い「女の子のランドセルの色」は、ばらつきがあります。女子は早くから、好みがでますからね。好きなランドセルの色も様々です。しかし、大きく分けて、ランドセルの色に派閥があるような色別の状況ですので、全国的な平均、一般的によくある色のグループに、落ち着いていると思われますので、そのあたりを解説しています

「女の子のランドセルの色割合」と「30人のクラスを仮定して、ランドセルの色」を人数で解説しますので、うちの子のランドセルの色は大丈夫かな?っという心配も少しは減るのかと思います

2021年の小学生、女の子のランドセル~2022年も近い傾向と予測~

女の子(小学校)のランドセル色・カラーの割合は?

  • 1位:紫色(割合:約20%前後)

  • 2位:赤色(割合:約20%前後)

  • 3位:桃色(割合:約20%前後)

  • 4位:水色(割合:約10%前後)

  • 5位:茶色(割合:約10%前後)

ランドセルの色の調査は、メーカーや調査団体によってです。まとめると?だいたい、どんな感じ?こういったところが、親御さんとしては知りたいのではないでしょうか。ほとんどの調査結果をまとめると、女の子のランドセルは「紫・うす紫、パープル(20%前後)」、「赤、レッド(20%前後)」、「桃色、ピンク&ローズ(20%前後)」の『紫・赤・桃色組』と、『水色・茶色組』の2つのグループに分かれるというのが実態なのではないでしょうか

  • 紫・赤・桃色組:10人に6人が選ぶ

  • 水色・茶色組:10人に4人が選ぶ

女子が選んだ色を2つのグループに分けると、少し、イメージしやすいですね

パーセンテージの割合で説明されても、いまいちピンっと来ない!という両親、祖父母の方もいらっしゃると思いますのです、次に「30人クラスの場合、男の子は何色のランドセルを使っているのか」を人数で、ざっくり紹介します。クラスメイト30人は、15人が男の子の場合で、算出しています

30人のクラスメイト、女の子が15人の場合:ランドセルの色は何色を使っているの?

女の子が15人の場合:ランドセルの色は何色を使っているの?

  • 紫色 → 2~3人

  • 赤色 → 2~3人

  • 桃色 → 2~3人

  • 水色 → 1~2人

  • 茶色 → 1~2人

1クラスに、15人の女の子がいる場合、さきほどのランドセルの色別割合を人数にすると、こういうイメージです。個人的な印象では、もう少し水色のランドセルの子供を見かける気がしますが、平均的にならしてクラス単位で考えると、案外これぐらいの人数なのかもしれません。どちらにしても、『紫色、赤色、桃色』は人気ランキングの順位が年によって前後します。特に、赤色が人気の年が目立ちますが、数%前後の差で赤色が多い場合や、紫色や桃色が多い時があります。ある意味、この3色の中から色を選ぶのは、無難かもしれません。

この結果は、あくまで割合からの算出ですので、地域地域で状況は異なると思いますが、ランドセルの色の参考にはなるかと思います

男の子の小学生、ランドセルの色の割合とクラスの色別人数はこちらで解説しています。男子の場合は、女子ほど均衡状態(紫・赤・桃色組と水色・茶色組)ではありませんので、若干、慎重に選ぶ必要があるかもしれませんね

男の子の小学生と、ランドセルの色・カラーの割合

参考:小学校の男の子、ランドセル色・カラーの割合は?

スポンサーリンク


▼関連するライフハック