【猫の感情表現/行動】猫の気持ちが、鳴き声や行動で分かる!飼い猫・ペットの信頼度「好きな飼い主にしかしない”猫ちゃん”の態度から、愛情表現や行動の意味、猫の心理を解説」

Author

猫ちゃんの感情・愛情表現!家猫の気持ちは、鳴き声や行動、しぐさで分かる!猫が好きな飼い主さん、信頼している人にだけする「室内で生活している猫ちゃんの行動、態度、鳴き声」から、どれぐらい信用されている、必要とされているのか診断!うちの猫が「お願い事をしてくる」や「布団に入ってくる」、「短くニャっと鳴く」などの猫の行動の意味、心理、信頼度を解説しています

好きな飼い主にしかしない"猫ちゃん"の行動から、愛情表現の意味、猫の心理を解説!!

猫の気持ち、猫が好きな飼い主さんにしかしない行動

  • うちの猫様に、どれだけ好かれているの?

  • 気まぐれな猫ちゃんの行動から、飼い主への信頼度が分かる!!

にゃーにゃー、にゃーおん♪と猫語を話す猫ちゃん。何を考えてるのかな?何を伝えたいのかな?と猫と一緒に暮らしていると、疑問に思う事がありますよね。そんな猫ちゃんの鳴き声や行動の意味と、信頼する飼い主さんにしかしない行動を大発表!猫の感情表現は豊かで、同じ飼い主さんや家族の中でも、パパには遊んで欲しい、ママには甘えたい、でも、たまに来る祖父には冷たい態度など、全然、対応が違いますよね。猫に信頼されている人に、ネコちゃんがする行動を解説しています

猫の気持ちが、鳴き声や行動で分かる!猫が好きな人にする信頼行動は? 

  • 信頼度40%「頭をこすりつけてくる」

猫

猫が段ボールの箱、机の角などに頭をスリスリしていますよね。あれ?私の足にもスリスリするけど、もしかして、私って猫からすると、段ボールの箱ぐらいの価値なのか・・・と思ってしまう事もありますが!それは、違います。猫は、自分の好きなモノや好きな人をスリスリして、マーキングしているのです。これは、僕のモノだ!という自己主張です

  • 信頼度40%「のどをゴロゴロ鳴らす」

猫のゴロゴロ

猫ちゃんが、喉をゴロゴロ鳴らすときは機嫌の良い時です。そばに寄ったり、抱っこしたりすると、ゴロゴロ♪ゴロゴロ♪と言うようなら、僕は元気だよ!楽しいね!とアピールしてきているのです。猫のゴロゴロ音は、低周波音です。活発的に動く猫は怪我をしやすく、低周波音を自ら発することでヒビのはえた骨を低周波音で、修復している場合にも、ゴロゴロ音をだします。だから、怪我はもうすぐなおるから大丈夫という意味で、安心してね!とサインを出しているとのとらえられますね

  • 信頼度50%「一緒に寝る」

一緒に寝る猫

猫は冬、温かい場所が好きですが、夜な夜な突然、布団の中に入ってくるようになったら、もうかなり信用されています。朝起きたら、私の布団の上で寝ていた!などのケースも信頼されている証拠なのです

  • 信頼度50%「お願い事をしてくる」

お願い事

猫が、座って何かを伝えようとしてきたり、座ったまま、けなげな目で見ながら「にゃーにゃー」と泣いて、何かをお願いしてきたら、信頼されている証です。トイレをしたから、片づけて欲しい時や、隣の部屋に行きたいからドアを開けて欲しいなど、様々なお願い事をしてきます

猫から完全に信頼を得ている、一緒の仲間として猫ちゃんから支持を得られてる場合の行動!!

  • 信頼度60%「お出迎えをする」

お出迎え

猫って賢い。飼い主が仕事や学校から帰ってくると、玄関の前で待っていたりしますよね。帰ってきた途端、飛びついてきたりと、お留守番中に寂しかったのかもしれませんね。帰宅時に、足などに頭をスリスリしたりするのは、外でいつもと違う臭いがついているからです。すりすりして自分の臭いをつけているのです。猫は、どちらかというと独占欲の強い生き物なのです

  • 信頼度60%「お腹をみせて寝る、へそ天」

へそ天

猫の弱点は、お腹です。お腹を敵に攻撃されると、致命傷を負います。その為、猫は安心できる環境でしか、お腹をみせません。だから、飼い主さんの前で、お腹をみせて寝たり、へそ天(おへそを天井に向ける)などの行動は、信頼されていないかぎりしないのです

  • 信頼度70%「長期不在時に、探し回る」

探し回る猫

旅行やお出かけなどで、家に2,3日いない時に、猫があなたの事を探し回っていたら、信頼されている証です。飼い主さんの中には、旅行中などに、飼っている猫が、自分の写真を加えて、家族に持ってきたなど、「ねぇ、あいつどこ行ったの?」と家の中を探し回る猫ちゃんもいるそうです

  • 信頼度70%「短くニャっと鳴く」

短くニャ

猫が「にゃー」や「にゃーお」などと鳴くのではなく、短く「ニャ」と鳴くのは、強い信頼関係がある人だけです。そもそも猫は、嫌いな人には、近寄りません。ニャっと短く鳴くのは、近づいた時に言う事が多く、挨拶の意味で「やぁ」と言っているケースと、触ろうとした時に「やめて!」という意味で言うことがあります。どちらも、信用している相手だからこそ、言えば分かると思っているのです

最上級の猫との関係!猫ちゃんの親以上の存在になっている場合の行動は?

  • 最高の信頼関係「飼い主だけの独自のl行動、共通の挨拶がある」

あくび

特定の飼い主にしかしない行動をしたら、完全に親以上の存在になっています。たとえば、パパが抱っこすると嫌がるけど、ママが抱っこするとおとなしい。しっぽを触っても、私だけ嫌がられないなど、同じ同居人でも、猫の態度は違ってきます。また、猫と共通の挨拶がある飼い主さんもいて、よく聞くのが「あくび」です。猫の前で、あくびをすると、猫も真似してあくびをします。帰宅時や、家の中で会った時に繰り返して「あくび」をしていると、猫もそれが挨拶だと思って、やってくれるようになります

  • 最高の信頼関係「ニャとも言わずに、鳴く(口パク)」

ニャとも言わずに、鳴く

ニャとも言わずに、口パクで鳴いたら、最上級の信頼関係です。仲の良い飼い主さんでも、極わずかの人にしかしてくれないのが、ニャと鳴かずに、口を鳴いた時のように開くという行動です。ざっくり言えば、鳴いたふり、鳴いたモノマネのような動きをします。是非、猫に信頼されて、この行動をしてもらえるようになりましょう

スポンサーリンク


▼関連するライフハック