【ボロネーゼに合う付け合わせ、おすすめ献立&サラダ】ボロネーゼと合わせる人気サラダの付け合わせ&定番レシピ、副菜「夕飯&お昼飯のサラダは温卵トッピングのシーザーサラダが、おすすめ!」

Author

ぴったり!ボロネーゼに合う付け合わせ、サラダの人気献立&副菜。夕飯&休日のお昼飯に、トマト缶で作るボロネーゼと合わせる定番サラダの組み合わせ献立。人気レシピの付け合わせ。赤ワインとチーズたっぷりのボロネーゼ、ひき肉のボリュームがありミートソースより食べ応えのあるボロネーゼの献立は、温卵トッピングのシーザーサラダなど少し豪華なサラダに。トマト缶で作るボロネーゼの付け合わせ、献立を紹介しています

トマト缶で作るボロネーゼに合うサラダ~定番・人気・簡単!献立&副菜の付け合わせ~

ボロネーゼに合う付け合わせ、おすすめ献立&サラダ

  • トマト缶でボロネーゼを、肉とチーズがたっぷり

  • 本格的なパスタ、ボロネーゼの献立はどうしてる?

ミートソースのスパゲティがお家でできるパスタでしたが、本格的なパスタのボロネーゼもお家で簡単に作れるレシピやレトルトもあり、比較的お手軽に食べられるようになりました。赤ワインで合いびき肉を炒めて煮込む。トマト缶と塩コショウで味付けをするっとレシピも意外と簡単です。ミートソースに比べて、お肉の量もたっぷり、ソースというよりひき肉をからめて食べるので、どうしても、ボロネーゼだけでは、ちょっと献立の量が少なくなってしまいます。ここでは、ボロネーゼに何か、もう一品付け合わせたい方向けに、ボロネーゼにぴったり合う献立を紹介しています

  • ボロネーゼの献立「お昼のランチは、サラダ。夜ご飯なら、スープも付け合わせる」

コーンポタージュ

ボロネーゼは、赤ワインでたっぷりのひき肉を炒めて煮込みます。ひき肉があるので、思っている以上にボリュームはあります。しかし、お肉があるといっても、ボロネーゼ単品では献立は完成しません。お昼なら、サラダ、もしくは、スープを。夕飯なら、その両方を献立とするのが理想的。ここでは、ボロネーゼに合うサラダと中心に紹介しますね

ボロネーゼに合うサラダ~みんなが好きなサラダ、人気のサラダ献立~

  • 「シーザーサラダ」

シーザーサラダ

ボロネーゼは、トマトの酸味に、赤ワインの味。マヨネーズ系の味がするシーザーサラダがボロネーゼと味が違って相性が良いです。本格的なパスタですので、少しイタリア料理っぽい組み合わせのサラダにするのがポイントです

  • アレンジ編「シーザーサラダに、温卵トッピングでボリュームを!」

シーザーサラダ

休日のお昼などのランチなら、シーザードレッシングを使ったサラダで十分な量です。ちょっとサラダだけでは足りない感じがしかたら、温卵をトッピング。これぐらいの量で休日のランチならボリュームの問題は解決します

  • 「赤パプリカのサラダ」

パプリカのグリーンサラダ

ボロネーゼに色合いが合うサラダを!ボロネーゼは、トマト缶を使いますが、肉が多いので色はミートソースよりも茶色よりです。緑の野菜だけでは色合い的にぱっとしませんよね。パプリカのように赤色の生野菜を取り入れると見栄えが良くなります

  • 「アボガドとトマトサラダ」

アボガドとトマトのサラダ

ボロネーゼとサラダだけでは、腹持ちが悪いかもっと心配になる事もありますよね。そういう場合は、緑の野菜にアボガドを使いましょう。アボガドは小さな量で栄養価の高い野菜です。ボリュームと食べ応えの問題は、アボガドで解決。色合いの問題は、アボガドとトマトの組み合わせが味的にも良いので、トマトをサラダに取り入れましょう

  • 「枝豆とカリフラワーのサラダ」

枝豆カリフラワーのサラダ

シンプルなサラダで、ボロネーゼに合うのが枝豆とカリフラワーのサラダです。ボロネーゼは、豆類の食材がありませんので、サラダで豆を。枝豆なら年中手に入りますし、使いやすいです。季節が冬なら、カリフラワーも美味しい時期。クリスマスからバレンタイン、ホワイトデーの時期に、おもてなし料理のサラダとしても使えます

スポンサーリンク


▼関連するライフハック