【老眼鏡/平均年齢】何歳から?老眼になりやすい人の特徴&生活習慣「30代から老眼!?境目に老眼が始まる年齢は、45歳が境目、老眼予防と治る方法」

Author

老眼鏡は、何歳から?老眼が始まる平均年齢、老眼になりやすい人の特徴&生活習慣。女性の方が男性よりも、老眼になりやすい理由は、職種の違い!?パソコン、事務職女子ほど目が疲れ、老眼予防が重要!早い人で30代から老眼が始まり、45歳を境目に老眼になりやすい傾向があります。スマホや新聞、本との距離は、30代で20cm、40代で32cm、45歳で42cmと近くの物が見づらくなります

老眼になる平均年齢、何歳から老眼鏡をかける?

何歳から老眼になるの?老眼鏡をかける平均年齢は?

  • 老眼が始まるのは何歳?老眼になる平均年齢は?

  • 老眼になりやすい人の特徴、生活習慣は?

  • 年齢、年代別で近くの物が、どれぐらい見づらくなるの? 

歳をとると老眼になります。老眼になりやすいのは個人差があると言われますが、大半の原因は、目の疲れです。 遺伝的な理由よりも、目を使う職種の人の方が、老眼になるのが早いのは、目のケアが必要であるからです。特徴、生活習慣など老眼について解説しています

  • 老眼の豆知識「女性の方が老眼になりやすい理由は、パソコンを使う職種の人が多いため」

パソコンで病気を調べる女性

生物学的には、女性の方が男性よりも平均寿命も長く、老化が進みにくいです。また、男性よりも女性の方が、老化防止、アンチエイジングに心がけています。その為、一般的には女子の方が、老眼になりにくいのですが、今の社会は情報社会。男性よりも、女性の方がパソコンを使う職業、事務職の方が多く、女性の方が老眼になりやすいとされています

老眼になる平均年齢、何歳から老眼になるの?

  • 老眼の平均年齢「45歳を境目に、老眼になる」

老眼の平均年齢

早い人で、30代から老眼が始まります。目の裏や奥がゴロゴロする、夕方になると物が見えづらいなど症状は、もっと早く感じています。でも、本人が自覚するのは、45歳。その為、45歳が老眼になる平均年齢と言われています。老眼になると、肩こり、軽い頭痛、吐き毛など、目の疲れから他の症状にもなるので、30代後半からは予防や対策が必要です

老眼と物の見える距離、スマホや新聞、本との距離は?

  • 「老眼とは、近くの物が見えづらくなる症状。本や新聞の距離を遠くにすると、ちゃんと見える」 

老眼

老眼は、目と物との距離のピントが合わなくなる症状。昔と比べて、近くの文字が見えにくくなった等、こういった症状が出始めます。では、年齢によって、どれくらい距離が違うのでしょうか?

目と物との距離のピント

  • 20代の場合「約15cmの距離」 

  • 30代の場合「約20cmの距離」 

  • 40代の場合「約32cmの距離」 

  • 45歳の場合「約42cmの距離」 

  • 50代の場合「約60cmの距離」 

スマホや本、新聞などを読む時の目との距離です。目との距離が30cm以内であれば、生活に支障がでる事はありません。問題なのは、30cm以上離さないと、文字がぼやけてしまう事です。丁度、40代になると、30cm以上はなさないと物が見えにくくなります。老眼になる平均年齢の45歳の場合は、40cm以上離さないとボケける為、この年齢ぐらいから老眼かな?とみんな自覚し始めるのです

スポンサーリンク


▼関連するライフハック